水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
・SHUJI NAGAO(長尾周二)とゴゼ・リマーデ二人展
2019年8月18日~28日

フランス・ブラシュー・ビエールホール
水彩画家・長尾周二とセネガル共和国の画家・ゴゼ・リマーデの二人展です。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

・KOKORO JAPON展
2019年9月15日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
(一社)アートシップインターナショナル主催の日本人アーティストによる展覧会(合計19名出品)
KOKOROJAPON展20191

ギャラリーGK

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1902241
オーナーの星野さんと再会し、打ち合わせを進めました。
四国高松での展覧会出品作品を月曜日に取りに銀座迄行く事に為りました。
火曜日は歯医者さんの予約で治療です。1時間半取って頂きました。
被せ物がとれた歯の仮歯は東京に着いて直ぐ付けて頂きました。
水彩画家・長尾周二1902242
アートシップインターナショナルメンバーや名誉会員の佐藤門哉さんと会う約束をしました。
東京での滞在中は歯の治療とアートシップインターナショナルの活動が続きます。

今回の作品は東京府中市の多摩川河川敷から描いた富士山です。
府中市在住中は良く此処で写生した場所です。
今後も此処で制作出来ればと思っています。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1812181
先ず上野でNPO法人現代美術普及協会の楠本恵子さんとお会いする約束でお伺いしました。

今夏フランスで2回開催した私が理事長を務める(一社)アートシップインターナショナル主催の展覧会(ジャポニスム2018認定)に出品して頂いたアーティストです。
そうしたらちょうどそこにNPO法人の理事、会員5名がいらっしゃって居て、フランスでの活動を協力しながら進めようと言う方向で話が進みました。

銀座ギャラリーGKの星野さんが強力に後押ししてくださっての事です。

日本のアーティストやギャラリストもまだまだ捨てたものではない鼓動を感じました。

会合が終わってギャラリーでのオープニングパーティーやギャラリスト、アーティスト、評論家と数々の方々を紹介して頂きました。ギャラリー4ヶ所回ってご一緒して頂きました。
水彩画家・長尾周二1812182
高松で名刺300枚印刷してその内15枚位持参して居たのですが無くなり皆さんと名刺交換が出来ませんでした。
青年時代銀座のギャラリーで個展を重ねて居た事がありワクワクしながら個展やグループ展を拝見しました。
楠木さんとは7時間位ご一緒してわかれました。

新宿でスケッチブック3冊と無くなった絵の具を補充して駐車場に戻りました。
夜は車を走らせ和光市にある温泉、極楽湯で疲れを取りました。東京の黒湯と言われる独特の温泉でした。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1810132
増田氏
画家・増田常徳さんの作品を拝見して

「常徳さんの作品は大変インパクトのある作品で永年に渡り自分自身の心象に正直に立ち向かっている姿が感じられます。
佳作は心に染みる何かが感じられる作品である事は勿論ですが大きさや奥行き技術やテクニックを超えて見る側に感動を与えます。
その上でもう一皮心の余裕とか無意識に動く筆を良しとしない姿勢が高い次元に到達するのではと感じました。
帰国前に親しくさせて頂いているシャトーモントレゾーで拝見したフランドル地方の作品に通じる完璧さを求めつつ励む姿を反映する作品群は今後どう進化するか大変楽しみな作家です。」
                                                  長尾周二

その後で銀座ギャラリーGKにジャポニスム2018認定展覧会に出品して頂いた作品を返却しに行って来ました。
今後も才能ある作家を応援して下さる姿勢はギャラリストとして本当に敬服します。

水彩画家・長尾周二1810131
上の写真の作品は長尾周二の作品です。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二180717
国際交流もある意味大変で作家の為日本国の為と覚悟が無いと心が折れそうに為る時も有ります。今回の旅行カバンの中身は殆どが作家の作品で着替えの下着が数枚です。フランスに少し有りますから何とか為りますが数日ワイシャツは着た切り雀です。

今日は成田空港で仮眠を取り明日朝、Parisに向けて出発です。
相変わらず質素な生活で昼は銀座でリンガーハットでちゃんぽんを頂きましたが夜はローソンのそうめんとおにぎりで済ませました。

時々魚釣りをして新鮮な刺身や煮魚、焼き魚と楽しんで居ますから不自由を感じた事は有りません。
絵の具の補充も忘れては行けませんから荷物に加えました。
フランスは消費税が20パーセントですから絵の具も高いので日本で補充しています。
そうした色々な事にも気を配りますが毎回何か忘れる事が有ります。
以前は旅行カバン二つ46キロとリュック10キロを持って移動しましたが今回はそこまで重さは有りませんが右腕が筋肉痛です。
体力の衰えは隠せません。
有り難い事に色々な人が協力して下さって事が進んで居ます。
心より御礼申し上げます。

↑このページのトップヘ