水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。

水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
アートシップインターナショナル展(Japonismesジャポニスム2018参加記念)

2019年4月16日~4月29日
今夏にフランスで開催の「KOKORO JAPON展」PART1およびPART2(独立行政法人・国際交流基金主催Japonismesジャポニスム2018参加企画認定イベント)に出品したメンバーおよび一般アーティストによる展覧会を開催します。(【ジャポニスム2018】の詳細は下記参照)会場は2017年11月~12月に理事長・ 長尾周二が個展を開催した香川県高松市の「大西・アオイ記念館」で行います。
〒761-0302 香川県 高松市 上林町148番地
※もよりのインターチェンジは高松中央I.Cです。香川大学工学部、県立図書館近くです。
電話:(087)880-7888
施設入館料:100円

ホームページ


※ご参考:大西・アオイ記念館
アオイ電子および同社の創業者・大西通義氏が設立した「公益財団法人大西・アオイ記念財団」が、文化芸術の振興などを目的に開いた施設です。大西氏がこれまで集めた茶道具や絵画の作品が展示されています。

※Japonismes ジャポニスム2018とは
2018年7月~2019年2月に独立行政法人・国際交流基金ジャポニスム事務局が行なう日仏文化交流事業のイベントです。概要は下記の通りとなっています。
「日本とフランスの両国が連携し、芸術の都フランス・パリを中心に“世界にまだ知られていない日本文化の魅力”を紹介する大規模な複合型文化芸術イベントを開催します。」
(Japonismes ジャポニスム2018公式サイトより引用)
Japonismes ジャポニスム2018公式サイト
Japan Expo 公式サイト(日本語公式ホームページ)

大串半島

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1902101
朝日が射して天気の回復を予感させてくれます。
車を大好きな大串半島に走らせ夕方を待って居ます。
風はまだ冷たいのですが青空が太陽の温かい日差しを届けてくれています。
梅の花が咲いて青空と青い海に映えます。
その梅の花を見ていると小鳥が何羽か蜜をついばんで居ます。
海の上はヒサゴが魚を狙って舞って居ます。
穏やかな一日が過ぎて行きます。
水彩画家・長尾周二1902102
こうして高松で過ごして居てもフランスから連絡が有ったり、東京や松山から企画展の連絡や打ち合わせが進んで居ます。
今日はモーリエール瞳さんと連絡してフランスから画家が来日するので宜しくと伝えました。
さてそうして居ると夕日の時間に為りましたから写生します。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1901252
電話で会長の和田さんは不在と分かって居ましたが立ち寄りました。
この美術館にはプライベートビーチが有ります。
瀬戸内海の海岸はゴミで美しいと言える海岸は殆どありません。
しかしこの美術館の海岸は綺麗に清掃されて居て見ていても気持ち良い風景です。
水彩画家・長尾周二1901251
挨拶をして後にしました。
その後、対岸の大串半島に向かいました。
私の好きな場所で海岸清掃をする為です。
水彩画家・長尾周二1901253
ごみ袋や道具は常日頃から車に積んで居ますので直ぐ始められました。
丁度干潮の時に始め終わったのは満潮に為っていました。
45リットルのごみ袋15枚使って集めました。
小さな浜辺ですがいつもこんなにゴミが有るのかと呆れます。
ゴミの種類を見て居るとペットボトルが目立ちます。その次が観葉植物のプラスチック容器です。自宅の庭やベランダを花で飾ってその容器が大量に捨てられて海が汚れて居ます。
前回同じ場所で清掃した際には漁具が目立ちましたが其れは少なく為っていました。
海水はとても透明度の高く綺麗ですから渚のゴミが無くなればと思って居ます。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1901151
未だ咳が出て居ますが暗く為るまで浜辺に居ました。何度となく大串半島に来て風景に浸り光の中で染る時を楽しんで居ます。
この場所は渚近く迄車で入れる場所で私は大好きな場所です、
以前ここでも海岸清掃をした事が有りますが国立公園の浜辺でもゴミの山状態です。
近くの海岸よりはマシですが又大量のゴミが流れ着いたり捨てられて居ました。
今度行ったらごみ袋を持参して拾いたいと思って居ます。
水彩画家・長尾周二1901152
今週末は愛媛県砥部のギャラリーオーナーと打合せです、
体調を万全にして釣りも楽しみたいと思って居ます。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1901121
未だ咳が止まりませんが居ても立っても在られませんから車を大串半島に走らせました。
とは言っても完治していまはせんから夕方まで待てず帰って来ました。
部屋で寝ている生活は退屈です。

日本の報道を見て居ると文化と呼べる物が殆ど有りません。
テレビでは「カルチャー&スポーツ」と謳って居る番組ではスポーツは分かり易いのでしょうか?
スポーツにより多くの時間を割いて報道しています。
そしてカルチャーは芸能人の離婚や不倫などが主です。
クラシックのコンサートや展覧会の報道は殆ど見た事が有りません。
日本で発信されているいわゆる「カルチャー」は個人的には見聞きしたくもないような内容だ、と思っています。
水彩画家・長尾周二1901122
リーマン・ショックの後、多くの新聞社では文化部の記者が退職させられて、街の取材も経済や政治の記者が兼務して居るという話を聞いたことがあります。
そうした場合、文化分野においては素人の様な記者の取材では、なかなか内容が有る物には為りません。

何度か日本でも取材されましたが、フランスのそれとはまるで違います。
展覧会の情報、特に作品の解説文は、詩として鑑賞出来るレベルの文章です。

ところが私の個展の際に日本の記者が書いた文章では「離婚してどうのこうの・・・」というものが有りました。作品とどう繋がるのでしょうか?
また日仏文化交流展の際もフランスの作家紹介や評論は全く無く、記事になってもフランス作家に日本の記事を持って行けない代物でした。
友人は記事に為っただけでも良かったと話して居ましたが、私は情け無い気持ちで一杯でした。
ハイヤーで若手の記者が長時間取材した結果が的外れの記事ですから・・・。

しかし、昨年銀座等で見聞きした作家やギャラリストには熱気や創作意欲の一端を見せて頂きました。

こうした動きから新しい鼓動が聞こえて来ます。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二181009
東京に向かう前に写生に出掛けました。
車で東京に向かうので飲み物や缶詰、ラーメン等の食料品を買って寝具や着替えを準備してから大串半島に向かいました。夕日の風景をイメージして現場に4時過ぎに着きました。
今日も天気は最高です。
少し暑い位でしたが台風一家の後澄み切った空と海とても綺麗でした。
夢中で3枚仕上げて日没で暗く為るまで居ました。
Parisで航空会社が積み忘れた荷物も高松に着いて作品も車に積んで居ます。
昼にはフランスロワール地方にエレキギターを持参して演奏して下さった宮崎さんご夫婦と昼食を共にしました。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1810072
季節は10月、海も魚が釣れる絶好のシーズンです。
フランスの車は廃車寸前に何とか存えて走って居ますが、日本で乗っている車は修理して快適に走って居ます。
ガソリンは世界的に値上がりして居て日本もリッター150円を超えていました。
ガソリン満タンにして釣り道具屋さんで餌を買って東に走り、大串半島の先の小田魚港に来ました。

海の前には小豆島が横たわって居ます。
ベラや小鯛、カワハギを釣り上げ夕方を待って居ます。
夕方はアジやイワシが釣れるとの事で楽しみに待って居ます。
今丁度干潮でこれから潮周りが良くなります。

こうしてフランスでの疲れを取り次の目標に向かって走ります。
又東京に向かいますのでその時ロールペーパーも買う予定です。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

↑このページのトップヘ