水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。

水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
アートシップインターナショナル展(Japonismesジャポニスム2018参加記念)

2019年4月16日~4月29日
今夏にフランスで開催の「KOKORO JAPON展」PART1およびPART2(独立行政法人・国際交流基金主催Japonismesジャポニスム2018参加企画認定イベント)に出品したメンバーおよび一般アーティストによる展覧会を開催します。(【ジャポニスム2018】の詳細は下記参照)会場は2017年11月~12月に理事長・ 長尾周二が個展を開催した香川県高松市の「大西・アオイ記念館」で行います。
〒761-0302 香川県 高松市 上林町148番地
※もよりのインターチェンジは高松中央I.Cです。香川大学工学部、県立図書館近くです。
電話:(087)880-7888
施設入館料:100円

ホームページ


※ご参考:大西・アオイ記念館
アオイ電子および同社の創業者・大西通義氏が設立した「公益財団法人大西・アオイ記念財団」が、文化芸術の振興などを目的に開いた施設です。大西氏がこれまで集めた茶道具や絵画の作品が展示されています。

※Japonismes ジャポニスム2018とは
2018年7月~2019年2月に独立行政法人・国際交流基金ジャポニスム事務局が行なう日仏文化交流事業のイベントです。概要は下記の通りとなっています。
「日本とフランスの両国が連携し、芸術の都フランス・パリを中心に“世界にまだ知られていない日本文化の魅力”を紹介する大規模な複合型文化芸術イベントを開催します。」
(Japonismes ジャポニスム2018公式サイトより引用)
Japonismes ジャポニスム2018公式サイト
Japan Expo 公式サイト(日本語公式ホームページ)

一般社団法人アートシップインターナショナル

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1901011
※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
今年も昨年と変らず前を向いてコツコツと歩み続けます。
フランスと日本の文化交流が前進出来る様にしたいと思って居ます。

水彩画家・長尾周二
一般社団法人 アートシップインターナショナル理事長
ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
ARTEC(欧州造形美術振興協会)展覧会2015-7・6
フランスの良い処はこんな田舎の村でもコレクターが居て良い作品には直ぐ反応するところです。冷やかしも含め色々な質問が来ます。
そうした一般大衆が文化を支えて居ると思います。
5歳位の子供でも作品に付いて質問をして来ます。
学校で美術教育がなされて居ませんが課外活動や両親から見学するマナーも含めい小さな子供頃から育まれて居ます。
日本も戦前にはそうした日本文化を継承するたしなみが有りました。所謂道がついた習い事や修行です。
床の間には掛け軸を季節に掛け替えたり季節の花を生けたりしていました。柔道剣道も同様です。
そうした文化の継承こそがその国のアイデンティティーを育むと思います。

四国香川県の伝統工芸品に鍛金による急須が有ります。しかしその後継者も販路も先細りです。こうした伝統技術は金銭には変えられない文化だと思います。

残念ながらそうした事さえ経済経済のかけ声で消えて行く運命に有ります。

そうした地道な活動を大切にする事が未来に繋がると考えて居ます。地球の裏側に居て感じます。

下の写真はARTEC展覧会とアートシップインターナショナルメンバーの出品作品です。
水彩画家・長尾周二1507068


ARTEC(欧州造形美術振興協会)展覧会2015-7・1

ARTEC(欧州造形美術振興協会)展覧会2015-7・2

ARTEC(欧州造形美術振興協会)展覧会2015-7・3

ARTEC(欧州造形美術振興協会)展覧会2015-7・4

ARTEC(欧州造形美術振興協会)展覧会2015-7・5

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1506173
初日会場に居ました。こう言う時間が一番疲れます。昨日はParis郊外メトロの始発駅近くに車を停めて車の中で泊まりました。

同じ車で泊まるのでも大自然の中だと小鳥の囀ずり声で目覚める方がどれ程素晴らしいかお分かりでしょうか。寝る際も星空を見つめたままだと直ぐ寝られます。
都会の朝は車の音で目覚めます。寝る際も疲れて寝るのが精一杯です。
駐車料金が係らないフリーパーキングは中々有りませんから自然と郊外に為ります。
Parisは展覧会で来るか知人と会うかです。
車上生活が長いと居心地の良い場所を探します。先ず制作したくなる場所、その近くが一番です。
水彩画家・長尾周二1506183
フランソワーズ イカールさんは今日ラジオ放送で日本文化会館での展覧会の事を紹介して下さいました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二150318
3月14日〜26日迄名古屋市中川区にある小さな美術館かじたでアートの散歩道Parisー名古屋が開催中です。ごらんの様に連日大勢のお客様が来られて 居ます。10年振りに再会した方や新しい出会いが有ります。フランスからARTEC会長のフランソワーズ イカールさんが作品を持参して再来日しています。一部作品の展示替えをしての展覧会です。
20日フランスに帰国されます。
                
毎日大変忙しく過ごして居ます。
今日の朝は名古屋城を観光して美術館に来客の方々と親交を深めて夕方は大須観音に案内です。
明日は夕方から伊勢に案内予定です。

また先日ご連絡しましたが、当展覧会開催の記事が主催者である(一社)アートシップインターナショナル代表理事・長尾周二のヨーロッパを放浪しながらの芸術活動記とともに2015年2月27日発売の雑誌「男の隠れ家4月号」に掲載されました。(参考・写真下)
男の隠れ家4月号

↑このページのトップヘ