水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
・KOKORO JAPON展
2019年9月15日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
主催:(一社)アートシップインターナショナル
後援:在仏日本大使館
日本人アーティストによる展覧会(合計19名出品)
詳細はこちらをご覧ください
長尾周二・KOKOROJAPON展20191
その後の展覧会予定
・2020年5月
日仏文化交流展1(仮称):群馬県安中市文化センター&廃校グランド
・2020年6月23日~28日
日仏文化交流展2(仮称):愛媛県立美術館
・2020年8月28日~9月8日
日仏交流展3(仮称):フランス・ブラシュー・ビエールホール
KOKORO JAPON展2020

2019年長尾周二活動記

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1905101
愛媛県庁にて
先ず9時前に宮崎さんが松山国際ホテルに迎えに来て頂いて先ずFM愛媛のスタジオに入りました。パーソナリティーの高橋真実子さんのスタジオに招かれて収録しました。
水彩画家・長尾周二1905103
FM愛媛本社
水彩画家・長尾周二1905102
放送収録時の様子※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
放送は13日午前10時から10時30位の中で放送 される予定です。
私・長尾周二とフランソワーズ・イカールさん(ARTEC会長ー欧州造形美術振興協会)、通訳の 長坂さんが出演しました。 砥部での展覧会開催迄の経緯や展覧会の見所などをお話ししました。

収録が終わると愛媛県県庁に表敬訪問しました。
知事は不在でしたが副知事が公式に出迎えて頂き県庁の関係者や愛媛新聞記者など10人ばかりの方々が歓待して下さいました。
同様に愛媛県砥部での展覧会開催に至る経緯や長年地域振興に尽力されている矢野さんの企画に協力した事を報告しました。
水彩画家・長尾周二1905104
※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
愛媛県はジュースで有名ですからお茶の代わりにジュースがでました。
又、お土産には今治タオルを頂きました。
午後には展覧会会場に行って飾り付けの点検をして1日が終わりました。
明日はオープニングセレモニーが待って居ます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1905091
夜、ウエルカムディナーが松山国際ホテルで開催されました。
参加者は通訳をして下さる長坂さん、FM愛媛社長佐野さん、宮崎さん、ARTEC(欧州造形美術振興協会)・会長のフランソワーズ さん、砥部のギャラリーオーナー矢野さんが参加されて行われました。(写真下)
水彩画家・長尾周二1905092
今回の企画が偶然な出会いの積み重ねで開催する事に為りました。
皆さんが地域振興に思いを一つにして短時間でしたが協力して進められました。

会食中にもFM愛媛のアナウンサーから明日の収録は楽しみにして居ますと連絡が入りました。
和気藹々の中親睦を深める事が出来ました。
明日はFM愛媛のラジオ収録の後に愛媛県県庁に表敬訪問します。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1905061
島根県で竿を出し成果が殆ど無く広島県呉市でグチとメバルを釣ってしまなみ海道を走り愛媛県にはいりました。
佐多岬で夜釣りアジを20数匹釣りました。
ついでに投げ釣りでアナゴが1匹、次の日昼寝をしてから釣りを始めました。
干潮が終わり潮が動き出したらクロダイが釣れました。
水彩画家・長尾周二1905062
日本海側はコウイカやアオリイカが釣れて居ましたがクロダイは殆ど釣れて居ませんでした。
しかも連休中魚より釣り人の方が多い位でした。
広島県呉市でも同様で地元の方も釣れて居ないとお手上げでした。

流石に愛媛県です県内各地でクロダイが釣れていると聞き粘りました。
待望の一匹です。

昨日は松山城や萬翠荘を見学、軽い山歩きをしました。
標高130メートルチョイの山城です。

ソロソロ仕事です。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1905021
アートシップ インターナショナルのメンバーに作品を返還して日本海で釣りをして居ます。
しかし少し水温が低いのか潮回りが悪いのか 釣れません。
風景を眺めているだけでも幸せです。

岡山県から米子経由で安来市にいらっしゃる柳樂さんとお会いし作品を届けました。
県境の山は標高700メートル位有って山桜が咲いて居ました。
車窓からそうした風景を楽しみ日本海につきました。新緑が眩しい位輝いて居ます。

車には愛媛県砥部で展示する作品を積んで居ます。
この後、広島県尾道市からしまなみ海道を通って松山に向かいます。
明日も釣竿を出してみます。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1904291
やはり筆を持ち野山で写生したいですね。
気持ちは。此処に在らずです。
画廊ほのほと美術館の掛け持ちで些か疲れ気味ですが、
作品をご覧に為った方々と新しい出会いが有ります。

皆さんから展覧会の作品をご覧になってお褒めの言葉を頂いて居ます。
又、新しい友人をご紹介頂いたりと活動の幅が広がり嬉しく思って居ます。

9月Parisのマドレーヌ寺院のKOKORO JAPON展に東京銀座ギャラリーGKよりご紹介頂いた作家12名と高松で出会った作家合わせて13人の方が出品して頂ける事が決まりました。
そしてその中から5人がParis展に来られると連絡を頂きました。

コツコツと積み重ねて来た事が形に為って居ます。群馬県の件も名誉会員の佐藤門哉さんの尽力も有り進めて居ます。
5月9日にはフランスからARTECの会長フランソワーズさんが来日されます。
10日は愛媛県県庁表敬訪問、エフエム愛媛出演。
11日オープニングと続き、その後東京に一緒に向かいます。
1日1日と全力で対処して居ます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展c1
先ず日本画家の柳楽晃里さんの作品です。藤の花を描いて居ます。 (上の写真)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展c2
バイクが描かれて居るのはフランスを代表する現代美術の巨匠・ベルナール ロルジュの作品です。
明るい色彩の作家はphilippe BRISSONさんです。(上の写真・右)

大西・アオイ記念館・日仏国際交流展c3
円形の作品はroly STECKさんです。(上の写真・左)
真ん中の作品はmagali LEONARDさんです。
ニケと円盤投げのモチーフを描いて居るのはdanielle GACHETさんです。
(上の写真・右)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展d1
黒い人物像が描かれて居るのはviviane ortiz MAUSKEさんです。(上の写真・左)
顔を描いて居る2作品はchristine GAUTHERONさんです。
(上の写真・中と右)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展d2
キッッキが描かれて居る作家はconstance BERGERさんです。(上の写真・左)
海で泳姿の作品はdanielle BAILLY–SALINSさんです。(上の写真・中)

風景画2点を描いているのはlucien MELOUさんです。
(上の写真・右)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展d3
黒で描かれて居るドローイングは醍醐イサムさんです。(上の写真・左)
グレーが基調な作品はverena von LICHTENBERGさんの作品です。
(上の写真・中と右)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展E1
青を基調した2点の作品はjean–louis BIGOTさんです。(上の写真・左右)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展E2
黒の中に人物像が有る作品は斎藤良さんのリトグラフです。(上の写真)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展E3
青の作品は地元香川県の作家モーリエール瞳さんの作品です。(上の写真)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展f1
荒井弘子さんの作品です。心の深層を抉り出す秀作です。 (上の写真・左右)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展・作品写真
点描表現の作品はmichel MAURYさんです。(上の写真)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展f3
イーゼルに置かれた作品は鯨岡里子さんで5点の連作となっています。(上の写真)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展g1
水口麟太郎さんはグラスファイバーを使ったオブジェを制作、写真に撮った物です。(上の写真)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展g2
青の作品は斎藤良さんの作品です。(上の写真)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展h1
TOSEN IWASAKIさんの作品です。(上の写真)
数字の一から順番に表現した作品で斬新な表現となって居ます。

大西・アオイ記念館・日仏国際交流展I1
黒と赤で表現されて居る作家はanic PICARDさん(上の写真・左)
黒い基調の作品はARTEC会長のフランソワーズ イカールさんのフェイスシリーズの作品です。(中)
黄色が入ったコンポジションの作品はmoller PHILIPPEさんです。
(上の写真・右)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展I2
3点続きの作家はcaussin BELLONさんです。(上の写真)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展I3
パステル画3点はlaure DEVYさんです。(上の写真)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展g3



最後に長尾周二桜の風景画です。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二190422個展・珈笛画廊ほのほ1b
香川県高松市四国新聞社西横に在る画廊ほのほでの個展が始まりました。
丁度日仏国際交流展の会期と重なる様になりました。
水彩画家・長尾周二190422個展・珈笛画廊ほのほ2b
出品作品は20点で落ち着いた雰囲気の中で展示出来て居心地の良い空間に為りました。
早速友人知人が駆けつけて頂き有難い限りです。
水彩画家・長尾周二190422個展・珈笛画廊ほのほ3b
フランスの作家ポールさんもご紹介して此処で企画展をして頂ける様に為りました。
こうしたネットワークが広がり文化活動が少しずつ根付いて本当の国際交流が始まっています。

来月の愛媛県砥部での企画展もそうした一環で形になって嬉しく思って居ます。

明日はポールさんが高松からフライトし帰国ですが、来月直ぐ今度はARTEC(欧州造形美術振興協会)会長のフランソワーズ・イカールさんが松山にいらっしゃいます。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
長尾周二・日仏国際交流展4
上の写真は黄色が主な作家は楠本恵子さんです。
長尾周二・日仏国際交流展5
次の写真は左から、人体を表現して居る作家は石尾たか司さん、花を表現して居る作品は藤倉春日さんです。

これ等の作品は銀座ギャラリーGKよりご紹介頂いた作家です。
皆さん表現は違いますが見応えのある作品です。
ご覧に為った方々は高松市では観られない秀作だとお褒めの言葉を頂いています。
こうして現代フランス作家との交流展は見る側にとっても又とないチャンスだと思っています。

他の作家や作品も近日中に紹介させていただきます。

長尾周二・日仏国際交流展6
チャリティーボックス(有志の方々:写真撮影および掲載の許諾済)
また美術館の館長がノートルダム大聖堂の火災に対してお見舞いの言葉を掲示して下さいました。其れをご覧に為ったお客様がチャリティーボックスは無いのかと言われ急いで製作しました。すると早速寄付をして下さって居ます。

3.11東日本大震災の際はフランス国民からチャリティー展覧会に多くの寄付を頂いた経緯が有ります。そうした事も有ってチャリティーボックスの設置となりました。

寄付を頂いた方々その心根に感謝致します。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1904151大西・アオイ記念間・国際交流展
明日から展覧会が始まります。
フランスから来日したポールさんと高松市在住のモーリエール瞳さんと3人で作品の展示を進め飾り付けが終わりました。

美術館の館長から「展示した作品群を見て高松市ではなかなか見られない秀作とフランスの香りがする素晴らしい展覧会に為った」とお褒めの言葉を頂きました。
水彩画家・長尾周二1904152
フランスからの作品は捲りで持って来ましたからパネル作りや額装が必要です。
其れ等の事を数日掛けて準備しました。
材木やアクリル板、材料を買って加工し展示迄たどり着きました。

三宅参議院議員から祝電も届きました。

愛媛県松山から宮崎さん等が明日来られると電話がありました。
この作品群の半分くらい砥部のギャラリーに展示します。
そうした事も有りご覧になる為にいらっしゃ居ます。

作品を見て頂く事が文化交流の第一歩だと常日頃から考え実行して居ます。
文化の発信は先ず観て頂く事からです。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1904131かずら橋
どうやらポールさんは高い所が苦手の様で、かずら橋を渡り終わるまで渓谷を観ずに渡りました。
吊り橋のかずらを離さず渡って居ました。
勿論高松市から100キロ以上走って山又山の道を走り辿り着きました。
日本の春、山の空気も色彩も堪能して頂きました。
吉野川の大歩危小歩危の渓流も堪能しました。
昼は勿論祖谷蕎麦を頂きました。
水彩画家・長尾周二1904132
※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
13日はフランス作家の作品を額装しました。
一日中頑張りましたが時間が足りず家に持ち帰りアクリル板をカットして作品を保護します。
材木やアクリル板を買って作品展示しやすい様にしました。

食事もご一緒していますが毎日違うメニューと店を探しています。
天ぷら、うどん、トンカツ、牛丼、寿司とお世話しています。

↑このページのトップヘ