水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。

水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
アートシップインターナショナル展(Japonismesジャポニスム2018参加記念)

2019年4月16日~4月29日
今夏にフランスで開催の「KOKORO JAPON展」PART1およびPART2(独立行政法人・国際交流基金主催Japonismesジャポニスム2018参加企画認定イベント)に出品したメンバーおよび一般アーティストによる展覧会を開催します。(【ジャポニスム2018】の詳細は下記参照)会場は2017年11月~12月に理事長・ 長尾周二が個展を開催した香川県高松市の「大西・アオイ記念館」で行います。
〒761-0302 香川県 高松市 上林町148番地
※もよりのインターチェンジは高松中央I.Cです。香川大学工学部、県立図書館近くです。
電話:(087)880-7888
施設入館料:100円

ホームページ


※ご参考:大西・アオイ記念館
アオイ電子および同社の創業者・大西通義氏が設立した「公益財団法人大西・アオイ記念財団」が、文化芸術の振興などを目的に開いた施設です。大西氏がこれまで集めた茶道具や絵画の作品が展示されています。

※Japonismes ジャポニスム2018とは
2018年7月~2019年2月に独立行政法人・国際交流基金ジャポニスム事務局が行なう日仏文化交流事業のイベントです。概要は下記の通りとなっています。
「日本とフランスの両国が連携し、芸術の都フランス・パリを中心に“世界にまだ知られていない日本文化の魅力”を紹介する大規模な複合型文化芸術イベントを開催します。」
(Japonismes ジャポニスム2018公式サイトより引用)
Japonismes ジャポニスム2018公式サイト
Japan Expo 公式サイト(日本語公式ホームページ)

水口麟太郎

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
17日飾り付けの日に4時頃終わって夕方まで3時間弱開けていて18人お見えになりました。18日、19日と両日とも100人超えで平日の今日も51人来場者が有りました。イギリス人やオランダ人、スイス人等バカンスで訪れる観客で賑わって居ます。

今回から出品作品の作品を掲載します。会期中何度かに分けてエピソードを含めて案内致します。
水彩画家・長尾周二1808211
先ずはSaitou ryou (サイトウ良)さんの作品です。
大変レベルの高い版画だと評判です。私も常日頃から日本人作家のレベルは世界的に見てもエッフェル塔近くの日本文化会館館長杉浦が仰る様に高いと思います。そうした中でも印象に残る作品です。
水彩画家・長尾周二1808212
Isio takashi (石尾たか司)さんの裸婦をモチーフにした作品も斬新な視点で表現されて居てオリジナリティが高く見る人に印象的な作品です。

Yamamoto sotarou (山本荘太郎)さんの作品もARTEC会長フランソワーズさんの尽力でParis個展の際に高い評価を得ています。グラフィックの仕事ですがユーモアセンスたっぷりの作品です。
マドレーヌ寺院KOKORO JAPON展の際に作品写真添付します。
水彩画家・長尾周二1808213
Iwsaki Tosenさんの作品はフランスでも人気で昨年のマドレーヌ寺院展でもアメリカ人のデザイナーが買い求めた事でもお分かり頂けると思います。此処数日間でも観客の方は足を止められ鑑賞して居ます。今後の活躍が楽しみなアーティストです。

水彩画家・長尾周二1808214
この都度Parisの大学を終えて新たなる活動を始めるⅯizuguchi rintaro (水口麟太郎)さんはParisの個展の際に美術雑誌インタビュー記事が掲載された新進気鋭のメンバーです。今後も日仏で活躍するアーティストです。光のオブジェが今回の出品作品です。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1807271

大変嬉しいお知らせです。
アートシップインターナショナルメンバーの水口麟太郎さんがParisで個展で記者にインタビューを受けました。そのアレキサンダーさんからフランソワーズさんに連絡が有り美術雑誌に記事として掲載したいので作品と顔写真を送って欲しいとの事です
。エッフェル塔近くのギャラリストから個展の企画が決まった事に続いて嬉しい報告です。
他の美術雑誌にも記事に為ったとお聞きして居ます。

ARTEC会長フランソワーズさんは長年Parisのラジオ番組で美術担当して居ましたのでジャーナリスト業界にも知られた存在です。私達はそうした恵まれた中で展覧会を開催させて頂いています。
水彩画家・長尾周二1807272
ブラシューの友人が経営して居るレストランでベルニーサジュの仕出しをお願いして居ましたので取りにお伺いしました。
マーケットにワイン等の飲み物、おつまみの買い出しをして来ました。
早朝から最終的な作品選びと積込長い一日が終わりました。
私の個展案内もフランソワーズさんがこれでもかと言った感じでジャーナリストにも送って頂いて居ます。
本当に有り難い限りです。イメージした作品を選び展示しますので私も楽しみにしています。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1806061
※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
梅雨前線が北上して愛知県も雨が降り出しました。夕方から降り出した雨は車の屋根を叩き真夜中に目が覚めブログの更新と為りました。
昨日は西尾市のメンバーとParisマドレーヌ展の打ち合わせをしました。
夢を語り目標に向かって進む姿を見るのは楽しい物です。そうした輝いた瞳の背中を押して一緒に活動出来る事は私にとっても幸せだと思って居ます。

日本の大学を卒業しParisの大学に留学中の麟太郎さんはルーブル美術館ピラミッドで五月個展を開催して早くもその才能を発揮し、高く評価されて居ます。
同様に今回出品し渡仏する千葉さんも素晴らしい才能と行動力があり未来が開けると確信して居ます。
夢を見なければ人生楽しく有りません。その夢を叶えるには行動しなければ夢で終わります。
そうした夢追い人を応援するギャラリストが日本にもいらっしゃってそのオーナーから5人の作家が紹介され出品します。

今年はそうした事も有って会を立ち上げて4年目、がむしゃらに突き進み次の夢に向かって居ます。国際交流は勿論の事、日本文化の為に出来る事を一歩一歩前にと思って居ます。
そうして旅を続けて山を愛で時に海に浸りおまけに魚釣りも楽しみたいと思って居ます。

水彩画家・長尾周二1806062
作品の海は蒲郡市で描きました。
麦わら帽子の釣り人は若い女性で写生が終わった後しばらく釣り談義と為りました。

↑このページのトップヘ