水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。

日本に帰国しました
フランスでのブラシューとパリ・マドレーヌ教会での展覧会(独立行政法人・国際交流基金主催の日仏友好160年記念文化交流企画・ジャポニスム2018認定参加企画)およびノワイェ シュル シェール市よりお招きいただいた企画個展が無事終了して、10月2日に日本に帰国しました。国内での活動を再開します。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
・フランスでの展覧会(終了しました)
KOKORO JAPON展(Part.1)

 【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年8月18日~29日 フランス・ブラシュー・ビェールホール(Vieille Halle de Bracieux)


KOKORO JAPON展(Part.2)
【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年9月17日~22日:フランス・パリ・マドレーヌ教会 (Salle Royale de MADELENE)

※Japonismes ジャポニスム2018とは
2018年7月~2019年2月に独立行政法人・国際交流基金ジャポニスム事務局が行なう日仏文化交流事業のイベントです。
参考
Japonismes ジャポニスム2018公式サイト
Japan Expo 公式サイト(日本語公式ホームページ)

ギャラリーGK

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1810132
増田氏
画家・増田常徳さんの作品を拝見して

「常徳さんの作品は大変インパクトのある作品で永年に渡り自分自身の心象に正直に立ち向かっている姿が感じられます。
佳作は心に染みる何かが感じられる作品である事は勿論ですが大きさや奥行き技術やテクニックを超えて見る側に感動を与えます。
その上でもう一皮心の余裕とか無意識に動く筆を良しとしない姿勢が高い次元に到達するのではと感じました。
帰国前に親しくさせて頂いているシャトーモントレゾーで拝見したフランドル地方の作品に通じる完璧さを求めつつ励む姿を反映する作品群は今後どう進化するか大変楽しみな作家です。」
                                                  長尾周二

その後で銀座ギャラリーGKにジャポニスム2018認定展覧会に出品して頂いた作品を返却しに行って来ました。
今後も才能ある作家を応援して下さる姿勢はギャラリストとして本当に敬服します。

水彩画家・長尾周二1810131
上の写真の作品は長尾周二の作品です。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二180717
国際交流もある意味大変で作家の為日本国の為と覚悟が無いと心が折れそうに為る時も有ります。今回の旅行カバンの中身は殆どが作家の作品で着替えの下着が数枚です。フランスに少し有りますから何とか為りますが数日ワイシャツは着た切り雀です。

今日は成田空港で仮眠を取り明日朝、Parisに向けて出発です。
相変わらず質素な生活で昼は銀座でリンガーハットでちゃんぽんを頂きましたが夜はローソンのそうめんとおにぎりで済ませました。

時々魚釣りをして新鮮な刺身や煮魚、焼き魚と楽しんで居ますから不自由を感じた事は有りません。
絵の具の補充も忘れては行けませんから荷物に加えました。
フランスは消費税が20パーセントですから絵の具も高いので日本で補充しています。
そうした色々な事にも気を配りますが毎回何か忘れる事が有ります。
以前は旅行カバン二つ46キロとリュック10キロを持って移動しましたが今回はそこまで重さは有りませんが右腕が筋肉痛です。
体力の衰えは隠せません。
有り難い事に色々な人が協力して下さって事が進んで居ます。
心より御礼申し上げます。

↑このページのトップヘ