水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
国内展覧会情報
ジャポニスム2018参加アーティストによる日仏国際交流展
2019年4月16日~4月29日

大西・アオイ記念館(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。
展覧会チラシ:表
展覧会チラシ:ウラ


フランス&砥部作家交流展ー新緑の陶街道にそよぐロワールの風ー
2019年5月11日~5月18日

ミュゼ里山房(愛媛県砥部町)
詳しくはこちらをご覧ください。

長尾周二水彩画展
2019年4月22日~4月30日

珈笛画廊ほのほ(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

海外展覧会
長尾周二ほか展覧会(仮題)【予定】
2019年7月

フランス・会場未定
個展プラス他アーティストの予定で調整中です。

KOKORO JAPON展
2019年9月14日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
(一社)アートシップインターナショナル会員の他連携事業者様関係による展覧会

柳樂晃里

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1808231
昨日、午後から気温がどんどん上がりそれには合わせる様に来場者が居なくなりました。今日も朝から南風でとても暑くて会場に居るだけで汗が吹き出しました。それでもなお19名の来場者が有り本当にありがとうございます。
上の写真はブラシュー・ビエールホールの外観風景です。

続けて作家の印象です。
水彩画家・長尾周二1808232
Muromachi katsuyo (ムロマチカツヨ)さんの作品は身近な生活を通して得たイメージを作品にして居るとの事ですが台所で調理した際の野菜等を自分の心の中に消化し組み立てて居ます。そうした作品ですが緑の健康的な画面構成はさすがと言わざるを得ません。今後の作品に注目したい作家です。

水彩画家・長尾周二1808233
kujiraoka eriko (鯨岡恵里子)さんは銅版画家です。オーソドックスにコッコッと積み上げた技とイメージが一体となって画面に引き込まれる秀作と為って居ます。

水彩画家・長尾周二1808234
Nagira kouri (柳樂晃里)さんは日本画の作家です。何度かフランスのビジターにこれはどんな絵の具を使ってるのかと質問が来たりあの透き通った表現は使って居る絵の具の為なのかと話が有りました。フランス人はこうした事も丁寧に鑑賞し質問します。会場に居られたら直接色々な事を得られる事でしょう。

毎日フランソワーズさんの館に帰っては居ません。朝夕の美しい風景堪能する事も忘れては居ません。天の川銀河を見上げ朝日の昇るのを草原の中で体感しそれらを写生して居ます。昨日の夕日はとても綺麗でした。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1806081
名古屋から久しぶりに「20年ぶり」に岐阜、関ヶ原、彦根と走り京都を目指しました。基本的にこのルートは時間が掛かりますので滅多に利用しません。
明るい内に彦根城を右側に見ながら走り抜けました。
その日は京都から9号線を福知山方面に、途中丹波で左にハンドルを切り川を渡り畑の横で泊まりました。車を止めて電気を消すと星天と何か光って居る物が見えます。良く見るとホタルです。しかも大きなゲンジ蛍ではありませんか。
私が生まれて7才まで育った田舎の夏と同じでその大きなゲンジ蛍の軌跡を追って楽しみました。
水彩画家・長尾周二1806082
朝、鳥取経由で米子方面に走り約束より早かったのですが作品を受け取りました。
天気予報が微妙ですが釣りを楽しみたいと思います。
瀬戸内よりは大きな魚が釣れますので楽しみにして居ます。釣り道具屋さんで餌を買って更に西に走らせました。
釣れなくてもこうして居る時が一番楽しいですね。
美保関で小アジを釣って居る老夫婦と出会い三匹のアジを頂き捌いて刺身にして頂きました。
日頃の疲れを取るのにはコレが一番です。

↑このページのトップヘ