水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。

日本に帰国しました
フランスでのブラシューとパリ・マドレーヌ教会での展覧会(独立行政法人・国際交流基金主催の日仏友好160年記念文化交流企画・ジャポニスム2018認定参加企画)およびノワイェ シュル シェール市よりお招きいただいた企画個展が無事終了して、10月2日に日本に帰国しました。国内での活動を再開します。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
・フランスでの展覧会(終了しました)
KOKORO JAPON展(Part.1)

 【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年8月18日~29日 フランス・ブラシュー・ビェールホール(Vieille Halle de Bracieux)


KOKORO JAPON展(Part.2)
【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年9月17日~22日:フランス・パリ・マドレーヌ教会 (Salle Royale de MADELENE)

※Japonismes ジャポニスム2018とは
2018年7月~2019年2月に独立行政法人・国際交流基金ジャポニスム事務局が行なう日仏文化交流事業のイベントです。
参考
Japonismes ジャポニスム2018公式サイト
Japan Expo 公式サイト(日本語公式ホームページ)

2018長尾周二活動記

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1803141
岡崎市のアンティーク店に立ち寄り名古屋で開催するフランソワーズさんとの二人展のカード制作のお礼をする為、鈴木さんとお会いしました。次の日は足助方面で梅の花を探し制作しました。
水彩画家・長尾周二1803142
その後、吉良市に向かい海を眺めて居て牧さんと出会いました。
この地の話をお伺いするうちにこの三河で最大級の古墳があるとお聴きし見学して来ました。
正法寺古墳です。全長94メートルの前方後円墳でした。三河湾を臨む丘に有り大和王権の一端を偲ばせる古墳でした。話はもう少し遡り縄文時代の遺跡から香川県産出の石器サヌカイトが近くの遺跡から出土して居ると安城市市民ギャラリーの埋蔵センターでお聴きしました。数千年前から私達が想像する以上に交流がされて居た事に驚きと納得をしました。

海洋民族である私達の先祖を思うと当然だと納得し瀬戸内の古墳も山陰のそれも海が見える場所にある事が多いのはそうした事も関係して居るやも知れませんね。今日は夕陽を眺めて楽しみたいと思って居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二180312
※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
伊良湖岬は日本放浪をして居た時に倒れた事のある地でもあり思い出深い場所です。

15年位前の元旦に伊良湖岬で新年を迎えました。
と同時に身体が動けなくなりました。ただ車の中で寝てるだけで運転はおろか何も出来ませんでした。3日目にやっと動けるようになって先ずコンビニに向かい食べ物を買って食べました。
そして病院へ。
結果は肺炎でした。これ以上強い抗生物質はないという薬を渡されました。
原因は寒い冬にもかかわらず寒さ対策が甘かった事でした。

ま、余り良い思い出は無い所です。
その後何度も東京に向かう時に通過する場所です。

その海岸はノルマンディーを思い出させる美しい風景があり海岸はサーファーのメッカに為っています。ヨーロッパの海岸と違うのは至る所迄テトラポットで埋め尽くされて居る事です。
此れにはアーティストにとっては醜い光景と映ります。

海岸に着いて先ず昼寝、昼食も取らず3時過ぎ迄寝て居ました。その後2枚制作をして後にしました。今日はキャベツ畑の真ん中で泊まります。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1803111
村上博さんと再会してお話しをさせて頂きました。私が日本人アーティストの現状や世界観を話すと共感して頂いたり日本の現状や今後の活動に携わるヒントを頂き大変有意義な時間を過ごさせて頂きました。文化に長年携わる報道人の見識を改めて実感し今後の指針になりました。
又、村上さんのご先祖は四国高松だと知り改めてご縁とか巡り合わせを実感しました。
銀座でギャラリストとして40年活動されて居るオーナーとお会いし〔一社アートシップインターナショナル〕海外での活動に全面的に協力して頂けると心強いご支援を頂く事になりました。日本のギャラリストにも作家を育てる活動を続けていらっしゃる方が現実にいらっしゃいました。
友人達からもアドバイスや支援をして頂いて居ますので今回の東京滞在は節目になると思って居ます。こうした活動には政治家や経済界の支援も必要です。そうした側面からの支援も本当に心強いです。
水彩画家・長尾周二1803112
アートシップインターナショナルの理事会もあり理事改選も決まり今後の活動計画が決まりました。登記の書類も終わりました。
そうした方々からは短時間に実績を積み重ねて確実に形になって居ると驚きの声が聞こえてきて居ます。
夢を語り画面に描く職業ですから尚更その夢を形にする事の大切さを心に刻んで居ます。
日本での活動も本格化して来ます。文化を守り育てる活動に理解して支援して頂く方が増えて居る事に本当に有難いと心に染みています。

スケッチブックが無くなり世界堂で買い求め旅をしながら描き続けます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二180307
アートシップインターナショナル〔一社〕の理事改選に伴い司法書士事務所に行って来ました。
今夏のパリ世界遺産マドレーヌ寺院とロワール地方ブラシュー・ビエールホールの展覧会開催に、独立行政法人国際交流基金の日仏文化交流イベント「ジャポニスム2018」参加企画として認可をいただきました。その関係でパリ在日本大使館後援申請を現在パリで留学中のメンバー・水口さんに進めて頂いて居ます。

旅を続けて居ても色々と忙しくして居ます。
春らしい陽気から又寒さが戻るようですが確実に季節は進み山中湖の氷も解けていました。

自分の制作が儘なりません、此れではダメだと思いますが中々落ち着いて絵筆を持てませんね。
明日も新宿、銀座と回ります。
10日はアートシップインターナショナルの会合が有ります。
其れが終われば名古屋でARTEC会長・フランソワーズ イカールさんと二人展です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二180303
最大瞬間風速29メートルだと香川県の天気情報で流れて居ました。弟は出掛けない方が良いと忠告してくれたのてすが好奇心が勝り海辺に出掛けました。
軽四の箱バンは大きく揺れながら走りました。
途中、スーパーマーケットに寄って車のドアを開けた途端に強風に煽られ大きな音と共にフェンダーに傷が付きドアか閉まらなくなりました。スズキのディーラー行きです。何とか閉まる様には為りましたが板金修理が必要てす。
間も無く名古屋に向かいますので余裕が有りませんから傷が付いたままで旅立ちます。

好奇心旺盛も困ったものです。
高松に帰ってモリエール瞳さんと再会しました。制作する事がライフワークの彼女とのひと時は有意義でした。フランスの出品も念頭に制作を続けていらっしゃいます。
近作も映像で拝見しましたが充実した日々を過ごして居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二180301
春の嵐が吹き荒れてゴーゴーと唸って居ます。寒かった冬から春の足音が聞こえて来て居ます。
梅の花も咲いてる風景も車窓から見えて居ます。
厳寒と大雪をくぐり抜けた今年は春の便りが待ちどうしかった昨今です。
車上生活をして居ると温かくなる事は気分も高揚して来ます、

これから瀬戸内海を描きに行ってきます。この風の音だと海も荒れて居ると思いますが楽しみてす。

今年の夏にフランスで開催する(一社)アートシップインターナショナルの展覧会が、安倍総理など日本政府が中心にフランスと進めているジャポニスム2018の参加企画としての認可をいただきました。

フランスパリ マドレーヌ寺院とロワール地方ブラッシュ市ビエールホールで開催予定の企画です。

又昨年末に個展を開催した大西アオイ記念館で来年4月中旬にアートシップインターナショナルの展覧会が決まりました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1802251
境港市で朝を迎えて釣りをと思って居たのですが風が強く昨日の温かさは有りません。
チョット遠回りですが鳥取経由で岡山、高松に向かいます。
砂丘で一枚描いたのですが思いの外寒く風が冷たく感じました。
それでも日本では余り見られない砂丘を描いて楽しみました。
水彩画家・長尾周二1802252
良いイメージで感じますが其のイメージ通り制作出来ません。まだまだ未熟な自分が居ます。
次のフランソワーズさんとの二人展迄旅を続けて作品を描きたいと思って居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二180222
市長秘書課や国際交流協会、文化協会、愛知県大村知事秘書課にも挨拶して来ました。

次はAR TE C会長フランソワーズさんが契約して居る名古屋市の小さな美術館かじたでの私との二人展です。本当はフランソワーズさんか企画すべきなのですが足が悪くて来日する事が出来ません。そこで二人展とし作品を預かって来ました。そうした訳で3月は又名古屋に来ます。

過ごし易くなったと思えば又寒さが戻りました。風が強く吹いて寒いので暖気運転をしてしのいで居ます。雑務に追われる日々ですが制作意欲はより高まって居ます。日本人画家やギャラリストは技術の競争に没頭して居る様です。作品の良し悪しは中身が大切なのですが、、、。
どんなに時代が変わっても本当に良い作品は残ります。
一枚でも納得できる作品が出来る様に努力を続けたいと思います。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1802191
※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
しかし富士山はとても難しいテーマでも有ります。富士山を色々な場所から見て描きましたがその都度、感動と至らない自分があります。

山中湖を今回は通り過ぎ、鳴沢村迄走りました。冬の富士山麓は流石に寒く外で描いて居ましたが筆を持つ右手は寒さを超えて痛みを感じました。氷点下10度以下で描いた事も有りましたが歳を取ったせいか描き終わった後も1時間以上ズキンと痛みが取れませんでした。
この日は風が強く体感は思いの外寒かったです。身体は防寒服で問題は有りませんが筆を持つ右手は常に素手です。
私が外で制作して居て観光客が車から降りてカメラを手に撮影を始めると1分もしない内に車の中に戻ります。其の位外は寒く感じました。

本当はもう一日制作する予定でしたが2枚仕上げて名古屋方面に走りました。
寒くて手の痛みが取れず下山です。標高1000メートルはありますから寒いのは当然です。

雄大な富士山、高さと力強さをどう表現するか難しいテーマです。
又、東京に向かう際挑戦します。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二180217
銀座のギャラリストオーナーや銀座古径の社長とお会いして情報交換をしました。
又ブログを管理して頂いて居る千田さんともお会いしました。
そうした中で文化に付いて私がヨーロッパと日本人との違いを考えた時に、日本人社会が、明治そして戦後、徹底的に破壊されて文化に投資するという考えが無くなった事に有ると思い至りました。

私が昨年帰国前にフランスの市長や行政の職員から展覧会依頼が有りました。
日本でもそうした事が全く無かったとは言いませんが非常に稀な事だと思います。
お城の庭で写生して居て描き終わったら其の城に持参して下さい、とオーナーから言われました。持参すると、お買い上げいただきました。
買っていただいた絵を展示するために、お城の中に入って見ると400年前の肖像画が並んでいるばかりか、100年前の印象派の作品のコレクションも、そして現代の作家の作品もコレクションまでありました。。

果してこうした日本人は現在居るのか、と考えた時に絶望的に為りました。

美術館を持って居る企業家ともお会いしましたがヨーロッパのコレクターに比べると見識眼が浅いと思います。日本人は名前とか経歴から入って作品の良し悪しは二の次です。
ですから美術館の学芸員さえも見識眼を疑いたくなります。

初めて作品を見て直ぐ購入と言う事は殆ど有りません。
しかしヨーロッパのコレクターは名前や経歴ではなく、作品其の物を評価して購入して頂きます。

私達が海外に旅行した際にも先ず文化施設を見学に行きます。
日本に来られる旅人も同様です。豊かとされて居る現代日本は何故文化に投資しないのでしょうか?駅舎やビル群もいずれ取り壊される物が殆どです。
友人からは伝統工芸作家やアーティストは生活も立ち行かないと聞いて居ます。
企業や経済は良くなったり悪くなったりで永遠の繁栄は有りません。
経済力が有る今こそ文化事業に投資すべきだと思って居ます。

例えば名古屋でも観光と言ってもナンチャッテ名古屋城と熱田神宮位しか有りません。あと明治村かな遺産をぶっ壊した結果が現状です。
今こそ後世に残す文化に目を向けるべきだと思います。

↑このページのトップヘ