水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。

水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
アートシップインターナショナル展(Japonismesジャポニスム2018参加記念)

2019年4月16日~4月29日
今夏にフランスで開催の「KOKORO JAPON展」PART1およびPART2(独立行政法人・国際交流基金主催Japonismesジャポニスム2018参加企画認定イベント)に出品したメンバーおよび一般アーティストによる展覧会を開催します。(【ジャポニスム2018】の詳細は下記参照)会場は2017年11月~12月に理事長・ 長尾周二が個展を開催した香川県高松市の「大西・アオイ記念館」で行います。
〒761-0302 香川県 高松市 上林町148番地
※もよりのインターチェンジは高松中央I.Cです。香川大学工学部、県立図書館近くです。
電話:(087)880-7888
施設入館料:100円

ホームページ


※ご参考:大西・アオイ記念館
アオイ電子および同社の創業者・大西通義氏が設立した「公益財団法人大西・アオイ記念財団」が、文化芸術の振興などを目的に開いた施設です。大西氏がこれまで集めた茶道具や絵画の作品が展示されています。

※Japonismes ジャポニスム2018とは
2018年7月~2019年2月に独立行政法人・国際交流基金ジャポニスム事務局が行なう日仏文化交流事業のイベントです。概要は下記の通りとなっています。
「日本とフランスの両国が連携し、芸術の都フランス・パリを中心に“世界にまだ知られていない日本文化の魅力”を紹介する大規模な複合型文化芸術イベントを開催します。」
(Japonismes ジャポニスム2018公式サイトより引用)
Japonismes ジャポニスム2018公式サイト
Japan Expo 公式サイト(日本語公式ホームページ)

フランソワーズ・イカール

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1901231
寒風山連山を一日中眺めて楽しみ暗く為って下山しました。

夕方にフランス・ARTEC(欧州造形美術振興協会)会長のフランソワーズ・ イカールさんに電話して愛媛県砥部のミュゼ里山房での企画に関して了解を得ました。都合が付けぱ展覧会のオープニングに来て下さるとの事です。
水彩画家・長尾周二1901232
ヨーロッパに旅立ち14年目になりコツコツと積み上げた人間関係がこうした交流に発展して居ます。
フランス人は個人的な信用を得ると活動の幅が広がりますが日本の場合はそうした信用を得る迄時間が必要です。
何度も会って積み重ねて少しづつ前に進む事が可能です。
歳を重ねて人脈や友人の存在を尚更大切だと認識して居ます。又、人を紹介する事の難しさも感じます。
自分を天才アーティストとか才能があるとか勘違いして振る舞って居る作家を偶に見ますが本当に世の中に出るには信じられない位の応援や人々の援助が有ってこそなし得ると思って居ます。あまりお行儀の良く無い方はその時代にチヤホヤされたとしても消えていくと私は思って居ます。

今日は香川県荘内半島で海を眺めながら過ごして居ます。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1811281
2006年横浜港からエステマをロンドンに送ってヨーロッパ23カ国の旅が始まりした。

色々な事が有りフランスロワール地方に来ました。
旅を始めて3年目で帰国し旅を終える予定にしていました。

ロワール川から左折して小道に入って三人の若者と出逢い、その中のトーマスさん宅にご縁があり泊めて頂き、次の日同じ敷地内のフランソワーズさんを紹介して下さいました。
トーマスさんの家に泊まって居るのなら私の屋敷に泊まりなさいと言われ、泊めて頂きました。

其の際に椅子の上に私の作品を20枚位置いて置きました。
その作品を見て「来年いらっしゃい展覧会を企画してあげますよ」と言われました。
其れがご縁で今日に至って居ます。
水彩画家・長尾周二1811282
私のフランソワーズさんの印象は私に対する眼力が只者では無いと感じました。
普段は優しく品の良い婦人に見えますがその眼差しの鋭さは私が何人か経験した其れに似て居ました。

ヨーロッパで出会った方々の中には多くの富豪やシャトーのオーナーも居ます。
若い頃から秀でた方とのお付き合いが有りましたからそうした経験で選んでお付き合いをして居ます。 そうした経験が幸いしたのだと思って居ます。

野山で自然と向かい合い生活していると当然感性を磨く事に為ります。

このたびは四国でもアーティストやギャラリストとの御縁が有り、また松山で皆さんとご一緒する事と為ります。

※上の画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

↑このページのトップヘ