水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。
水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。このたび2018年8月~9月にフランスで開催する展覧会が(独法)国際交流基金・ジャポニスム事務局が主催する日仏友好文化企画「ジャポニスム2018」における参加企画として認定されました。

ジャポニスム2018

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二180717
国際交流もある意味大変で作家の為日本国の為と覚悟が無いと心が折れそうに為る時も有ります。今回の旅行カバンの中身は殆どが作家の作品で着替えの下着が数枚です。フランスに少し有りますから何とか為りますが数日ワイシャツは着た切り雀です。

今日は成田空港で仮眠を取り明日朝、Parisに向けて出発です。
相変わらず質素な生活で昼は銀座でリンガーハットでちゃんぽんを頂きましたが夜はローソンのそうめんとおにぎりで済ませました。

時々魚釣りをして新鮮な刺身や煮魚、焼き魚と楽しんで居ますから不自由を感じた事は有りません。
絵の具の補充も忘れては行けませんから荷物に加えました。
フランスは消費税が20パーセントですから絵の具も高いので日本で補充しています。
そうした色々な事にも気を配りますが毎回何か忘れる事が有ります。
以前は旅行カバン二つ46キロとリュック10キロを持って移動しましたが今回はそこまで重さは有りませんが右腕が筋肉痛です。
体力の衰えは隠せません。
有り難い事に色々な人が協力して下さって事が進んで居ます。
心より御礼申し上げます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1807071
7月16日高松より東京へ17日には成田よりParisに向かいます。
先ず銀座ギャラリーGKより出品作品を受け取ります。
その日は佐藤さんとお会いする約束です。
そして翌日成田より出発です。
最盛期でフライト料金が高いので乗り継ぎ便ワルシャワ経由でParisに向かいます。

Parisでは麟太郎さんとお会いする約束です。
フランソワーズさんからは展覧会案内状が出来たと連絡がありました。
麟太郎さんからも世界遺産Parisマドレーヌ寺院でのKOKORO JAPON展やブラッシュビエールホール展に向けて、Paris在日本大使館後援許可が下りて、「ジャポニスム2018」公認許可とロゴマークを使っての印刷に入ったと連絡が入りました。
こうして地道な国際交流をコツコツと積み重ねて信頼関係が出来て居ます。

渡欧して早くも12年目を迎えます。
年齢も67歳と為りました。こうした活動も天命として受け止めて日本文化発信の一助になればと思って居ます。
水彩画家・長尾周二1807072
愛媛県松山市での車の修理が完了する迄は高松でおとなしくして居ます。
携帯に緊急情報が何度も入る大雨で車も無いしどうにも為りません。
しかし百合の花を買って来て色紙に写生を始めました。画家の性です描かずには居られません。

↑このページのトップヘ