水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
国内展覧会情報
ジャポニスム2018参加アーティストによる日仏国際交流展
2019年4月16日~4月29日

大西・アオイ記念館(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

ロワール砥部日仏作家交流展 ー新緑の陶街道にロワールの風が流れる!ー
2019年5月11日~5月18日

ミュゼ里山房(愛媛県砥部町)
詳しくはこちらをご覧ください。

長尾周二水彩画展
2019年4月22日~4月30日

珈笛画廊ほのほ(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

海外展覧会
KOKORO JAPON展
2019年9月14日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
(一社)アートシップインターナショナル主催の日本人アーティストによる展覧会(19名出品予定)

水彩画

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二旅行記写真100528
シャトーボガールでの個展開催中で連日大勢の方が来て頂いてとても盛況です。
フェリスィタスイオンとお祝いを言って握手を求めて来られたりで大変嬉しく思って居ます。
先日はフランソワーズさんと9月からの日本での作品展の打ち合わせをしました。

会場は
・9月25日~10月7日 名古屋市小さな美術館かじた
・10月28日~11月2日長野市ギャラリータカハシ
・12月6日~12日京都法然院

で開催します。フランス側から五人の作家20点の作品を送って頂く事に為りました。

欧州放浪の旅が文化交流迄発展し現実的に為りました。
フランソワーズさんも京都法然院での展覧会に合わせて来日して頂きます。日本人は私の友人と四人で作品を出品します。小さな会場で個人的に企画し開催出来る事になり大変嬉しく思っています。
今回はフランスの作家ですがドイツス、ペイン等で知り合ったアーティストとの作品展も出来ればと思って居ます。

早速滋賀県在住陶芸家立石善規さんにその旨連絡を取り準備を進める事になりました。
額縁の製作やパンフレット、ポスター等用意の為に今日の朝は日本に電話連絡をしました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二近影201005
※写真は制作風景です。
写真家のジョンさん宅で写生している時に熱中していてジョンさ んが写真を撮って居るのが分かりませんでした。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二旅行記画像100331
シュウジのシャトーから展覧会場があるブガッシュウ市迄片道50キロ以上車で走り通って居ます。行く途中にこずえ&ディティェさんのパン屋さんがあり毎日のパンを買って帰って居ます。フランソワーズ
さんもお気に入りでとても美味しいです。
今日は小学生が展覧会場に来られて私がデモストレーションで絵を描いてその後に生徒さんも絵を描く授業をさせて頂きました。
木曜日に又別のクラスの子供達が来るそうです。
今日来た子供の中にこの展覧会場で出会った向井さんご夫婦のお子様も居ました。通訳は向井円さんにお願い致しました。
まさかフランスで絵の授業をするとは思っても居ませんでした。向井円さん有り難うごさいました。
子供達の作品はとても色彩が豊かで感動しました。日本の子供達とは又違った良さが感じられとても楽しい時間でした。
引率の先生方ご父兄の皆様有り難うごさいました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
ロワール地方での展覧会のポスターと案内状が出来ました。
皆様の協力で此処まで辿り着きました。
水彩画家・長尾周二個展ポスター1
水彩画家・長尾周二個展チラシ1

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二旅行記画像100318
ランチをフランソワーズさんの友人ジョンさん〔88歳 〕ミッシュリンさん〔82歳〕御夫妻とご一緒しました。
レストランで愉しく歓談しながらのランチでしたがこのお年でこの料理をたいらげたのにびっくり。
元気の元は食に有のでしょうか!私はお子様ランチの様な量しか食べられませんでした。
どのテーブルも同様に凄い量の食事が並んでいました。その他にビール又はワイン、デザート、カフェ、パンが付いて居ます。写真をご覧下さい。

此処でも展覧会に来て頂ける様にお願い致しました。
順調に準備が進んで居ますが東京から送った額縁に関税の請求書が届きました。約50000円です。
ドイツやフランスはしっかり請求が来ると話には聞いて居ましたが。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二スペイン風景画1画像
地中海側に回って通行止めでしたので雪の中で野宿。とても強い寒気の様で風速30メートル位のブリザードが容赦無く吹き続けていました。

次の日、幹線国道のN2号線に戻りフランス国境越えをしました。60キロ位の道程を普段なら一時間で通過する処を八時間以上かけての峠越えでした。峠付近は50センチ以上は積もっていてしかもアイスバーンに為っていましたから仕方有りませんね。

クリオのアンリー&道子さんにお伺い出来ないとメールを入れた処3日経ってやっと主要道路の除雪が出来たそうで南のリゾート地での大雪には皆さんお手上げだった様です。

私はクリオもカルカッソンヌにも寄らずサンレミプロバンスに向かいました。雪は少し積もって居ましたが道路には積雪が無く無事友人のジョ
ンさん宅に辿り着きました。

絵はスペイン側で描いた風景です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二ヨーロッパf放浪記画像2

スペイン側フランス国境の街ポートブゥで積雪10センチ以上になり通行止めです。地中海に面した温暖なリゾート地ですが雪で前に進めませんでした。早朝から雪に変わり内陸部は積雪で駄目だと思い海岸線に回ったのです。

成田国際空港を立つ時も雪が舞って居ましたがビックリです。バレンシア地方は春も終わりの感じでしたがカタロニア地方は冬に逆戻りです。食料は十分買い込んで居ますから問題は有りませんが寒いのは苦手ですね。

車から外に出られませんし窓ガラスに雪が舞っていて冷蔵庫の中に居る
ようなものです。
勿論タイヤチェーンも持って居ますがポリスが通行止めをしていますので今日はこの街で野宿です。

おまけに昼過ぎ迄聞こえてたラジオ放送が突然途切れ今は短波ラジオを聞いて居ます。

スペインのラジオ中継局で落雷か雪でアクシデントが有ったのでしょうかAM FM 共に聞けなくなりました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二ヨーロッパf放浪記画像1

アルテァ在住のアナトリー一家と夕食を楽しみ次の日槙さんと中華レストランでご馳走になりバレンシア地方からカタロニア地方に向かいました。

途中の風景も内陸部に入ると桜に似たアーモンドの花が咲いていたりで春を満喫しながらの旅立ちでした。
ランチタイムで丘の上に登ると野生のラベンダーが咲いて居ましたので花束にしてみました。車の中がとても爽やかな香りです。

バロセロナを通り過ぎた内陸部で野宿したのですが昨日降り続いた雨が朝方雪に変わり一面が雪で薄化粧でした。

道理で寒い訳です、寒くて朝早く目が覚めました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二「桜」

スカンジナビア航空でコペンハーゲンに入り空港で一泊次の日スペインマドリッドに着。地下鉄でバスターミナルへそこから地中海側にあるベニドーム迄高速ハイウェイバスの旅です。
赤い大地に春を感じさせる桜の花に似たアーモンドが咲いていてスペインに着いたと実感しました。
ベニドームの槙さん宅にお世話になりながら自動車保険の更新と車検を進めて居ます。
しばらく絵筆から遠ざかって居ましたので周りの風景がとても新鮮に感じ新たな意欲が湧いて心が弾みます。
余談ですがスペインの車検は意外と厳しく整備が完全で無いと通りません。日本の車検より厳しくチェックされます。一般道路でも90キロ制限ですからタイヤとブレーキは厳格に検査します。
明日には車検が終わり4年目のヨーロッパ放浪の旅が始まります。

写真はフランスに送った作品の「桜」です。約40点660キロの額縁と作品を展覧会の為送りました。

↑このページのトップヘ