水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルも含め画像・文言はサイト制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。無断での転用・転載を固く禁じます。

水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
・2020年4月29日~5月10日
日仏文化交流展Part1「アートの散歩道・パリー群馬安中」:群馬県安中市の旧松井田西中学校
【後援:外務省、安中市】
・2020年6月23日~28日
日仏文化交流展Part2「アートの散歩道・パリー瀬戸内」:愛媛県美術館

・2020年8月28日~9月8日
長尾周二企画個展:フランス・ブラシュー・ビエールホール
・2020年9月21日~9月27日
KOKORO JAPON展2020:フランス・パリ・マドレーヌ教会


安中および愛媛展覧会の出品者募集
※出品料は1.5メートルで安中のみが1万円、安中・愛媛に出品が1万5千円予定です。
※いずれもまずはサイト管理者へご一報お願い致します。詳細はご相談ください。
電話09033175672の千田(せんだ)まで。またはメニューバー等のメールフォームからご連絡お願い致します。

【重要】新型コロナウイルス肺炎について(2020.2.26付)
イベントの中止や順延が相次いで居ます。私達も社会の状況や動向で関係者と相談しなければいけない時が来るかも知れません。今は 最善を尽くして対処したいと思って居ます。
一般社団法人アートシップインターナショナル  理事長 長尾周二

2019年長尾周二活動記

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾1周二1910222
火曜日は「即位の礼」の為に祝日と為って居ます。
紅葉が重なりその為か月曜日にも関わらず軽井沢は車が溢れて居ました。
嬬恋村迄走って写生する場所を探しましたが深い霧に包まれ浅間山は見られませんでした。
やっと駐車可能な場所で 写生出来ました。

軽井沢市街地は本当に車が溢れて居ていたる所で渋滞が起きていました。
天気予報はまた雨と言う事でしたので碓氷峠を駆け下り安中市に入りました。
余り混雑した場所は好きでは有りませんので静かな場所に落ち着きました。

激しい雨でしたが朝、24時間営業のスーパーマーケットに食料を調達しに行って来ました。
その際絵になる場所を見つけたので機会が有れば制作したいと思って居ます。
水彩画家・長尾1周二1910221
花も 然り紅葉や雪景色も美しければ美しいほど 表現する事が難しく厄介なモチーフです。
長年絵筆を持っていても益々難しくなり思う様に表現出来ません。
今も妙義山を眺めて過ごして居ますが中々絵に為りません。

昼食はカボチャを煮て食べました。煮物は良いですね。
夕飯はそのカボチャの煮物とおにぎりです。
12時です、雨が止んで居ます。
横に流れて居る川は水量が多いですね。


※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾1周二1910211
昨日は浅間山が望める田圃の真ん中で一日過ごしました。
晴れて居たのですが雲で時々隠れてしまって描いて居るより待って居る時間が長かった様な1日でした。 日曜日でしたから当然観光客が押し寄せて居ると判断して農作業を眺めながら過ごしました。
水彩画家・長尾1周二1910212
今日は其処から浅間山、鬼押し出し方面に走り紅葉を描きたいと思って居ます。
走っては止まり走っては探しと気が付いたら群馬県嬬恋村迄来てしまいました。
相変わらず朝から霧が出て山は望めません。
水彩画家・長尾1周二1910213
やっと紅葉の綺麗な場所で停まり制作です。
10時で気温10度、鮮やか染まった木々が有ります。
フランスの紅葉は殆ど黄色く為りますが日本の紅葉は格別です。
月曜日ですが車は祭日並みに走って居ます。
又、静かな場所に避難して過ごす様ですね。


※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾1周二1910193
朝9時に地元の物産を売って居る道の駅でお焼きやリンゴを買って小川の湯で温まり軽井沢に向けて走りだしました。 大好きな小川村で見られる風景を後にしました。

長野市は堤防決壊と今回の台風19号の被害が甚大で、コンビニで止まっていたトラックの荷台にも災害救援物資が積まれて居ました。
水彩画家・長尾1周二1910192
黒姫山や妙高山の写生にとも思いましたが、被災地を通過しなければ為らないので軽井沢に決めました。
知人のリンゴ園に行く事も考えましたがこうした一種緊張感が有る地域から離れる事にしました。
当然ながら地元のメディアは災害情報を流しています。
軽井沢に向かい走り出して暫くすると激しい雨が降り出しました。
災害の後又雨、大変です。
そうした思いを抱きながら軽井沢に着きました。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾1周二1910182b
標高の高い所から色付き始め毎日写生を続けて居ます。
同時に歴史遺産や逸話も興味を持って地元の方々に話をお伺いしなが巡っています。
水彩画家・長尾1周二1910181
今日は村の温泉小川の湯に入って寛ぎました。
此処は来る度に利用させて頂いて居ます。
身体が温まり旅の疲れも取れます。
冷泉沸かし湯だそうで薪を使って居ると話されて居ました。

午後から戸隠神社信仰遺構群を訪ねました。戦国時代の遺物ですね。
この場所の近くから縄文中期の遺跡が出たそうです。
そうした事を見聞きするのも旅の楽しみです。
徳川家康に繋がる歴史秘話も有ると聞きました。

人口二千数百人の小川村、未だ未だ興味深い話が有りそうです。
写生を続けながらそうした事も楽しんで居ます。
勿論毎日林檎を齧りながら過ごして居ます。


※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾1周二1910171
台風で被害に遭われた方々には心からお見舞い申し上げます。

テレビニュースでは台風19号の悲惨な映像が流れて居ます。
多摩川で見たような激流が各地で猛威をふるい、災害の怖さを目の当たりにして居ます。
水彩画家・長尾1周二1910172
やっと色付いた木を見つける事が出来ました。
今年は紅葉が遅れて居ます。
気温は10度以下に下がったので数日経てば最と美しい風景が見られると思います。
長野県小川村・
大洞高原標高1000メートルで、昨夜から白馬連山を眺めて過ごして居ます。
今日の夕陽はイマイチでしたが、一部は夕焼けが綺麗に染まりました。
今は暗くなって北アルプスの風景も望めません。

今日、夕方フランスのフランソワーズさんに電話して日本の展覧会進捗状況を報告しました。
そうした事務的な事もこなしながら毎日制作して居ますが中々思う様に描けません。
毎日時間が有れば筆を持つ様にして居ますが難しいですね。
天候が安定すれば大作も、と考えて居ます。
車には80号パネルを4枚積んで居ますので機会が有ればチャレンジします。

明日は曇りだそうですから朝起きて様子を見てから行動です。
小川村村営の温泉に入りたいと思います。


※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾1周二1910162
途中、軽井沢から浅間山が見えるのではと期待して居ましたが雲に隠れて残念ながら写生する事が出来ませんでした。 もし見えて居たら其処に留まるつもりでした。
水彩画家・長尾1周二1910161
長野の友人に東京から安否状況を確認済みで長野に向かいました。
途中、千曲川堤防に止めて休憩しましたが、其処の対岸の堤防は大きく抉られ大変危険な状態でした。 台風の爪痕は恐ろしいものでした。

友人の事務所で外務省提出書類原稿をプリントアウトし、家族が経営するカレー専門店で夕食を頂いた後、小川村を目指しました。

此処から見る北アルプス白馬連山は私の大好きな場所です。
何度となく小川村や白馬連山、戸隠山、黒姫山、妙高山周辺を写生して居ます。
ノーマルタイヤですから天気が良い金曜日には山を降りて安全な場所に向かうつもりです。
この季節は何時初冠雪が有ってもおかしくないので危険です。
紅葉は描きたいし、、、、。

軽井沢を通過する時、温度計が10度と表示して居ましたので夜は10度以下になります。
寒さ対策は万全ですから問題有りません。
余談ですがその10度迄下がると紅葉が始まります。

食事をしながら小川村の事を話されて居たので益々興味が湧いてきました。
人口二千数百人の村が未だに合併せず居る事も・・・。


※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾1周二1910141c
見た事も無い土砂混じりの激流が流れて居ました。
台風一過で快晴、富士山が近くに感じました。
快晴の多摩川河畔で感じたままに筆を走らせました。
水彩画家・長尾1周二1910142c
その日の1時半、友人と渋谷で会って銀座ギャラリーGKに行きました。展覧会に出品して居る作品と旅行カバン二つを持ち帰りました。

多摩センターに駐車して居る車を走らせその日の内に群馬県安中市に向かいました。
途中、台風の為に1箇所片側通行に為って居ました。

旧松井田西中学校下にある麻苧滝の駐車場で寝て朝、天苧滝等を見学しました。
その後妙義山を2枚写生してその日は櫻井さんとお会いして車に積んで居る荷物の一部を預かって頂きました。特にファンヒーターは灯油の匂いがして居て車内で寝るのに不快でした。
これで秋の風景を描く事が可能です。

※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾1周二1910121
金曜日は多摩丘陵に車を停めて様子を見て居ました。
仮眠を取って目が覚めたら激しい雨が降り出し多摩センター駅近くの駐車場に避難しました。午前2時位です。知人の駐車場でしたが野外でしたから朝になり雨風がより強く為って朝7時過ぎに立体駐車場に避難しました。

もう駐車料金より安全を確保する事が第一です。
このビルに入って居るテナントも殆ど休業していました。サンリオの遊園地も休業でした。
朝、雨風が弱まった頃コンビニが開いて居たので食料を調達しました。
その後は車の中で台風をやり過ごして居ます。

先程午後7時位、伊豆下田に台風19号が上陸したそうです。
外は風雨がより強まって居ます。
この状況で野外に駐車して居ると危険極まりないと早くから判断して立体駐車場に逃げ込みました。これから関東に近づいて来ますので今はホッとして居ます。
車の中は南風でサウナ状態、汗を拭いても拭いても出て来ます。
何人から電話があり状況を心配して下さいましたが建物の中ですから何の心配も要りません。
唯、ラジオやテレビが受信出来なくて携帯電話で情報を得て居ます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾1周二1910111
車上生活で一番困るのが極端な気象です。
朝、起きたら雪に埋まって居て車のドアが開かなく少しづつ押してやっと開けたり・・。

台風で思い出すのが20年前だったでしょうか、秋田県男鹿半島の入道岬で台風に遭遇した事が有ります。
明るい内は岬の高台から波濤を描きました。風が強く吹いて来る方向に車を向けて駐車、其れでも車は揺れ続けます。夜は学校の校舎横に駐車して朝を待ちました。丸一日、車は揺れ続けお陰で船酔いしました。

明るく為って鳥海山に向かい走り出したら一抱えは有ろうかと思われる大木がバタバタと倒れ道路を塞いで居て通行出来ませんでした。
開通したのは其れから2日後でした。その後鳥海山で写生中過労で倒れ2日間動けませんでした。
絵を描いて居て強い目眩が起こり車に画材を仕舞ってそのまま車の中で動けなく為った訳です。
極度の緊張と疲労の為と判断して安静にし体調を取り戻し旅を続けました。

今回の台風で土曜日友人と会う約束して居たのですが日曜日に変更しました。
日野市の川久保さんの駐車場から立体駐車場に移動してやり過ごす予定です。
そうした経験が生きて居ると思います。
友人と打ち合わせをしその後、安中市に向かう予定です。


※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾1周二1910091
先ず松山市で出会った中野整さんそば処迎賓庵のオーナーです。
店は普通の構えで特別変わっ風でも有りません。
ところが一歩店に入ると世界の巨匠が描いた作品がこれでもかと狭い店内に展示されて居ます。
マリー・ローランサン、ベルナール・ビュッフェ、アイズピリ、佐伯祐三等松山市の蕎麦屋に展示されて居るのには違和感を感じる位の高額な作品群でした。

展示作品だけでも数千万円する作品ですから億を超える購入金額になる作品群です。
話をお伺いするとやはりコレクション価格はビックリ!する位の物でした。
バブル期前に購入した価格もあるそうで随分授業料を払いましたね。
と言うと本人も納得して居ました。

美術品は造る作家にもコレクターにも眼力や高い教養が必要です。
其れを養うのに一番早道は身銭を切って購入する事です。
此処まで収集するとそうした話も笑す顔で話せます。
松山市に行かれた際には是非お立ち寄りい下さい。

東京に着くと日野市の民間駐車場に車を停めています。
そのオーナーの川久保さんとも親しくさせて頂きお会いした際は世間話をします。
その駐車場は新撰組に縁のある場所の近くでモノレールの満願寺駅横で利用するにも大変便利です。
そこで土方歳三の話が出て彼は四国から来たと言う話が伝わって居るそうです。
人々と交流を深めて情報を交換する事で思わぬ事が起こります。
昨年だったか川久保さん宅に日野市副市長が訪ねて来た際に紹介して下さった事もありました。


※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

↑このページのトップヘ