水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。

水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
アートシップインターナショナル展(Japonismesジャポニスム2018参加記念)

2019年4月16日~4月29日
今夏にフランスで開催の「KOKORO JAPON展」PART1およびPART2(独立行政法人・国際交流基金主催Japonismesジャポニスム2018参加企画認定イベント)に出品したメンバーおよび一般アーティストによる展覧会を開催します。(【ジャポニスム2018】の詳細は下記参照)会場は2017年11月~12月に理事長・ 長尾周二が個展を開催した香川県高松市の「大西・アオイ記念館」で行います。
〒761-0302 香川県 高松市 上林町148番地
※もよりのインターチェンジは高松中央I.Cです。香川大学工学部、県立図書館近くです。
電話:(087)880-7888
施設入館料:100円

ホームページ


※ご参考:大西・アオイ記念館
アオイ電子および同社の創業者・大西通義氏が設立した「公益財団法人大西・アオイ記念財団」が、文化芸術の振興などを目的に開いた施設です。大西氏がこれまで集めた茶道具や絵画の作品が展示されています。

※Japonismes ジャポニスム2018とは
2018年7月~2019年2月に独立行政法人・国際交流基金ジャポニスム事務局が行なう日仏文化交流事業のイベントです。概要は下記の通りとなっています。
「日本とフランスの両国が連携し、芸術の都フランス・パリを中心に“世界にまだ知られていない日本文化の魅力”を紹介する大規模な複合型文化芸術イベントを開催します。」
(Japonismes ジャポニスム2018公式サイトより引用)
Japonismes ジャポニスム2018公式サイト
Japan Expo 公式サイト(日本語公式ホームページ)

大西・アオイ記念館

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!

水彩画家・長尾周二1812111
※写真は大西・アオイ記念館所蔵の「ゴッホのひまわり」のレプリカ
私の中学生の頃、机の上にヴィセント バン ゴッホのテオへの手紙と言う本が置かれて居ました。
アーティストを志す人は一度はゴッホに触発されたのでは無いでしょうか。
40年前に植村鷹千代先生とヨーロッパ外遊をした際にロンドン テイトギャラリーで始めてゴッホの原画を見た時の衝撃は忘れられません。その旅行で出来たばかりのオランダゴッホ美術館でゴッホの全容を見ました。

あんなに好きだったゴッホでしたが其れを境に少し距離を置く様に為りました。
何故かと言うと畏れを感じたのです。
此処まで精神を研ぎ澄まし制作する事は若かった自分には刺激が強過ぎました。

3年前にオランダの友人宅に行った際に再度ゴッホ美術館を訪ねました。
額装されて居ない作品が立派な額装されて当時とは様変わりでした。

さて、大西アオイ記念館のロビーに飾ってあるヒマワリのレプリカを見ながら由良山を制作しました。
その由来は大西アオイ記念館でご覧下さい。
この作品は98センチ×69センチの作品です。
その作品の周りバーミリオンに近い色の帯で囲まれて居ます。
先ずは帯が無い状態で制作しました。
何故ならテーブルの近くの構成と制作意図が一致しなかった為に帯で囲ったと推測出来ます。
むしろ帯が無い方が自然な構成と言えるかも知れません。

何故無謀とも言える帯を入れたのかというと次のように思います。

アルル時代、ゴッホは希望に満ちた傑作群を生みました。
光の中での生と死を暗示する作品ですが、より気持ちが希望と生命力を表現したいと思い、テーブルのバランスよりも其れを優先した意欲的な作品にしたのでは無いか?と推察出来ます。
ゴッホの純粋な制作態度が垣間見える傑作と言えるでしょう。

レプリカですがご覧になる価値はあると思います。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1812071
※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
昨日は一日中雨で現場には来たのですが筆は進みませんでした。
室内にパネルを組んでキャンバスを作りましたから今日の朝の様に強い風が吹いても心配要りません。
明日は一日中晴れとの予報ですから仕上げには最適です。
今日は曇り空ですが描ける処まで進めました。
今の季節は冬に向かって北の冷たい空気が下りて来て雨風雷と激しく天候が変わります。

20年前でしょうか、好奇心旺盛な私は雷を見たいと思って11月末に越前海岸に向かいました。雷が発生する季節です。
疎らに松の木が生えてる場所に車を停めて休憩して居ました。ピカピカゴロゴロと雷光と音が聞こえてきました。当時はワンボックスカーの運転席に座っていました。
するて3メートル位の至近距離の枯れた松の木に雷が落ちました。
その衝撃たるや想像を絶するもので運転席から助手席に身体が飛ばされ当然稲光りで眼は少しの間見えなくなりました。

昔の人は恐い例えで地震、雷、火事、親父と言われていましたが体験すると雷を見に行くと言った狂気の沙汰は二度としませんでした。
フランスのフランソワーズさんの館に雷が落ちた時が有ります。私は三階の屋根裏部屋に居ましたから直ぐ其の屋根の上に有る避雷針に雷が落ちた訳です。
あの頑丈に作られた石の館が揺れてベッドから飛び上がる程の衝撃でした。
ですから絶対、雷には近寄らない事が肝要です。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1812061
※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
昨年個展を開催した際に此処から見える由良山を2枚描きました。
紅葉が盛りに為る季節を見計らって制作を始めました。
80号を3枚並べてキャンバスを作り窓から見える風景を描いて居ます。
庭で描く予定でしたが気候の変動が続く様ですし、館長の許可も有り室内からの制作です。
約340センチ×145センチです。
今日11時から描き始めましたがほぼ目処が立って明日には仕上がるかも。
しかし明日は曇りとの予報です。
晴れは明後日ですから其れ迄待つかも知れません。
  
2日にはフランス在住作家友人の上森さんをギャラリスト二見さんに紹介する為に高松にいらっしゃって頂きました。
フランスの大地で一緒に制作して居ますが日本で会うのは初めてです。
自分の制作は勿論、メンバーや友人知人のアーティストも私が出来る事は積極的に動きたいと思って居ます。

↑このページのトップヘ