水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
国内展覧会情報
ジャポニスム2018参加アーティストによる日仏国際交流展
2019年4月16日~4月29日

大西・アオイ記念館(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

ロワール砥部日仏作家交流展 ー新緑の陶街道にロワールの風が流れる!ー
2019年5月11日~5月18日

ミュゼ里山房(愛媛県砥部町)
詳しくはこちらをご覧ください。

長尾周二水彩画展
2019年4月22日~4月30日

珈笛画廊ほのほ(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

海外展覧会
KOKORO JAPON展
2019年9月14日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
(一社)アートシップインターナショナル主催の日本人アーティストによる展覧会(19名出品予定)

2018長尾周二活動記

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1811151
宮崎さんご夫婦と七宝作家の飯尾京子さんたくで釣ったアジの料理をご馳走になりました。
先ず刺身、塩焼きそして南蛮漬けと驚く程料理が美味しく、「飯尾料亭だね」と。
それくらい飯尾さんの料理は素晴らしい物でした。
アトリエで泊めて頂いて次の日は焼物で有名な砥部町のミュゼ里山房の矢野徹志さんとお会いしました。矢野さんは長年砥部町の地域興しに携われて居て話しが弾みARTECと私のコラボ展を開催する予定に為りました。高松に帰ったらフランスのフランソワーズさんにその旨伝えたいと思います。
水彩画家・長尾周二1811152
高松市の二見画廊ほのほの二見直子さんとも企画の話が進んで居ます。
こうして旅をしながら文化交流を進める事が有意義な活動だと考え実行して居ます。
銀座ギャラリーGKのオーナーから紹介された画家畑淳子さんのフランスでの個展企画も進んで居ます。
フランスでも日本でも旅人である限り嫌な事も偶に有りますがこうした文化事業に関わって行きたいと実践して居ます。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1811111
事務処理が一段落して車を西に走らせ愛媛県佐多岬に来て居ます。
ブラシュー・ビェールホールでの展覧会のベルニサージュにエレキギターを持参して演奏して下さった松山市の宮崎さんに会う為でも有ります。
先ずは魚釣り夕方着いて竿を出し早速アジを釣りました。此処のアジは型が良くて楽しめました。
明日一日中釣りを楽しみ明後日、魚をお土産にお会いする予定です。
水彩画家・長尾周二1811112
釣りには絶好のチャンスの時間帯で竿を出して直ぐ釣れました。
10匹位釣って全て海に返しその後5匹車に持ち帰って刺身にして頂きました。
勿論釣りたての魚ですから美味です。
他の港で釣りをして居た方が来られて「全く釣れなかった」と話されて居ましたが、此処では良く釣れました。
明日は早朝から釣りをしたり制作をしたりです。
少し冷えて来ましたから防寒着を着込んで釣りをしました。

※上の画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1811071
パソコンに向かい情報を得て事務処理を始めました。
自宅を持たない私はこうした事が一番大変です。
パソコンのプリンターも有りませんから弟の協力が必要です。
先ずジャポニスムの事業報告書を済ませて明日郵便局から書類を送ります。

四国八十八ヶ所最後の札所大窪寺に行って来ました。
私はモミジの紅葉を楽しむ為に、弟は奥の院が在る女体山山頂に。
弟が
山登りをして居る間に紅葉を一枚描きました。
穏やかな天気が続いて居ます。お弁当を持って車を走らせました。
紅葉も進み始めて楽しめました。
水彩画家・長尾周二1811072

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1811051
日本海を毎日見て居て瀬戸内海を見るとまるで湖か河の様に感じます。
岡山県寄島で朝を迎えました。早朝4時半に目を覚まし夜明けを待ちました。日の出前の風景を描いて宇野港よりフェリーで高松市に。
水彩画家・長尾周二1811052
※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
パソコンを持参していませんでしたから事務処理が出来て居ません。
先ずその処理をしてから又旅に出かける予定です。
1か月の車上生活の旅で少し疲れました。
日本海の磯場で魚釣りをした際に足を取られて頭から倒れて仕舞いました。その際頭にタンコブが出来て痛い思いをしました。その疲れが出て来た様です。
温泉に入って休息します。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1811031
特に朝と夕方の美しさは格別です。
思わず見惚れて筆を持つのも忘れる事もしばしばです。
今の季節、山陰では珍しく快晴で一日中眺めたり写生したりの日々を過ごして居ます。
私は現代美術や抽象等、時代を追いかけての仕事はしていません。
何故と問われるとこうした旅の中で感じたり目の前の風景と対話する事が好きだからです。
またそうした中で制作する事が自分の感性に一番合って居ると思って居ます。
所謂具象作品には抽象的な表現や現代美術と言われて居る事も含まれてると考えて居ます。二次元の空間に三次元を描く時点で其れらの要素は当然必要です。
所詮絵空事だと思って居ます。
水彩画家・長尾周二1811032
美しい物を美しく表現する事が如何に難しいか私は知って居ます。
ある時フランスのARTEC会長フランソワーズ  イカールさんが花の絵では無い物を描いたらと言われた事が有ります。
現代に置いてフランス画壇で私より素晴らしい花の絵が描ける人が居たら教えて下さいと切り返しました。
会長は押し黙ってしまいました。
それ位美しい花を美しく表現する事は難しいのです。技術でもイメージだけでも描けない何かが有ります。其れを追い求め て居ます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1810311
ランチを食べてから防波堤で釣りをしました。
寒気が入って来て少し寒くなりダウンジャケットを着ての釣りです。
最低限の防寒着は持参して居ますので問題は有りません。
釣りは鯵が殆どで5匹位バケツに活かして後は海に返しました。
バケツの海水に酸素を供給するブクブクは準備して居ます。
アジを釣る竿とは別に活き餌のアジを付けて置き竿にしました。一度目はその竿が大きく動きました。その後竿を上げると餌のアジにヒラメと思われる歯型が付いて居ました。その後もう一度今度はアジに付けられて居る釣り針を避けてかじられて居ました。またもや空振りです。暗く為って釣りは止めました。
水彩画家・長尾周二1810312
釣りをしながらパリのメトロと日本の地下鉄を想い浮かべながら釣りをして居ました。
東京の電車の乗客は眠って居るかスマホをいじって居ます。
外国人観光客や住民が増えたとは言えアジア系が中心です。
パリのメトロには世界中の人々が集っています。
パリのメトロに乗って居る乗客もスマホをいじって居るかたも多いのですが、流石に寝ている客は居ません。日本は治安がいいので寝て居られますがパリのそれはスリが大変多いのでそんな悠長な事は出来ません。
しかし私はパリのメトロを利用するのが好きです。
終着駅のフリーパーキングに車を停めてパリの用事を済ませます。
メトロの駅構内や車内で楽器を演奏したり歌を歌って居たりして居て其れも素敵だと思います。
カフェで歩いて居る人々を見て居るのも好きですが電車の中だともっと近くで観察出来るのでとても興味深くメトロを利用して居ます。

日本の其れはアジア人が主ですからそうした楽しみは余り有りません。
一時美しい女性に見惚れたりインド人とかロシア人とか人種の違いを観察するのも楽しみの一つです。
駅のホームもデザインが違って居て其れも素敵だと思って居ます。
パリのメトロは危険な空気が満ちていますが其れに勝る魅力が有ります。
過去、少女の集団に囲まれポケットの中に手を入れられた事も有りましたがそうした事さえ気を付けて居れば楽しみな場所です。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1810291
楊貴妃が葬られて居ると言うお寺がある半島に向かい俵島の夕陽を楽しみました。
山口県で泊まる事も考えましたが、福岡市は大都会交通渋滞が予想されますので日曜日の内に車を走らせました。ギャラリーのある糸島市に着いたのは夜遅くでした。
水彩画家・長尾周二1810292
近くの漁港で泊まりギャラリー・トレドスシエロスの高藤さんと再会しました。
情報交換の後に糸島市の海岸を走りました。
此処は九州の湘南的なオシャレな店やカフェが点在して居ます。
アメリカ人の画家が経営して居る輸入雑貨のお店は中を覗いて見ました。

その後宗像神社を参拝し港から古の出来事を偲びました。
阿蘇山に向かうか引き返すか迷いましたが山口県に引き返す事にしました。

もう少し釣りを楽しみたいと思って居ます。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1810272
朝日や夕日を眺めて至福の一時を過ごして居ます。
先日、有福温泉に行きました。此処は1300年前に天竺から来日した高僧により発見されたと言い伝えがある温泉です。
お湯は若干温いのですが長めの湯槽を楽しむと身体がポカポカスベスベ中々の泉質です。
身体も心もリラックスして自分で釣った美味しい魚を頂いて大変満足して居ます。
明日は山口県萩市方面に走ります。
水彩画家・長尾周二1810271
地域の発展を阻害する要素に「よそ者、若者、馬鹿者と考えて居る人々が主導して居る」と何かの文章で読んだ記憶があります。

私がトヨタ系のカーデザイナーをして居る時にホンダは若者の意見が反映されて居る、トヨタは中々若者の意見が通り難いが道理がしっかりして居ると通る、ニッサンは組合や上層部が牛耳っていて全く若者の意見が通らないと言われて居ました。45年前の話です。
結果はご承知の通りニッサンはルノーの子会社になりました。
何事にも耳を傾けてチャレンジし続ける事が肝要だと思います。
そうした意味で私は今もチャレンジし続けて居ます。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!

水彩画家・長尾周二1810261
車で走って居てこんなに沢山のセイタカアワダチソウが有ったのかと思える位目に付きます。
調べて見ると東京オリンピックの際に日本に入って来たそうです。繁殖力がとても強くて今や秋の風景に為って居ます。
子供の頃には殆ど見た事が無い草です。
そんな風景を眺めながら日本海の旅を続けて居ます。
水彩画家・長尾周二1810262
夜明け前の空を見上げたり海を写生したり夕陽の海を眺めて過ごしたりです。
毎日そうした風景を写生して居ます。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1810251
子供の頃から”魚釣り”と”お絵かき”が大好きで山陰でお魚釣りをして居ます。
一昨日の夜は30センチを超えるメジナが釣れました。夜釣りでしたから何がきたのか分かりません。水面まで上げてメジナと分かりました。
その後もう一度重量感のある当たりが有りましたが取り込めませんでした。逃した魚は大きいと言いますが正にその通りでした。

今日の夜明け前3時位から釣り始め先ず鯵を釣りました。昼釣れている豆アジとは違います。スーパーマーケットで販売しているサイズです。
10数匹釣り上げた後にかなり良い当たりが有りました。25センチ以上のムツでした。高級魚のムツです。歯が鋭いので針を飲み込まれるとハリスが切れます。何度かハリス切れが有りましたが4匹釣り上げました。鍋の中はムツの煮付けです。

明るくなると釣れなくなり調理の準備で水場に行って裁きました。
もちろん美味しい煮付けでランチを頂きました。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

↑このページのトップヘ