水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
・SHUJI NAGAO(長尾周二)とゴゼ・リマーデ二人展
2019年8月18日~28日

フランス・ブラシュー・ビエールホール
水彩画家・長尾周二とセネガル共和国の画家・ゴゼ・リマーデの二人展です。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

・KOKORO JAPON展
2019年9月15日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
(一社)アートシップインターナショナル主催の日本人アーティストによる展覧会(合計19名出品)
KOKOROJAPON展20191

2017長尾周二放浪記(国内・ヨーロッパ)

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1708271
最近ロワール河河川敷て描いた作品は全て6号以下の小品です。一般的には大作は構想を練って構図を決定そこまでが一大仕事と去れて居ます。私は5メートルの大作でも現地で制作準備が終われば長くても30分渓流等は下絵も小下絵も準備せずいきなり描き始めます。長年の経験で構図のバランスが取れないと言う事はありません。ココリコ畑で描いた作品も同様です。作品の良し悪しは別に此でもかと枚数をこなし挑戦し続けて居るからです。20歳代にも500号を二枚描きましたがその時は現地で簡単なスケッチをしてカメラで映像を撮りアトリエで皆さんがなさって居る様に描きました。今思えば画家の真似をしていただけで本当に恥ずかしい限りです。ま、枚数と経験を重ねればどんなに大作でも何の問題も有りません。其より自分の感じた美しさがイメージ通り表現出来たかどうかが問題です。
水彩画家・長尾周二1708272
小品は簡単だと思われがちですが小さな画面の中に大地を感じさせる大きさを表現しなければ為りません。奥行きや空気感は勿論画面の外も想像させる大きさを表現しなければ為りません。そうした意味では面積の割りに集中力が必要ですね。此れも十年経ってちょっと良くなったと思える程度の進歩です。
スランプや問題点が出て来るとチャンスです。
誰ともとも会わず野山に隠り猛烈にチャレンジします。ま、端から見れば奇人変人でしょうね。四国の石鎚山や北海道の大雪山、フランスのプロバンスでも松林の林道でロワール河河川敷でも迷ったり行き詰まったら同様にチャレンジして来ました。長いと2週間以上短くても5日は同様に頑張りました。そうすると少し先が見えて来る作品が続けて描けます。何処がどう良くなったかと言われると返事に困りますが何か拘りが無くなります。
旅を続けて居ると出会いが有ります。人との出会いや風景との出会いが旅を豊かにしてくれます。
そうした旅の経験もご披露したいと思って居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1708251
インターネットでニュースを見て居ると四国の四万十川で37度を記録したとかで未々日本は暑そうですね。昨日ロワール河の河川敷で風景画を描いて居て黄色く少し色付いた木々が見られたり蔦の葉が紅くなりかけたりと秋を感じる色が有りました。

ロワール地方は一足先に秋を感じます。勿論陽射しがある時は真夏の暑さを感じますが一度木陰に入れば過ごし易い気温に感じます。少し体調が悪かったので小品制作にしています。ですから昼前から出かけランチを頂いた後に1枚描いて館に帰って居ます。
頭痛も無くなり美しい大自然のロワール河を楽しんで居ます。
大白鳥はカヌーが良く通るせいか居なく為りました。代わりに小鷺が何羽か見られます。
水彩画家・長尾周二1708252
ヨーロッパは相変わらすテロのニュースが流れて居ます。全く人種が違う方が何十万人も流入するといさかいが起こるのは当然です。日本も移民に付いては当然規制すべきで無闇に入れたら同じ様な事が起こります。歴史を遡ると必ず戦争か殺戮が起きて居ます。そうならない為にも知恵を出し守るべき事は守らなければいけないと思います。
今日ロワール河の河川敷で制作中に警察官が巡回して来ました。フランソワーズさんの館にお世話に為って8年経ちますが行き止まりのロワール河河川敷に警察官が巡回して来たのは初めてです。それ位フランス国内も何が起こるか分からない状態です。空に憲兵隊(国家警察)のヘリコプターが飛んで居るのは以前から有りましたが本当に驚きでした。

新自由主義の考え方が世界的に広がった頃から私はこうした事態に為ると予想して居ました。
お金儲けの為には何でも有りはこうした結果に為ります。中国や北朝鮮の王朝は見ての通りです。人を支配する為に物資やお金を独占しその資産で又人々を支配する困った物ですが何でも自由と言うのは何時の時代も弱い立場の人をより苦しめます。ヨーロッパに来て11年目ですが各国を見て周りユーロ圏の問題はドイツ一国が経済的に豊かに為りましたが他の国は昔に比べて経済もすべてが悪く為って居ます。南仏プロバンスは11年前は皆さんが明るくフレンドリーでした。今は余りにも治安が悪く為り又近隣の国々から安い農産品が入り小さな農家は生計が立ち居か無くなり廃業し政府の年金生活に陥りました。
結果、人々のマインド迄変わり疑心暗鬼に為ってしまって居ます。まるで大都会の人々と同じ様な疑心暗鬼の対応でした。

日本の歴史資料館や縄文遺跡を見て回った際に障害者も手厚く面倒を見て居たと資料が有りましたがそうした人間らしい豊かさをも壊しかねないのが人種間の対立だと思います。テロで何人か殺されたら大騒ぎしますが移民がボートで溺れて死んでも余りニュースに為りません。同じ人間ですが人種によって価値が違う様です。その一人勝ちのドイツも移民を大量に受け入れ都市の一部にスラム化した場所が見られます。ゴミの山が街の至るところに有りました。
あの勤勉て真面目なドイツ人も人を騙したり(燃費問題)スラム化した場所を放置したり少なくともドイツも決して幸せに為っては居ないと感じます。
理念や思想、宗教がどんなに素晴らしくても為政者の方向が間違って居ると取り返しの付かない事態に為ると証明したような物です。 (テロは交通事故に比べれば無いに等しいのて私は全く気にしていません。)
心の豊かさこそが文化ですしその一人である私は作品を通し幸せを届けるのが天命だと思って居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1708231
野外に居る時間を減らして小品を描き終わったら館に帰って紫外線から眼を守る様にしています。
晴天が続いて制作の為には絶好の天気が続いて居ます。ま、例年より制作のペースが早かった分野外で紫外線を浴びる量が多かったと思います。120号80号50号と其なりのサイズを描いて来ましたから朝から遅い時は9時過ぎ迄絵筆を持って居ました。
丁度水彩紙も無くなり小品に切り替えた時ですので眼を守る為にも良い機会です。私は強い太陽の光が好きで夏は大好きな季節なのですが眼の為には最悪です。ですから先ず眼底が悲鳴を上げてその疲れから頭痛に至ったと思います。
ま、休めと言う事でしょうね。昨日今日と小品を仕上げ早々に帰って休みました。
水彩画家・長尾周二1708232
季節的にも描きたい風景が余り無くて例年ロワール河を描いて居ます。丁度河川敷の大きな木の下に車を止め日陰で描いて居ます。
木陰だと湿度のせいか余り暑く感じなく風が吹いて居ると心地良い位です。
夏が戻って来て雨が降らず河の水量も目立つて減りました。相変わらすフランスはバカンスで皆さんが楽しんで居ます。朝夕には熱気球が空に浮かんで居ます。雨の日にもカヌーの川下りで楽しんで居る位ですから晴天が続いて居る今は何漕も通り過ぎます。中には一度上流に向かって漕ぎ又下って来る若者も居ます。
そうした光景を見ながら昼は最後の1個インスタントラーメンを作って食べました。夜はインスタント炊き込み竹の子ご飯と日本から持参した食材で楽しみました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1708211
何故流行を追わないのかと問われると自分が今求めて居る事が其とは違うからです。透明水彩と言う一番繊細で薄い顔料を使い如何に美しく発色し輝く太陽の下で奏でるハーモニーを表現するかと言う命題に挑戦しているからです。
所詮二次元の平面に三次元を描くわけですから絵空事で有ることは間違い有りません。今回は何時ものテクニックではない今流行りの絵を写生の合間に描いて見ました。一つはピカソ以降イメージを表現するかと言う現代作家風でフランソワーズさん好きな作風です。適当に竜擬きをを描きました。
水彩画家・長尾周二1708212
もう一枚は水を多用した皆さんが良く見る作風です。フランスの作家が描くスタイルです。
どちらもこんな方向では求めて居ないので誤解の無いように。
案の定ARTEC会長のフランソワーズさんは今日掲載した作風を絶賛していました。あの竜擬きのポンチ絵は差し上げると喜んで居ました。
勿論創作は大切です。ですから同じ様なスタイルでテーマを決めて描いて居る訳です。10年して少し進んだかなと言うのが実感です。さも時代の最先端を走って居るランナーだと思ったらその他大勢の一人に過ぎない場合が有ります。
皆と走る事は青年時代に止めました。本当の理由は機会を作って書きます。
何と言われようと自分を信じて生きて来ました。
一つは君の脳は普通の人と違い空間表現が意識しないで出来ていると言われて水の流れを描いて見ました。流れを感じる作品は世界的に少ないとフランスでも高く評価して頂きました。
其とは違う色彩表現で皆様を幸せに出来る絵は出来ないものかと最初に書いた様に油絵やリキテックスにも負けない水彩画を目指して励んでいます。
ま、頑固さは誰にも負けないのでお遊びで描いても流行を追うことは今後も無いでしょう。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二1708201
※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
勿論50号80号も以前描いた作品の裏側をパネルに張って用意しました。もう少し季節が変わると描きたい風景が待って居ますから準備は怠れません。

朝、ご飯を炊いて昼食を用意しました。日本から持参したお米はあと一回分で使いきりとなります。
スーパーマーケットで買ったインデカ米です。トマト味のマグロ缶詰めがおかずです。(75セント)
犬猫の餌さとたいした違いは有りませんがお腹が脹れれば十分です。不味い上にお米が硬いので良く噛んで食べなければ喉を通りません。未だ歯が殆ど自分の歯で噛めるのが幸いしています。
夜はチャーハンにして食べようと思って居ます。
デザートはリンゴでした。今日は4号二枚とイタズラ描きを3枚描きました。
水彩画家・長尾周二1708202
昨日サンテニャン近くのチャペルを展覧会場にした施設で展覧会のベルニサージュが開かれて居てお伺いしました。フランソワーズさんが好きなスタイルの作品です。
その際に花の絵は如何なものかとフランソワーズさんから話が出たので、現代美術と言われているフランス作家や現代作家はイメージやオリジナリティと叫んで居るようですが、結果的に同じ様な表現方法で良い作家が居ないではないかと投げ掛けました。

パリのギャラリーや展覧会を見ても花をテーマにした良い作家が現代に於いて殆ど居ないではと話すと、彼女もそれらの事には同意し現代作家はフランスの美術大学で基礎教育が為されて居ないからだと仰有って居ましたがその通りだと日頃から私も思って居ますと話しました。又、ルドンも花の絵を描いて生計を立てて居た事も事実ですから売れる絵を描いて何が悪いと話しました。

具象絵画はそうした技術的な物も当然含んで居て空間表現やコンホジションも当然出来て居ます。50歳近い作家が4・5点を除いた作品のコンホジションやバランスが全て問題があるのに感性がど
うのこうのイメージがどうのこうのと言われても、もし横にコンホジションが理解出来て居て其なりの作家の大きく見える作品が来ると喧嘩に為りません。せめてバランスとコンホジション位は理解して居ないとと常日頃思って居ます。
日本はその点教え過ぎで個性や感性を潰す位ですが、完成度の高い作品を創作していると思います。
流行や人の後追いは結果的につまらない作品に為ると若い時から思って居ます。ですから20歳である公募団体の準会員でしたが辞めて現在に至って居ます。肩書きが好きな日本人からするとはぐれ者です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1708191
昨日は部屋の片付けとアンティークを運ぶ為の箱を作りました。
少し老いて来た事を感じるのは以前は一気に作業を終わらすのですが午前中一個作って止めました。此で4個目の箱です。その後ランプのガラスをその箱に24個詰めました。帰国の際に持ち帰る塑像を梱包したり何を持ち帰るか検討したりで1日が過ぎました。

インターネットで気になるアーティストの作品を見たり音楽を聴いたりと夜は寛ぎました。誰しもしもそうでしょうが特に私は自分の作品を見ることが多いです。自分自身を点検している様な心境です。10年以上前の作品映像もGoogle検索長尾周二画像で直ぐ見られます。日本にある作品も直ぐ見られるので有難いです。
水彩画家・長尾周二1708192
さて今日18日金曜日は 朝から雨が降って居ます。屋根裏部屋ですから雨模様は直ぐ分かります。大きな作品を描くための水彩紙は使いきり小品に切り替えました。4号6号のスケッチブックを持参して写生に出掛けて居ます。一時夏が戻って来たのですが又涼しく為りました。
この雨の中、さすがにカヌーでの川下りは無いだろと思ったら大間違い3槽のカヌーが通り驚きでした。夕方太陽も射して来ましたが殆ど1日強い雨でした。

日本人の御人良しは国民性かも知れませんが私も何度と無く利用されました。
大陸文化は騙すより騙される方が悪いと友人からも言われましたが身近な話でも何度と無く経験しています。後で入ったら払うとかガソリン代は出しますからとかで身近な話でも限り無く利用されました。
ま、日本のオレオレ詐欺などはそうした国民性だからでしょうか。
利益の為に偽情報を流し投資詐偽や今や国会議員の中にもそうした輩が居るようです。国を貶める様な事を平気で行って居ます。
歴史を見ていると善意や真心は友人同士には通じても全く通じ無いと考えた方が良いと思える人や国が普通だと認識させられる滞欧でした。日本にもどうした訳かそうした文化が入り込んだ印象です。
ま、画家はそんな事にも気にせず絵筆を持ち続けて居ます。所詮騙されても50ユーロ位ですからオレオレ詐偽に比べれば可愛ものです。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1708171
CHOUZYから2・3キロ走ったロワール河の河川敷に車を停めて居ます。
河には大白鳥が13羽静かに浮かんで居ます。見渡すと青鷺も浅瀬に立たずんで居ます。黒い鵜の姿も見られます。空はどんより、雨が降るか降らないかといった感じで時折覗く太陽が射すと夏が戻って来たと思えます。
水彩画家・長尾周二1708172
最初停めた場所から大きな木の下に移動しました。意外かも知れませんが蚊を初めとする昆虫類は大自然の真ん中にも関わらず殆ど居ません。人家の近くの方が多いと感じます。相変わらず小型のカモメに似た水鳥が小魚目掛けてダイビングを繰り返して居ます。後ろの林からは雉の鳴く声も聞こえます。カラスも居ますが然程鳴いた声を聞いた事が有りません。
川面に時々大きな魚が跳ねます。思わず振り返る程の音がします。
そうした私の大好きな大自然の中で過ごして居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二170816
今日はフランスも休日で近くで日曜日に続き蚤の市が有りました。
残金が残り少ないし早朝、雨は未だ降って居ませんでしたが怪しい空模様でしたから館でParisマドレーヌ寺院の展覧会準備と次の制作準備を始めました。
そうすると案の定強い風と共に激しい雷雨が来ました。永年野外で自然と共に生活していると天気の移り変わりも分かります。
少々の雨は気にせず写生に出掛けて居ましたのですがちょっと様子が違って居ましたので室内の仕事に変えました。

メンバーのリクエストは殆ど今日で終わりました。後は来月の展覧会を待つのみです。
今月に入って50号の作品8枚30号1枚小品4枚とひたすら描き続けて来ました。少し立ち止まってそれらの作品を点検しました。3点位は何とか残せる感じです。
気が付けば絵の具や水彩紙も無くなって居ます。其処で以前描いた作品の中で出来の良くない作品を剥がして再利用する事にしました。ま、大量に用意していた絵の具も良く使う3色は無くなって終いました。

なぜこんなに闘志を燃やすのかと言うと今年渡仏して作品制作に迷いが生じました。惰性で描いた作品が続き、これではまずいと感じココリコ畑に泊まり込み背水の陣で望み何とか残せるココリコ作品が何点か出来ました。120号1枚80号5枚を始め描き続けてその後 ビザを延長する為イギリスに渡りました。冬の様な天気で風邪気味でイギリス滞在中は観光客でした。
其で再度気合いを入れ直し制作に挑んだ訳です。

普通スランプに入ったら気分が乗るまで待てば良いとか言いますが其では以前のレベルに戻るだけで前進は有りません。私はそうした時はチャンスと捉え此でもかと限界に挑みます。向日葵の作品は一歩前進出来たと来年の向日葵の作品制作が楽しみに為りました。
スペインでも南仏プロバンスでも向日葵に挑戦し続けて居ます。
又過去の作品もインターネット検索「長尾周二」で画像を表示しチェックしました。
同時に気に為るアーティストの情報もチェックしました。
天気が回復していれば又野外で自然と共に制作します。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二170814
金曜日は午前中雨が何度か降って寒かったのですが夕方には青空が広がり気温も少し上がりました。
雨が吹き込むのでリアドアを開けた端に傘を紐で固定して防ぎました。9時半過ぎから始めたのですが寒さの影響も有って体調も万全では無く直ぐ横に椅子を用意して少しずつ描き進めました。此処の処制作しているのは50号ですから其なりに時間は必要です。
結局終わったのは夕方7時です。実質9時間は絵筆を持って居ました。
試行錯誤しながら進めて居ます。
疲れもピークに達し描き終わった際は放心状態でした。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二170813
対岸の休耕地に向かいました。バカンスの為にキャンプ場はキャンピングカーで大賑わいです。キャンプ場から出てきたスペインナンバーの車はスーパーマーケットに買い出しです。後を追い掛けたのでは無くたまたま方角が一緒だったののでスーパーマーケット迄一緒でした。明日は日曜日でスーパーマーケットも休みですから買い出しの車で駐車場も一杯でした。
雨を予想して車を写生現場まで乗り入れての制作です。案の定小雨が3時過ぎに振りだしました。
風の方向に運転席を向けてリアドアには傘を紐で固定して望みました。今日も気温がさほど上がらず風が吹いて居たので寒く感じダウンジャケットを着ての制作でした。前々日は流石に誰も来ませんでしたが今日は散歩のご夫婦、サイクリングの二人と車で乗り付けての見学と5人も来られました。先ず未舗装の地元の方しか知らない場所です。
同じ車が何日間か人気の無い場所に駐車して居るので来られたのかも知れません。日本は35度以上の日が続いて居て暑い夏の様ですがフランスロワール地方は寒い日が続いて居ます。
今日も50号を描きました。10メートルロールの水彩紙4本使いきり例年よりオーバーペースで制作が進んで居ます。気が付けばお金も水張りテープも水彩紙も無い無い尽くしです。実は月曜日に3ユーロ弱の買い物をしてから今日買い出しに行くまで何も買って居ません。有る食料で何とかしのいで居ます。未だ日本から持参したお米や食材が有りますから何とか為って居ます。粗食であれ空腹を満たせば何の不満も有りません。フランソワーズさんからクルミの実を沢山頂いたのてそれをおやつ代わりにしています。
水彩紙も此れから駄作の裏側に描く様にします。
無ければ無いなりに事は進みます。
疲れの原因も寒さの為ですから来週からもう少し夏らしい気温に上がるそうですから楽しみです。

↑このページのトップヘ