水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。

水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
アートシップインターナショナル展(Japonismesジャポニスム2018参加記念)

2019年4月16日~4月29日
今夏にフランスで開催の「KOKORO JAPON展」PART1およびPART2(独立行政法人・国際交流基金主催Japonismesジャポニスム2018参加企画認定イベント)に出品したメンバーおよび一般アーティストによる展覧会を開催します。(【ジャポニスム2018】の詳細は下記参照)会場は2017年11月~12月に理事長・ 長尾周二が個展を開催した香川県高松市の「大西・アオイ記念館」で行います。
〒761-0302 香川県 高松市 上林町148番地
※もよりのインターチェンジは高松中央I.Cです。香川大学工学部、県立図書館近くです。
電話:(087)880-7888
施設入館料:100円

ホームページ


※ご参考:大西・アオイ記念館
アオイ電子および同社の創業者・大西通義氏が設立した「公益財団法人大西・アオイ記念財団」が、文化芸術の振興などを目的に開いた施設です。大西氏がこれまで集めた茶道具や絵画の作品が展示されています。

※Japonismes ジャポニスム2018とは
2018年7月~2019年2月に独立行政法人・国際交流基金ジャポニスム事務局が行なう日仏文化交流事業のイベントです。概要は下記の通りとなっています。
「日本とフランスの両国が連携し、芸術の都フランス・パリを中心に“世界にまだ知られていない日本文化の魅力”を紹介する大規模な複合型文化芸術イベントを開催します。」
(Japonismes ジャポニスム2018公式サイトより引用)
Japonismes ジャポニスム2018公式サイト
Japan Expo 公式サイト(日本語公式ホームページ)

歯アート美術館

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1901252
電話で会長の和田さんは不在と分かって居ましたが立ち寄りました。
この美術館にはプライベートビーチが有ります。
瀬戸内海の海岸はゴミで美しいと言える海岸は殆どありません。
しかしこの美術館の海岸は綺麗に清掃されて居て見ていても気持ち良い風景です。
水彩画家・長尾周二1901251
挨拶をして後にしました。
その後、対岸の大串半島に向かいました。
私の好きな場所で海岸清掃をする為です。
水彩画家・長尾周二1901253
ごみ袋や道具は常日頃から車に積んで居ますので直ぐ始められました。
丁度干潮の時に始め終わったのは満潮に為っていました。
45リットルのごみ袋15枚使って集めました。
小さな浜辺ですがいつもこんなにゴミが有るのかと呆れます。
ゴミの種類を見て居るとペットボトルが目立ちます。その次が観葉植物のプラスチック容器です。自宅の庭やベランダを花で飾ってその容器が大量に捨てられて海が汚れて居ます。
前回同じ場所で清掃した際には漁具が目立ちましたが其れは少なく為っていました。
海水はとても透明度の高く綺麗ですから渚のゴミが無くなればと思って居ます。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
1月14日NHKお昼のニュースの香川県ローカルニュースで現在開催されている「歯アート美術館の日仏合同美術展・アートの散歩道・パリー瀬戸内」【主催:アートシップインターナショナル、協賛ARTEC(欧州造形美術振興協会)、後援:外務省】が紹介されました。

また民放でも西日本放送や岡山テレビなどからも取材を受けました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二1501031


美術館オーナーの和田弘毅さんの歯ART美術館開館10周年記念展(外務省後援)のオープニングパーティーが開催されました。
出席者は来賓として香川県知事(代理)、衆議院議員玉木雄一郎氏、参議院議員三宅伸吾氏(秘書)、高松市議会議長鎌田基志氏、県会議員山本悟史氏が出席されました。
そして来日したフランス人作家等5人を含め、総計約30名の出席者のもと開催されました。
取材も地元テレビ局が2局など入って居た様です。

こうして日仏友好の企画展が開催され大変喜んで居ます。

水彩画家・長尾周二1501032



開催概要
歯ART美術館・開館10周年記念「アートの散歩道・パリー瀬戸内」
主催:歯ART美術館・アートシップインターナショナル
協賛:ARTEC(欧州造形美術振興協会)

後援;外務省
長尾周二ほかアートシップインターナショナル・日本人アーティスト5人とフランスを代表するARTEC(欧州造形美術振興協会 )現役メンバーのアーティスト15人の作品を展示する日仏友好美術展覧会です。

2015年1月1日(木)~2月28日(木)(会期中無休)
開館時間10:00~ 17:00
〒761-0130 香川県高松市庵治町生の国3180-1
TEL 087-871-0666
FAX 087-871-0667
志度インターから、約20分
高松自動車道高松東ICから、約30分
琴電八栗駅からタクシーで、約15分
※最寄り駅は琴電塩屋駅ですが、タクシーが拾いやすいのは琴電八栗駅か琴電志度駅です。
※当館までの公共交通機関はありません。
※駐車場あり約30台分
Google Map (周辺の地図・地図内に美術館がございます)
入館料大人(18歳以上)600円、中高生200円(団体は各100円引)、小学生以下無料
【歯ART美術館ホームページ】 (左の青字をクリックするとご覧になれます)
水彩画家・長尾周二・歯ART美術館展覧会チラシ

↑このページのトップヘ