水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
国内展覧会情報
ジャポニスム2018参加アーティストによる日仏国際交流展
2019年4月16日~4月29日

大西・アオイ記念館(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

ロワール砥部日仏作家交流展 ー新緑の陶街道にロワールの風が流れる!ー
2019年5月11日~5月18日

ミュゼ里山房(愛媛県砥部町)
詳しくはこちらをご覧ください。

長尾周二水彩画展
2019年4月22日~4月30日

珈笛画廊ほのほ(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

海外展覧会
KOKORO JAPON展
2019年9月14日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
(一社)アートシップインターナショナル主催の日本人アーティストによる展覧会(19名出品予定)

2018長尾周二活動記

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
日本画家・柳樂晃里作品・恋2
柳樂晃里さんの作品「恋」

一般社団法人アートシップインターナショナルの新メンバー柳楽晃里さんとお会いしました。安来市の駅で待ち合わせしてお話を聞かせて頂きました。島根県は神話の里で古のロマン溢れる地域でそうした思いを作品に加味しながら制作を続けていらっしゃるそうです。そうした日本の物語を感じる場所が其処彼処にある恵まれた環境で素朴な表現で制作を楽しんでいます。今回、私が訪れた一つがそうした遺跡を巡りたかった事に有ります。今日は第1級の寒波が来て訪れたかったたたら製鉄が在る奥出雲は雪深くていけませんでした。そうした現場に立ち制作が出来る事は彼女にとっても生き甲斐であり制作のエネルギーに為っているようです。そうした古からの日本の文化を画題にして居ます。絵を描く事が大好きな彼女の作品を楽しみにして居ます。

お話をお伺いして居る間にも雪が降り積もり危険を感じ京都を目指し走りました。途中、鳥取市のギャラリーオーナーにお会いして挨拶して直ぐ車を走らせました。福知山市近くには雪が無くなりましたが山越えをする度にヤバイと感じる道路状況でした。雪が無くなりホットした事は言うまでも有りません。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1801091
この作品を描いた夜から寒波がやって来ました。出雲大社近くの駐車場で強風をやり過ごしました。風速20メートル前後の強風で一晩中車が揺れていました。最初浜辺の駐車場に居たのですが余りにも揺れるので出雲大社東側の駐車場に移動、風が少し風が弱い場所で休みました。相変わらず古墳や神社を巡り旅を続けて居ます。
太田市から近い場所に万葉集に歌われている静之窟が在りました。民家の間をやっと軽四が通れる細い道を下りて着きました。歴史ある場所ですが今は殆ど人が訪れて居ないようです。その窟まえには江戸初期には千軒の民家が在ったそうですが大津波と同時に沈んだそうです。又、出雲の日御碕にも海底遺跡が在るそうで日本列島の宿命だと思い知らされました。
水彩画家・長尾周二1801092
寒波で雪が舞いだしましたが尚も車を走らせています。皆生温泉で湯に浸かって出ると庭に薄らと雪が積もって忌ました。島根県鳥取県などの山陰は未々知らない歴史や風景が有ります。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1801071
太田市に在る物部神社に行ってきました。
島根県で出雲大社に次いで大きな神社です。
歴史も古くこの地域は昔、栄えて居たと思われます。
その後も益田市の古墳群や周布にある古墳を訪ねました。
水彩画家・長尾周二1801072

制作の合い間や夜、釣りを楽しんでいます。

水彩画家・長尾周二1801073
写真の魚はタカノハダイで大物でしたが然程美味しい魚では無いので食べませんでした。
アジを三枚におろし刺身にして頂きましたが本当に美味しかったです。港で夜釣りをしましたその日はアジとサバが面白い位釣れました。今の季節の魚は本当に美味しいですよ。

未だ冬の日本海らしい風景は体験して居ません。ソロソロ第一級の寒波が来る予定だそうですから覚悟して臨みます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1801041
島根県江津市から山に10キロ位走った所に在る有福温泉に行きました。其処でスズキエブリのスライドドアからボルトがポロリと落ちドアも取れました。正月2日の事です。
山陰の冬ドアが閉まらない状態で車中泊は危険です、、、。
ドアを紐で結んで落ちない様にして修理してくれる所を探しました。スズキのディーラーは3日からで開いて居ません。
まずイエローハットに行きました。受付に状態を告げると整備士が点検をしない前に断わられました。次にオートバックスに行きました。先ずは整備士が点検し修理が出来るかどうか見て下さると言って下さいました。車を預け近くのスーパーで買い物していたら10分もしない位で修理が終わったと電話がありました。
もし、修理が出来なかったら次の日スズキのディーラーに持ち込み修理する予定でした。
部品は欠損して居なく取れたボルトで締めて治ったそうてす。流石に人気のお店です。私も会員カードを持って居ます。
水彩画家・長尾周二1801042
夜は港で夜釣り、写真の様な鍋に入り切らない位の大きなクエの仲間の魚が釣れました。その夜は風雨か強く車が揺れて居ました。
先ずはラッキーでした。隙間から雨か吹き込む怖れが有りました。魚を釣り終わる8時半から雨風が強く為りました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1801031
※画像をクリックすると拡大したものをご覧になれます。
広島市から日本海に向けて走りました。
山は残雪で輝いて居ましたが道路には雪が有りませんでした。
日本海は穏やかな正月で冬の日本海と思えない青い海てした。天気予報では3日から冬型になるとの事ですから冬の景色に変わると思います。
水彩画家・長尾周二1801032

※画像をクリックすると拡大したものをご覧になれます。
昼は制作、夜は釣りです。
水彩画家・長尾周二1801033
写真の様にメバルやカサゴが釣れて煮魚にして頂きました。
制作した作品の様に冬の日本海には余り無い穏やかな日が続きました。
昨年鳥取県、島根県に来て古墳や遺跡を巡る旅をしましたが未だ行きたい所が出て来たので再度来ました。時と共に新しい遺跡が発見去れて歴史が変わります。そんな事を確かめながら旅を続けて居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二180102
展覧会に来られたら一部の20人に手描きの絵を添えて年賀状を送りました。
住所を書いて下さった方は50人を超えて居ましたから一部の人になりました。
あとの方はブログでご挨拶となりますので申し訳御座いません。
写真の様な作品をお送りし致しました。

高松港から宇野港に渡り岡山市の新幹線出口で友人に会って暫し歓談をしました。
彼は高松に帰る途中で私は旅に出て岡山に来ていました。
別れた後に岡山港近くで夜釣りをしました。
夜になるとセイゴが釣れると情報を得て居ましたので迷わず竿を出しました。
真冬の夜釣りは流石に寒かったのですがセイゴ2匹とハゼ4匹を釣り上げ止めました。
鍋で煮て食べた事は言うまでもありません。

日本海に向かうと友人に話したら「馬鹿じゃない?」と言われましたがその荒れた海を描きたいと思って居ます。
20枚ハガキに描いたので長い間絵筆を持たなかったストレスは取れて荒れた冬の海を描くイメージで満ちて居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
明けましておめでとうございます

新たな年を迎え気持ちを引き締めて活動に邁進致します。

安城市での日仏文化交流展が2月に開催されるのを始め、
8月ブラシュ市ビエールホール展  9月パリ マドレーヌ展と続きます。

今後もご支援ご鞭撻の程を宜しくお願い致します。

一般社団法人 アートシップインターナショナル 理事長 長尾周二

↑このページのトップヘ