水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。

日本に帰国しました
フランスでのブラシューとパリ・マドレーヌ教会での展覧会(独立行政法人・国際交流基金主催の日仏友好160年記念文化交流企画・ジャポニスム2018認定参加企画)およびノワイェ シュル シェール市よりお招きいただいた企画個展が無事終了して、10月2日に日本に帰国しました。国内での活動を再開します。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
・フランスでの展覧会(終了しました)
KOKORO JAPON展(Part.1)

 【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年8月18日~29日 フランス・ブラシュー・ビェールホール(Vieille Halle de Bracieux)


KOKORO JAPON展(Part.2)
【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年9月17日~22日:フランス・パリ・マドレーヌ教会 (Salle Royale de MADELENE)

※Japonismes ジャポニスム2018とは
2018年7月~2019年2月に独立行政法人・国際交流基金ジャポニスム事務局が行なう日仏文化交流事業のイベントです。
参考
Japonismes ジャポニスム2018公式サイト
Japan Expo 公式サイト(日本語公式ホームページ)

2018長尾周二活動記

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
日曜日は蚤の市が有ります。早朝麟太郎さんと一緒にシャトーシュベルニーの街で行われた蚤の市に行きました。思いの外店が多く楽しめました。彼はガラス製のコレクションをして居ますので香水の瓶を買い求めました。私はコーヒーミールと置き時計を手に入れました。
蚤の市は時にお買い得なグッズが有りますので止められません。手に入れた時計は次の機会に紹介致します。

10時前には展覧会会場に着くと建物の下ではマルシェが出ていて其処で音楽の演奏会が開催されて居ました。その為も有って本当に多数の来場者が有りました。
展覧会出品作品の紹介を続けます。
水彩画家・長尾周二1808271
Keiko Kusumoto (楠本恵子)さんの黄色の色を基調した画面に繊細な線でコンポジションされた作品は見る人に新しいイメージを涌かす作品です。其処に淡い紫色の色が加味された抽象画と為っています。大変難しい挑戦を挑んで居ますので今後の展望が楽しみなアーティストです。
今回の

Morliere Hitomi (モーリエール瞳)さんの作品(8月19日の記事の作品写真)は最初に展覧会案内をした際に写真を掲載した作家です。モダンアートを思考して居る作家で偶然の造形を予想して制作して居ます。彼女の名刺を数十枚お預かりし会場に置いていたのですが置く度に直ぐ無くなりましました。。ノートの説明等で関心を持って頂いた方が多数いらっしゃると言うことだと思います。

水彩画家・長尾周二1808272
Shitoshi Uemori (上森司敏)さんはロワール地方で一緒に制作する友人です。在住作家として活躍している油絵作家です。友情出品して頂きました。暑い真夏や菜の花の季節もイーゼルを並べて製作しています。写真のムーランが有る菜の花畑でもご一緒しました。

他の作家の紹介は世界遺産マドレーヌ寺院KOKORO展の際にできればと存じます。
小さなブラシュー・ビエールホールにこんなにも大勢の人が来て頂いた事に驚きと感謝で一杯です。
何度もこの会場で展覧会をして居ますが今回の入場者数は初めてです。
ありがとうございました。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1808252
立て続けにフランス国内の新聞2紙に(一社)アートシップインターナショナルの展覧会記事が掲載されました。

8月23日木曜日に掲載されていたのがLa NouvelleRepublique紙です。
続けて8月24日金曜日に掲載されて居たのがRenaissance紙です。
Vieille Halle de Bracieux(ブラシュー・ビエールホール)で開催中の展覧会記事です。

特にルネッサンス紙の記事はRyunohira Kumikoさんの作品(写真下)とMuromachi Katsuyoさんの紹介と作品写真(8月23日付記事参照)が掲載されて居ます。おめでとうございます。
水彩画家・長尾周二1808251
Ryunohira Kumiko (龍ノ平久美子)さんは九州在住作家です。イメージを溜めて丁寧に作品にして居ます。今回フランスの新聞ルネッサンス掲載作品も同様に思いである庭を描いた物です。数有る作品の中から選ばれた事でもその評価が高い事が伺えます。

掲載されて居る方には帰国した際に新聞が届くように手配致します。楽しみにお待ち下さい。
エレキギターを持参して演奏して頂いた宮崎さんも集合写真に掲載されています。

金曜日の時点で入場者数は400人を超えて居ます。
チャペルでの個展に来て頂いた方も何人も来られています。又、2度3度と再度来られている方も何人かいらっしゃいます。
小さな田舎町の展覧会ですが見識の高さを伺い知れます。

今日ブラシュー・ビエールホールの責任者が再度いらっしゃって喜んで居ました。
アーティストも良く来られて自分の好きな作家の作品を丁寧にご覧に為り絶賛されて居ます。
こうした事が有ると疲れも取れます。後半も会場に居なければなりませんがもうひと頑張りです。
次回に残った作家の感想をかきます。

本来こちらで紹介させていただきたいのですが、新聞記事につきましては、複数ありますので、残念ながら国内のみならず国際的な著作権に配慮する関係で今回は掲載は控えさせていただきます。


La Nouvelle Republiqueの記事(La Nouvelle Republique社オフィシャルサイトより)(2018年8月27日現在)
水彩画家・長尾周二1808253

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1808231
昨日、午後から気温がどんどん上がりそれには合わせる様に来場者が居なくなりました。今日も朝から南風でとても暑くて会場に居るだけで汗が吹き出しました。それでもなお19名の来場者が有り本当にありがとうございます。
上の写真はブラシュー・ビエールホールの外観風景です。

続けて作家の印象です。
水彩画家・長尾周二1808232
Muromachi katsuyo (ムロマチカツヨ)さんの作品は身近な生活を通して得たイメージを作品にして居るとの事ですが台所で調理した際の野菜等を自分の心の中に消化し組み立てて居ます。そうした作品ですが緑の健康的な画面構成はさすがと言わざるを得ません。今後の作品に注目したい作家です。

水彩画家・長尾周二1808233
kujiraoka eriko (鯨岡恵里子)さんは銅版画家です。オーソドックスにコッコッと積み上げた技とイメージが一体となって画面に引き込まれる秀作と為って居ます。

水彩画家・長尾周二1808234
Nagira kouri (柳樂晃里)さんは日本画の作家です。何度かフランスのビジターにこれはどんな絵の具を使ってるのかと質問が来たりあの透き通った表現は使って居る絵の具の為なのかと話が有りました。フランス人はこうした事も丁寧に鑑賞し質問します。会場に居られたら直接色々な事を得られる事でしょう。

毎日フランソワーズさんの館に帰っては居ません。朝夕の美しい風景堪能する事も忘れては居ません。天の川銀河を見上げ朝日の昇るのを草原の中で体感しそれらを写生して居ます。昨日の夕日はとても綺麗でした。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
17日飾り付けの日に4時頃終わって夕方まで3時間弱開けていて18人お見えになりました。18日、19日と両日とも100人超えで平日の今日も51人来場者が有りました。イギリス人やオランダ人、スイス人等バカンスで訪れる観客で賑わって居ます。

今回から出品作品の作品を掲載します。会期中何度かに分けてエピソードを含めて案内致します。
水彩画家・長尾周二1808211
先ずはSaitou ryou (サイトウ良)さんの作品です。
大変レベルの高い版画だと評判です。私も常日頃から日本人作家のレベルは世界的に見てもエッフェル塔近くの日本文化会館館長杉浦が仰る様に高いと思います。そうした中でも印象に残る作品です。
水彩画家・長尾周二1808212
Isio takashi (石尾たか司)さんの裸婦をモチーフにした作品も斬新な視点で表現されて居てオリジナリティが高く見る人に印象的な作品です。

Yamamoto sotarou (山本荘太郎)さんの作品もARTEC会長フランソワーズさんの尽力でParis個展の際に高い評価を得ています。グラフィックの仕事ですがユーモアセンスたっぷりの作品です。
マドレーヌ寺院KOKORO JAPON展の際に作品写真添付します。
水彩画家・長尾周二1808213
Iwsaki Tosenさんの作品はフランスでも人気で昨年のマドレーヌ寺院展でもアメリカ人のデザイナーが買い求めた事でもお分かり頂けると思います。此処数日間でも観客の方は足を止められ鑑賞して居ます。今後の活躍が楽しみなアーティストです。

水彩画家・長尾周二1808214
この都度Parisの大学を終えて新たなる活動を始めるⅯizuguchi rintaro (水口麟太郎)さんはParisの個展の際に美術雑誌インタビュー記事が掲載された新進気鋭のメンバーです。今後も日仏で活躍するアーティストです。光のオブジェが今回の出品作品です。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1808191
旧知の知人友人が多数来て頂きました。65名はその時居たと思います。来場者は100名を超えて居ました。今の時期はバカンスで旅行等で居ない方も多い中,大変有り難いことです。前回の個展の際にいらっしゃった方も何人か来られていました。前市長や副市長の参加もあり盛大に行われました。勿論新聞記者もその中にいらっしゃいました。丁寧に来られた作家やミュージシャンのインタビューをメモに残して居ました。
日本からエレキギターを持参して来て頂いた宮崎さんに感謝です。
水彩画家・長尾周二1808192
麟太郎さんの光のオブジェも人気で早速購入して頂きました。
全体のレベルも高くとても良い展覧会だと多くの方からお褒めの言葉が有りました。

当初フランソワーズさんの企画でこのブラシュー・ビエールホールで,ロワール地方デビューをしました。それがこの地域の展覧会の始まりです。

それから9年目こうして皆さんに支えて頂けるのは本当に嬉しい事です。
とにかくこうして展覧会が慌ただしい中始まりました。
水彩画家・長尾周二1808193

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1808171
車には満載の作品が乗って居ます。数日間準備をしてようやくたどり着くことが出来ました。
銀座ギャラリーJKのメンバー作家作品と共に準備が終わりました。

ARTEC会長フランソワーズさんはメディアや関係者に展覧会案内をメールで送って下さいました。
今回、ベルニーサジュに日本からエレキギターを持参して演奏して下さる宮崎さんの演奏曲その案内も抜かり無く加えての案内送付です。

その宮崎さんご夫婦の旅をサポートさせて頂来ました。
ロワール地方の古城巡りです。
朝一番でシャトーショモンに行きそこで開催されて居た蚤の市を見て回りました。友人のお土産にリモージュ等の商品を買い求めて居ました。
水彩画家・長尾周二1808172
その後親しくさせて頂いて居るシャトーモントレゾーに向かいました。
フランスの美しい村で2位に選ばれた事もあります。

そのシャトーの城主 ・コンスタンチーノさんを紹介し観光のシャトーは勿論普段のお住まいの部屋にも案内して下さいました。シャトーシュノンソー、シャトーアンボワーズ、最後にバンドームの街を巡りフランソワーズさんの館に帰って来ました。

家族でディナーを頂きフランスを堪能して頂きました。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1808141
朝、30号のパネルを車に積み込みパンとイワシの缶詰のランチを持ってシャトーショモンの南に車を走らせます。
バカンスシーズン、キャンプ場はキャンピングカーで賑割って居ます。シャトーを右手に見ながら橋を渡り坂を走り抜け右折すると広大な向日葵畑が現れます。
お気に入りの場所に駐車して制作の準備です。
こうして大自然の中で一日中空を見上げたり光り輝く風景を感じながら制作する事が至福の一時です。
しかし、向日葵は大変難しいテーマの一つで天才のビンセント バン ゴッホに代表される位しか思い出せない花です。
長年にわたりこれでもかと挑戦してきましたがそれでも思う様に行きません。
花の一番綺麗な時は直ぐ終わります。ですから毎年描いて居ますが枚数は意外と少ないです。
一番暑い季節ですから暑さに負けて連日の制作が出来ない事もあり作品数が伸びません。
四国で今年6月制作した際には農家の方が日射病にならない様に麦わら帽子を貸して頂いた位でした。
紫色も難しい色ですが黄色い色は特に奥行き感を表現するのが大変な色です。
絵は理屈で描いてもつまらないので泣き言は言わずにひたすら筆を走らせる事にしています。
下の写真は建物が面白かったので写しました。ブロァの図書館が有る建物です。
水彩画家・長尾周二1808142

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1808111
朝の気温が下がり13度と表示されて居ました。暑くて野外での制作が難しかったのから一転早朝は肌寒い日と為りました。昼には快適な高原に居る様な気候でした。
直ぐに又、暑い日が続くと天気予報が出ていますので灼熱の夏が戻って来ます。
未だ全て展覧会準備が終わった訳では有りませんが野外制作は気持ちの良いものです。30号のパネルを2枚作り水張りをして準備をしました。
持っていたキャンソンのペーパーは使い切り買い出しに行かないと有りません。
水彩画家・長尾周二1808112
はやる気持ちを抑えて現場に着きました。殆どの向日葵畑の開花は終わって居てこの畑は今盛りです。
先日、蚤の市が有る村をナビゲーションに入れて走りこの畑を見つけました。
日本でも2枚描いたのですが此方でも制作出来るとは思っても居ませんでした。長年にわたり向日葵を描いて居ますがこれがなかなか難しい代物で今回も気に入った作品には仕上がりませんでした。
明日も同じ向日葵畑に向かうつもりです。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1808091
前回の個展は参加人数の予想が外れてベルニーサジュの飲み物やつまみが不足気味でした。ブラッシュ市ビエールホールは過去に何度も開催していますので間違いがない様に準備を進めています。
又、ベルニーサジュの際に日本よりギターを抱えて演奏する為に来ていただく事に為って居ます。
その宿泊先の鍵も預かって来ました。
水彩画家・長尾周二1808092
そうした中で待ち時間が有ったので作品を描きたいとスケッチブックを用意しました。
館で展覧会準備の為に筆一式とパレットを置き忘れて来ました。
それでも尚描きたいので筆の代わりに割り箸の先を歯で噛み砕き使いました。
初めての体験でしたが楽しく仕上がりました。
そろそろ大きな作品に手を付けたいと思って居ます。
写真の花の絵が割り箸で描いた作品です。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1808061
銀座のギャラリーJKよりお預かりした5人の作品を始めメンバーの作品を額装したり点検したりどう対処するか考えています。
版画家の作品は全て額装する事にしました。早速手持ちの額縁とARTEC会長フランソワーズさん手持ちの額縁とで額装を始めました。斉藤良さんの作品はアクリル板をカットして油絵の額縁を版画様に作り変える事にしました。
今日の作業は此処までとして明日取り掛かります。
水彩画家・長尾周二1808062
モリエール瞳さんの作品もS30号なのでパネルを作るか私の持っているキャンバスにするか検討します。
日本も酷暑で大変のようですが地中海側には同様に熱波が入り森林火災が多発して居るとの事です。あまりにも暑いので此処数日は日中は外出せず室内作業をして居ます。
特に裏屋根部屋は深夜になっても暑くて困っています。
この館に冷房設備は当然有りません。
夏でも時にセーターが必要な時が有る位ですから本当に異常です。
水彩画家・長尾周二1808063
明日、日曜日は蚤の市が有る日ですから早朝に二箇所位回って楽しみたいと思っています。

↑このページのトップヘ