水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
・SHUJI NAGAO(長尾周二)とゴゼ・リマーデ二人展
2019年8月18日~28日

フランス・ブラシュー・ビエールホール
水彩画家・長尾周二とセネガル共和国の画家・ゴゼ・リマーデの二人展です。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

・KOKORO JAPON展
2019年9月15日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
(一社)アートシップインターナショナル主催の日本人アーティストによる展覧会(合計19名出品)
KOKOROJAPON展20191

日仏国際交流展

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展c1
先ず日本画家の柳楽晃里さんの作品です。藤の花を描いて居ます。 (上の写真)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展c2
バイクが描かれて居るのはフランスを代表する現代美術の巨匠・ベルナール ロルジュの作品です。
明るい色彩の作家はphilippe BRISSONさんです。(上の写真・右)

大西・アオイ記念館・日仏国際交流展c3
円形の作品はroly STECKさんです。(上の写真・左)
真ん中の作品はmagali LEONARDさんです。
ニケと円盤投げのモチーフを描いて居るのはdanielle GACHETさんです。
(上の写真・右)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展d1
黒い人物像が描かれて居るのはviviane ortiz MAUSKEさんです。(上の写真・左)
顔を描いて居る2作品はchristine GAUTHERONさんです。
(上の写真・中と右)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展d2
キッッキが描かれて居る作家はconstance BERGERさんです。(上の写真・左)
海で泳姿の作品はdanielle BAILLY–SALINSさんです。(上の写真・中)

風景画2点を描いているのはlucien MELOUさんです。
(上の写真・右)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展d3
黒で描かれて居るドローイングは醍醐イサムさんです。(上の写真・左)
グレーが基調な作品はverena von LICHTENBERGさんの作品です。
(上の写真・中と右)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展E1
青を基調した2点の作品はjean–louis BIGOTさんです。(上の写真・左右)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展E2
黒の中に人物像が有る作品は斎藤良さんのリトグラフです。(上の写真)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展E3
青の作品は地元香川県の作家モーリエール瞳さんの作品です。(上の写真)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展f1
荒井弘子さんの作品です。心の深層を抉り出す秀作です。 (上の写真・左右)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展・作品写真
点描表現の作品はmichel MAURYさんです。(上の写真)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展f3
イーゼルに置かれた作品は鯨岡里子さんで5点の連作となっています。(上の写真)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展g1
水口麟太郎さんはグラスファイバーを使ったオブジェを制作、写真に撮った物です。(上の写真)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展g2
青の作品は斎藤良さんの作品です。(上の写真)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展h1
TOSEN IWASAKIさんの作品です。(上の写真)
数字の一から順番に表現した作品で斬新な表現となって居ます。

大西・アオイ記念館・日仏国際交流展I1
黒と赤で表現されて居る作家はanic PICARDさん(上の写真・左)
黒い基調の作品はARTEC会長のフランソワーズ イカールさんのフェイスシリーズの作品です。(中)
黄色が入ったコンポジションの作品はmoller PHILIPPEさんです。
(上の写真・右)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展I2
3点続きの作家はcaussin BELLONさんです。(上の写真)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展I3
パステル画3点はlaure DEVYさんです。(上の写真)
大西・アオイ記念館・日仏国際交流展g3



最後に長尾周二桜の風景画です。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
長尾周二・日仏国際交流展4
上の写真は黄色が主な作家は楠本恵子さんです。
長尾周二・日仏国際交流展5
次の写真は左から、人体を表現して居る作家は石尾たか司さん、花を表現して居る作品は藤倉春日さんです。

これ等の作品は銀座ギャラリーGKよりご紹介頂いた作家です。
皆さん表現は違いますが見応えのある作品です。
ご覧に為った方々は高松市では観られない秀作だとお褒めの言葉を頂いています。
こうして現代フランス作家との交流展は見る側にとっても又とないチャンスだと思っています。

他の作家や作品も近日中に紹介させていただきます。

長尾周二・日仏国際交流展6
チャリティーボックス(有志の方々:写真撮影および掲載の許諾済)
また美術館の館長がノートルダム大聖堂の火災に対してお見舞いの言葉を掲示して下さいました。其れをご覧に為ったお客様がチャリティーボックスは無いのかと言われ急いで製作しました。すると早速寄付をして下さって居ます。

3.11東日本大震災の際はフランス国民からチャリティー展覧会に多くの寄付を頂いた経緯が有ります。そうした事も有ってチャリティーボックスの設置となりました。

寄付を頂いた方々その心根に感謝致します。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
長尾周二・日仏国際交流展3
※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
朝、大西アオイ記念館に着くと早速前回の個展にいらっしゃった方々が駆けつけて頂きました。
長尾周二・日仏国際交流展1
※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
写真は愛媛県松山から宮崎さんご夫婦と砥部の矢野さんの写真です。
展示風景は今後随時載せます。

初日夕方松山にポールさんと行きました。
知人の飯尾さんからホームパーティーに招かれてお伺いしました。
約15人が参加していて大変楽しく過ごさせて頂きました。

その日はポールさん共々泊めて頂いて、今日は今治市から尾道市までのね「しまなみ海道」を走って広島の宮島口ポールさんが宿泊するホテルに送って行きました。
ポールさんはフランス語しか話せないので広島から福岡迄と福岡から高松の切符を買うのをサポートして日本の旅を楽しんで頂ける様にしました。明日からまた展覧会の受付に通います。
水彩画家・長尾周二1904171

↑このページのトップヘ