水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルも含め画像・文言はサイト制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。無断での転用・転載を固く禁じます。

水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
・2020年4月29日~5月10日
日仏文化交流展Part1「アートの散歩道・パリー群馬安中」:群馬県安中市の旧松井田西中学校
【後援:外務省、安中市】
・2020年6月23日~28日
日仏文化交流展Part2「アートの散歩道・パリー瀬戸内」:愛媛県美術館

・2020年8月28日~9月8日
長尾周二企画個展:フランス・ブラシュー・ビエールホール
・2020年9月21日~9月27日
KOKORO JAPON展2020:フランス・パリ・マドレーヌ教会


安中および愛媛展覧会の出品者募集
※出品料は1.5メートルで安中のみが1万円、安中・愛媛に出品が1万5千円予定です。
※いずれもまずはサイト管理者へご一報お願い致します。詳細はご相談ください。
電話09033175672の千田(せんだ)まで。またはメニューバー等のメールフォームからご連絡お願い致します。

【重要】新型コロナウイルス肺炎について(2020.2.26付)
イベントの中止や順延が相次いで居ます。私達も社会の状況や動向で関係者と相談しなければいけない時が来るかも知れません。今は 最善を尽くして対処したいと思って居ます。
一般社団法人アートシップインターナショナル  理事長 長尾周二

富士山

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1912251
銀座ギャラリーGK星野さんとお会いして、群馬県安中市松井田西中学校跡の進行具合を報告しました。それから東京を後にしました。

夜0時に富士市の冨士川の河川敷に車を停めて休みました。
日の出と同時に富士山を描きました。(写真上)
もちろん富士山が見えれば写生するつもりでした。
泊まった場所が新幹線の橋げたの下だったので早朝から目が覚めました。

写生後国道1号線~バイパスの国道23号線~阪奈道などを走り明石大橋を通り四国に渡りました。 岡山県宇野港から高松港のフェリーが12月15日で廃止になってしまい、本来はそのフェリーの片道キップを持って居たのですが乗る事が叶わず明石大橋経由で帰りました。

その間にインターネットで申請して居た外務省担当者から後援申請許可が下りたと連絡が有りました。申請書を出して3週間でしたので驚いたと同時にホッとして居ます。
愛媛県の宮崎さんから連絡があり近々お会いして打ち合わせをする予定です。


※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾1周二1910271
標高1600メートル以上の場所に駐車場があり少し登ると雄大な風景が望めます。
ヨーロッパに旅立つ前に訪れた事があり富士山が望める雄大な風景を堪能しました。
水彩画家・長尾1周二1910272
しかし残念ながら今日の朝は雲に閉ざされて何も見えませんでした。

紅葉を描きながら下山して昼過ぎから富士山を眺めていました。
雲の上に白い頭を見せて居ます。
夕陽に染まった富士山を写生して長い1日が終わりました。
水彩画家・長尾1周二1910273
下山途中でキノコを見つけて昼食の蕎麦と一緒に煮込み頂きました。
随分前ですが津久井湖近くにキノコ博士と呼ばれるキノコ料理専門店主に毒キノコの判別法を教えて頂きました。
其れを実践し食べました。6時間以上経っても問題は有りませんから毒キノコでは有りませんでした。
明日は八ヶ岳を目指して走ります。


※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二181011
政治的や社会の発言の代弁者としてのアーティストや自分自身の探求、
見る側を驚かしたり、
と様々な手法や技法を駆使して制作に励んでいると思います。

アトリエに籠り自分のイメージを高め制作するアーティストも居ます。

私はそうした中、風景画を通して生きる喜びや幸福感を伝える事が出来ればと励んで居ます。
 
今日も富士山麓に居て肌で感じた風景画を描いて居ます。

この夏ロワール地方で個展とジャポニスム2018参加企画・「KOKORO JAPON展」を開催、さらにParisマドレーヌ寺院でジャポニスム2018参加企画
・「KOKORO JAPON展」と続けて展覧会を開催しました。

作品をご覧になったギャラリーや購入して頂いたコレクターから清々しい幸福感を感じると言って頂きました。私が目指す仕事は正に作品をご覧になって大自然の持つ雄大さや光を浴びて輝く生命感を通じて生きる喜びや幸福感を感じて頂ける作品を描く事を目指して居ます。

そういった思いで常に大地に立ち、妥協の無い生活の中で描き続けて居ます。
一歩進んでもこれで良しとはなりません。
限りない感動や光輝く美しさを二次元の画面に表現する事の難しさは増すばかりです。
ゆっくりアトリエで思いのまま制作出来るのは何時の日かと思って居ます。
多分身体が動け無くならない限り来ないのではと。
所詮絵空事、されど此れが難しい、、、、。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

↑このページのトップヘ