水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
・KOKORO JAPON展
2019年9月15日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
主催:(一社)アートシップインターナショナル
後援:在仏日本大使館
日本人アーティストによる展覧会(合計19名出品)
詳細はこちらをご覧ください
長尾周二・KOKOROJAPON展20191
その後の展覧会予定
・2020年5月
日仏文化交流展1(仮称):群馬県安中市文化センター&廃校グランド
・2020年6月23日~28日
日仏文化交流展2(仮称):愛媛県立美術館
・2020年8月28日~9月8日
日仏交流展3(仮称):フランス・ブラシュー・ビエールホール
KOKORO JAPON展2020

ブラシュー・ビエールホール

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1808252
立て続けにフランス国内の新聞2紙に(一社)アートシップインターナショナルの展覧会記事が掲載されました。

8月23日木曜日に掲載されていたのがLa NouvelleRepublique紙です。
続けて8月24日金曜日に掲載されて居たのがRenaissance紙です。
Vieille Halle de Bracieux(ブラシュー・ビエールホール)で開催中の展覧会記事です。

特にルネッサンス紙の記事はRyunohira Kumikoさんの作品(写真下)とMuromachi Katsuyoさんの紹介と作品写真(8月23日付記事参照)が掲載されて居ます。おめでとうございます。
水彩画家・長尾周二1808251
Ryunohira Kumiko (龍ノ平久美子)さんは九州在住作家です。イメージを溜めて丁寧に作品にして居ます。今回フランスの新聞ルネッサンス掲載作品も同様に思いである庭を描いた物です。数有る作品の中から選ばれた事でもその評価が高い事が伺えます。

掲載されて居る方には帰国した際に新聞が届くように手配致します。楽しみにお待ち下さい。
エレキギターを持参して演奏して頂いた宮崎さんも集合写真に掲載されています。

金曜日の時点で入場者数は400人を超えて居ます。
チャペルでの個展に来て頂いた方も何人も来られています。又、2度3度と再度来られている方も何人かいらっしゃいます。
小さな田舎町の展覧会ですが見識の高さを伺い知れます。

今日ブラシュー・ビエールホールの責任者が再度いらっしゃって喜んで居ました。
アーティストも良く来られて自分の好きな作家の作品を丁寧にご覧に為り絶賛されて居ます。
こうした事が有ると疲れも取れます。後半も会場に居なければなりませんがもうひと頑張りです。
次回に残った作家の感想をかきます。

本来こちらで紹介させていただきたいのですが、新聞記事につきましては、複数ありますので、残念ながら国内のみならず国際的な著作権に配慮する関係で今回は掲載は控えさせていただきます。


La Nouvelle Republiqueの記事(La Nouvelle Republique社オフィシャルサイトより)(2018年8月27日現在)
水彩画家・長尾周二1808253

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
17日飾り付けの日に4時頃終わって夕方まで3時間弱開けていて18人お見えになりました。18日、19日と両日とも100人超えで平日の今日も51人来場者が有りました。イギリス人やオランダ人、スイス人等バカンスで訪れる観客で賑わって居ます。

今回から出品作品の作品を掲載します。会期中何度かに分けてエピソードを含めて案内致します。
水彩画家・長尾周二1808211
先ずはSaitou ryou (サイトウ良)さんの作品です。
大変レベルの高い版画だと評判です。私も常日頃から日本人作家のレベルは世界的に見てもエッフェル塔近くの日本文化会館館長杉浦が仰る様に高いと思います。そうした中でも印象に残る作品です。
水彩画家・長尾周二1808212
Isio takashi (石尾たか司)さんの裸婦をモチーフにした作品も斬新な視点で表現されて居てオリジナリティが高く見る人に印象的な作品です。

Yamamoto sotarou (山本荘太郎)さんの作品もARTEC会長フランソワーズさんの尽力でParis個展の際に高い評価を得ています。グラフィックの仕事ですがユーモアセンスたっぷりの作品です。
マドレーヌ寺院KOKORO JAPON展の際に作品写真添付します。
水彩画家・長尾周二1808213
Iwsaki Tosenさんの作品はフランスでも人気で昨年のマドレーヌ寺院展でもアメリカ人のデザイナーが買い求めた事でもお分かり頂けると思います。此処数日間でも観客の方は足を止められ鑑賞して居ます。今後の活躍が楽しみなアーティストです。

水彩画家・長尾周二1808214
この都度Parisの大学を終えて新たなる活動を始めるⅯizuguchi rintaro (水口麟太郎)さんはParisの個展の際に美術雑誌インタビュー記事が掲載された新進気鋭のメンバーです。今後も日仏で活躍するアーティストです。光のオブジェが今回の出品作品です。

↑このページのトップヘ