水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。

日本に帰国しました
フランスでのブラシューとパリ・マドレーヌ教会での展覧会(独立行政法人・国際交流基金主催の日仏友好160年記念文化交流企画・ジャポニスム2018認定参加企画)およびノワイェ シュル シェール市よりお招きいただいた企画個展が無事終了して、10月2日に日本に帰国しました。国内での活動を再開します。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
・フランスでの展覧会(終了しました)
KOKORO JAPON展(Part.1)

 【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年8月18日~29日 フランス・ブラシュー・ビェールホール(Vieille Halle de Bracieux)


KOKORO JAPON展(Part.2)
【Japonismes ジャポニスム2018参加企画(認定番号:2018-5)】【在フランス日本大使館後援】
2018年9月17日~22日:フランス・パリ・マドレーヌ教会 (Salle Royale de MADELENE)

※Japonismes ジャポニスム2018とは
2018年7月~2019年2月に独立行政法人・国際交流基金ジャポニスム事務局が行なう日仏文化交流事業のイベントです。
参考
Japonismes ジャポニスム2018公式サイト
Japan Expo 公式サイト(日本語公式ホームページ)

ベルナール・ロルジュ

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1809281
私も自分の頑固なまでの自負心と行動力を持って居ます。
先日パリで自分探しの旅をして居る方と出会いました。
インドからフランス、アメリカを見てみたいとの事です。
旅は人生を豊かにしますし新しい出会いも有ります。
で、「新しい友人知人が出来たのですか」と尋ねると全く無いと話されて居ました。
先ずは自分の考えを強引なまでに話されて、「自分がこの先どうしたいのか分からない」
とおっしゃって居ました。
哲学が好きで物事を理想形で進めたいとも話されて居ました。

私は天才でも秀才でもありませんから思い付いた事を実践し、駄目なら次の目標に向かってコツコツと励む事を続けて居ます。ヨーロッパ各地に友人知人が出来たのもそうした積み重ねです。

彼にフランス人の資産家を数人紹介しました。
全くお金持ちには見えないし、普段の生活にそうした成金趣味は全く無いのは当然でそれさえも理解不能でした。
ま、日本の金持ちはいわゆる成金的なにわかに大きな資産を形成した人が多く、文化として如何に立ち振る舞うかと言った事が教養として身に付いて居ないからです。
有る城主の息子さんが庭掃除をしていて彼はそれを見て驚きました。
何をするかを体験した後にその資産を引継ぎ守る事が資産家のイロハだと思います。
館にはルーブル美術館に展示して居る様な絵画作品や彫刻コレクションが並んでいます。

今まで城主や資産家と知り合った方は10人近く居ますが、誰一人として普段高級車を乗り回している方は居ません。それがヨーロッパの資産家の日常生活です。
地主や資産家程優しく親切に接して下さいます。
数百年資産を守り抜く知恵がそうした中に垣間見られます。

エクス アン プロバンスの亡くなった親友のガロさんがよくそうした話をして下さいました。
第二次世界大戦では彼の邸宅がドイツ軍のJHQに接収され退去の際に火を放たれたにも係わらず、仲良くする事の大切さを話されて居ました。

私はそうした方々の実践哲学を見聞きする事で奥深い文化を感じます。
芸術を愛する国民は決して成金趣味でも浪費家でも有りません。

日本には無名でも素晴らしい芸術家が大勢いらっしゃいます。
そうした方々を世界に紹介したいと日々努力しています。
現実は芸能人の作品を数千万支払いしてルーブル美術館の貸会場を使いそれを良しとして居る日本人関係者が居る事も事実です。
私や知人が拝見した際、会場は殆ど来場者が居ませんでしたが。
水彩画家・長尾周二1809282
ポート バンブーの蚤の市でフランス現代美術の巨匠であるベルナール・ ロルジュの作品(写真上)を買い求めました。
こまめに見て回り探すとこうした事も起こります。
作品はARTEC会長フランソワーズさんにお世話に為ったお礼も込めてお渡ししました。
作品の出来栄えも素晴らしく大変喜んで頂きました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1607031
(※当サイトでは肖像権とプライバシー保護に配慮し、関係者以外の直接掲載のご承諾をいただいていない方が写っている画像は出来る限り加工して掲載しております・・・掲載管理者)
ARTEC展が始まったのでその様子を報告します。
ベルニーサジュの様子の写真を添付しました。CHOUZYのメイヤー出席の元大勢の参加が有りました。町長にARTEC会長フランソワーズさんが出品作品の解説をして下さいました。
展覧会の様子を新聞記事に掲載されました。飯尾京子さんと長尾周二がアートシップインターナショナルコーナーで取り上げられて居ました。
ロルジュの版画作品も二点展示しました。
掲載した作品です。
水彩画家・長尾周二1607032
日曜日と言えば蚤の市です。
イタリアの友人にワインを買いました。ロワール地方は白ワインの産地ですからそれを用意しました。それとは別にお土産を探しに出かけました。
水彩画家・長尾周二1607033
蚤の市でも夜明け前からアンテークを探して30キロ圏内を走り探して居ます。今日の買い物は写真のリモージュのお皿とカップそれと水彩画の人物画4点買い ました。リモージュは確かな物ですが人物画は掘り出し物と言えます。額縁は新しく如何にもプリント画の様でしたがオリジナルの水彩画で約100年前の物で す。
水彩画家・長尾周二1607034
三か所回って会場を隅々まで探索し手に入れました。金曜日まで私の車が整備工場に入って居ましたので余り動けませんでしたが整備を済ませて西に東にと走りました。
プロの収集家との競争です。幸い授業料を随分と払いましたので今はミステークは有りません。
良いものを手にすると制作にも弾みが付きます。

↑このページのトップヘ