水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
・KOKORO JAPON展
2019年9月15日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
主催:(一社)アートシップインターナショナル
後援:在仏日本大使館
日本人アーティストによる展覧会(合計19名出品)
詳細はこちらをご覧ください
長尾周二・KOKOROJAPON展20191
その後の展覧会予定
・2020年5月
日仏文化交流展1(仮称):群馬県安中市文化センター&廃校グランド
・2020年6月23日~28日
日仏文化交流展2(仮称):愛媛県立美術館
・2020年8月28日~9月8日
日仏交流展3(仮称):フランス・ブラシュー・ビエールホール
KOKORO JAPON展2020

ココリコ畑

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1907081
ココリコ畑を見つけて2日続けて写生に出掛けました。
この畑の持ち主とも仲良くなり敷地内で写生をさせて頂きました。
日差しが強くてこの日は最初から木陰で制作しました。
気温は28~29度と然程暑くは無いのですが陽射しの強さは耐えられません。
数日間絵筆を持って居ませんでしたから気持ちが早り思うように為りません。
又、この季節は描きたい風景が身近に無いのですが、終わりに近づくココリコ畑は有り難い風景でした。

そして日曜日待ちに待ったバーカントです。
前日夜にネットで調べ何ヶ所かリストアップしてカーナビで目的地に向かいます。
今日は三ヶ所回って「リモージュのブローチ」と「魚の装飾が有るまな板」、「ラクダの置物」を買いました。特別掘り出し物は有りませんでしたが、日の出の前から朝焼けを望みながら車を走らせるのはとても楽しいです。

フランスでもガレージセール的に為って来てアンテークの良い物は中々出会う事は出来ません。
しかし、地方の村や町のバーカントは時に掘り出し物が有ります。
其れが楽しくて止められません。

ブロァのギャラリーで個展を開催予定の畑さんのベルニサージュカードが出来ました。
私も友人に配る予定です。


※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1907061
車を走らせ用事を済ませる序でにココリコ畑を見つけました。
今の季節にポピーの花が咲いて居る事は無いのですが珍しく見つけました。
昨日ARTEC展(欧州造形美術振興協会)のベルニサージュが終わり一段落しましたので、余り気温が上がらない午前中に始めました。 麦わら帽子を被り強い陽射しを避けて制作しました。

話は変わりますがレストランを経営なさって居る円さんを訪ねて昼食を頂きました。
フランソワーズさん家族にもお寿司や冷やし中華、春巻きや鳥の唐揚げをお土産に用意して頂きました。 相変わらず目標に向かって努力されて居る姿は尊敬に値します。
夏のバカンスの後に又お会いする約束をして別れました。


※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

↑このページのトップヘ