水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像や文言は無断での転用・転載を固く禁じます。
水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
・2020年4月29日~5月10日(終了)
日仏文化交流展Part1「アートの散歩道・パリー群馬安中」
【後援:外務省、安中市】


・2020年6月23日~28日(終了)
日仏文化交流展Part2「人から人へつなぐ2020コロナを超えて・パリー瀬戸内」:愛媛県美術館
【後援:外務省、愛媛県、松山市、NHK松山拠点放送局、南海放送、テレビ愛媛、愛媛新聞、FM愛媛、愛媛日仏文化交流会】

・2020年6月20日~30日(終了)(同時開催)
長尾周二&フランソワーズ・イカール二人出会い展
愛媛県砥部町ミュゼ里山房
愛媛の展覧会の詳細はこちらをご覧ください。


当サイトは画家・長尾周二氏の投稿をほぼそのまま掲載しております。
※掲載においては長尾氏本人の責任において現行の国内外の法令や社会規範等を遵守するように努めておりますが、お気付きの点等がございましたら直接長尾氏にお問合せをお願い致します。適宜対応いたします。
※メールアドレス(下記はリンクではありませんので入力ください)
shuj-nagao-go-12@docomo.ne.jp

(サイト管理者より)

旅行記

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真120527
とても暑くてアイスクリームを差し入れに行ったのですがその際槙さんにご覧のクラシックスポーツカーの絵画制作依頼が有りました。

ちょうどその時、偶然顔見知りの新聞記者がミュウジアムに来て槙さんの個展会場も取材して下さいました。

私もコックピットに座りましたが何とも言えないワクワクする一時でした。
ルノー製のスポーツカーでルマン等で活躍した車だそうです。

こうしたマニアのコレクターは大変多く見られます。
日本と違い車検等維持費が格段に安く済みますからコレクションも可能です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真120525
シャトーボガールの庭園も花が咲き揃いとても綺麗です。
薔薇も藤の花も美しい姿を楽しましてくれます。
野原に出ると同様に名前の知らない花が咲き乱れて一日中描いても飽きません。
写真の絵はシャトーボガールの庭園で描いた作品です。
余談ですがフランスは世界一家庭用洗剤を使う国ではないでしょうか?
料理には色々な油を使い其れを洗い流すだけでも大変です。デザートやチーズでもカップやお皿を変えます。食器を洗った後、手も油でぎとぎとに為ります。洗剤を使い手も洗わなくては為りません。

ドイツは朝食に確り食べて夜はお摘みとビールです。食器を洗うのも一番合理的でボールに水を貯めて洗剤を入れてそれで洗ったらお仕舞いです。水は流さず植物にやります。
ドイツ人の友人宅で水を流して食器を洗ったらもったいない水もお金だから貯めて洗う様にと言われました。
水が豊富な日本では考えられない光景です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真120521
19日土曜日からフォモンタンに有るマトラーカー博物館で車の画を描いた個展が開催されました。

ヨーロッパ放浪の旅を始めた年にスペイン アルテァで出会った日本人画家槙さんの個展が始まりました。

スペインバレンシア地方在住でポートレイトを20000人以上描いたスペシャリストで車の画も大好きです。
青年期、私はトヨタ系セントラル自工でカーデザイナーをしていましたが彼も本田技研工業に勤務経験が有ります。

そうした経緯が有って昨年シャトーボガールでの肖像画展に出品、マダム フランソワーズさんを紹介しました。

彼の自動車に対する情熱と品格の有る作品郡を見てMuseeでの個展開催と為りました。
200人近くの入場者がありこの街のメイヤも来られました。

今後のご活躍を楽しみに共に励みたいと思っています。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真120517
槙さんと出会ったのは渡欧して間も無くスペイン、バレンシア地方ベニドームでした。
美術大学があるアルテァの街でロシア人画家アナトリーさんと友人に為りました。画家同士で直ぐ親しくなり泊めて頂く仲に為りました。近くの街に日本人画家が居るから行こうと紹介して下さったのが槙さんでした。

今回個展の為にスペインバレンシア地方からフランス、ロワール地方に来ました。
車のトランクには展覧会作品で一杯かと思いきやゴルフバッグが入って居ました。

マダムの館から3キロ先にゴルフ場が有ります。夕方、早速ミニコースに出てきました。此処は9ホールのコースと6ホールのミニコースが有ります。9ホールのコースが25ユーロミニコースが10ユーロで一日中回って居ても構わないそうです。お客様も殆ど居ませんから3個4個とボールを打ちながら回れます。
ゴルフ好きにはたまらない格安料金で一日中遊べる訳です。

グリーンには一人で回って居るプレーヤーも何人か居ました。日本のゴルフ場とは比較に為らない位のんびりしています。
ミニコースは私達しかプレーしている人が居ませんでしたから練習には最高でした。

写真はプレー中の槙さんです。

昼食は向井円さんのご主人がチーフシエフとして働いているレストランで取り、夕食は槙さんが作ったカレーライスをマダム他7人で頂きました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真120513
今日、朝シャトーボガールの庭園で牡丹を描きました。ま、出来映えはこんな物ですが楽しく描きました。帰って来て3時過ぎからパネルを作りました。

此方にも画材店に売って居ますが高くて手が出ません。そこでベニヤと材木を買ってきてパネルを作って居ます。先ずベニヤのサイズは勿論違います。日本のサイズより大きいですね。材木も日本より高くて3倍以上します。
ノコギリも最初日本から持参したのを使って居ましたが日本人にプレゼントしてしまって此方で買ったノコギリを使って居ます。日本のノコギリは引いて切りますが此方のノコギリは押して切ります。
釘も日本製より大ざっぱでま、使えれば問題無いだろうと言った感じです。

そんな道具を使って今日はパネルを12枚作りました。6号から12号、15号30号と色々です。

日が長く為って9時過ぎまで外で作業をしました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品「花壇」写真
ブロァーの郊外に有るスーパーマーケット オーシャンに買い物と携帯電話のマネーチャレンジに行きました。
買い物途中、店の中で挨拶されてフランス3チャンネルのテレビ見ましたよと声をかけられました。

チャップリンが被っている帽子と毎日新聞のハッピ姿でのインタビューでしたから印象的だったのでしょうね。

一枚30号花壇の作品を仕上げ上森さん宅に向かいました。
夕食を共にする為に材料を買って向かいました。
空気が入れ代わり一挙に夏です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真120507
大統領選挙が有りましたがその際も有権者同士が議論していましたがお互いに自分の考えを此れでもかという位話して居ました。
幸い内容迄は分かりませんから長話しかな?です。

友人が来るとランチ4時間、ディナー5時間はかかります。
ま、気長に付き合うしかないですね。

シャトーボガールの庭も薔薇や牡丹が咲き始め制作を続けて居ます。
広大な敷地ですから車を乗り入れる許可をマダム ナタリーさんから頂いて50号とかの作品を描いて居ます。
今年は毎日雨が降って3時間も保てば好い方で中々仕上がりません。

庭で描いた作品です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真120501
5月1日は毎年シャトーシャンボールで蚤の市が開催されます。
シスレーヌさん等が見に行かないかと誘って下さって朝8時に迎えに来て頂きました。

シャトーシャンボールは今展覧会をしているシャトーボガールを時の財務大臣に譲って新たに造られたシャトーです。

そんな因縁は別にしてとても大きなシャトーで蚤の市も大規模の行事で一回りするだけで2時間はかかりました。
プロショップから一般人の店まで数え切れない位の出店が有りました。
所持金が心細いので見るだけのつもりでしたが、安くて良い物が有りましたので買いました。
丁寧に見て回ると本当に良い物が有ります。

アンティークが大好きな私にとってパラダイスの様な行事でした。
昼前には引き上げてシャトーボガールに帰って来て展覧会の受け付けをしています。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・展覧会写真1204281
先ずテレビ収録が有りました。
フランス3チヤンネルです。
主要アーティストの作品を撮影すると同時に作家インタビューが有りました。
2人インタビューを受けたのですが私も英語でのインタビューを受けました。
私の片言の英語が通じている事に自分でも笑ってしまいます。

内容は自画像を描いた経緯やシャトーボガールとの関係そして昨年の東日本大震災でのチャリティー展覧会のお礼を話させて頂きました。
水彩画家・長尾周二・展覧会写真1204282
水彩画家・長尾周二・展覧会写真1204283
午後6時半からレセプションパーティー、ディナー、そしてジョゼさん達のシャンソン&手品ショーと続きます。
レセプションパーティーには90人位の参加者と新聞社2社の取材が有りました。そのレセプションパーティーの席でサロンインターナショナルポートレイト展での優秀作品作家4名の表彰状授与が有りました。
その一人に日本から出品されている荒井弘子さんが選ばれました。

おめでとうございます。
表彰状は代理で中台まほさんが受け取りました。

そしてディナーです。
料理は向井円さんが作った日本食を中心にしたメニューで頂きました。
中には100キロ離れた場所からこの食事を楽しみにいらっしゃった方も居ました。
プレスの方も試食しましたが大変美味しいと話して居ました。
ディナー会場は別のホールで行われましたがその会場に私の花の作品による個展を1日だけさせて頂きました。
大変好評でシャトーボガールの城主家族からもお誉めの言葉を頂きました。

その後はジョゼさん達のシャンソン&手品のショー、マダム フランソワーズさん創作の詩の朗読と長い1日を楽しみながら過ごさせて頂きました。

勿論ベッドに入ったのは次の日の二時でした。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真120423
日本からの三人を加え気が付けば日本人画家が6人出品しています。特に今回は荒井弘子さんの作品がメイン会場に二点展示されました。
招待作家を除けば二点展示作家は殆ど居ません。
私もお世話して大変嬉しく思って居ます。
おめでとうございます。

マダムの話では来年はParisセンター近くの会場で大規模な展覧会を企画しているそうです。今回出品されて居る日本の作家にも来られた時に話が有と思います。

中台まほさんも会場に手伝いに来て頂いて大変助かって居ます。

展覧会前に描いた作品です。描きだして雨が激しくなり一時車の中で描きましたが乾きが悪く6時間係って何とか仕上げました。

今は会場受付の合間を見てシャトーの庭の花を描いて居ます。

↑このページのトップヘ