ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1808021
※ARTEC(欧州造形美術振興協会)会長・Françoise ICART氏による撮影
ARTEC (Société Européenne de Promotion de l'Art et du Design) Président · Photographier par M. Françoise ICART


水彩画家・長尾周二1808011
取材の様子
取材新聞社による撮影
Photo prise par une entreprise de presse


新聞記者のミッシェルさんから取材の際に撮影して頂いた写真を新聞記事と一緒に送って頂きました。
水彩画家・長尾周二1808022

長尾周二企画個展の開催を報道した新聞記事(一部抜粋)
※当新聞記事は展覧会において現地新聞社より取材を受け、当該記事を新聞社より提供されたものを新聞掲載されたことの報告のみを目的に加工して掲載したものです。
Cet article de journal a été interviewé par la société de presse locale à l'exposition et posté l'article fourni par la société de presse seulement pour avoir signalé qu'il a été publié dans le journal.


普通取材が終わると早々に引き上げるのが常ですが最後までご一緒でした。
彼女も作品を気に入って頂いた様で大変好意的でした。
記事を送って頂いた事は有りますが撮影した写真全て送って頂いたのは初めてです。先ずフランスでは水彩画家の描くサイズは然程大きな作品では有りません。
5メートルに及ぶ作品サイズとその迫力に驚いたのだと思います。このロワール地方で力の有る記者からのお褒めはありがたく頂戴しています。その大作2点を含む全ての作品を現場で描いて居る事にも驚いて居ました。
建築現場にも似たパネル設置風景写真をお見せして説明しました。又、制作時間も驚いて居ました。これだけ大きな作品を2,3日で仕上げています。
水彩画家・長尾周二1808013
水彩画家・長尾周二1808014
毎日来られるギャラリーからも同様の驚きを感じて居る様子です。・
チャペル内部の柱頭を観察していたら写真の様なフクロウの彫刻が彫られて居ました。何とも言えない愛らしい守り神ですね。
古の時代からの神聖な場所での展覧会に感謝です。
水彩画家・長尾周二1808015