水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
・KOKORO JAPON展
2019年9月15日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
主催:(一社)アートシップインターナショナル
後援:在仏日本大使館
日本人アーティストによる展覧会(合計19名出品)
詳細はこちらをご覧ください
長尾周二・KOKOROJAPON展20191
その後の展覧会予定
・2020年5月
日仏文化交流展1(仮称):群馬県安中市文化センター&廃校グランド
・2020年6月23日~28日
日仏文化交流展2(仮称):愛媛県立美術館
・2020年8月28日~9月8日
日仏交流展3(仮称):フランス・ブラシュー・ビエールホール
KOKORO JAPON展2020

水彩画家・長尾周二

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
題名のように(一社)アートシップインターナショナル主催の「KOKORO JAPON展」が現地時間15日に開幕しました。今回出品し、展覧会のために渡仏している会員の七條公光子氏より、ベルニサージュを含む展覧会開幕の報告がとどきましたので、掲載いたします。なお写真等は追って掲載する予定です。  【サイト管理者】

「マドレーヌ展 ヴェルニサージレポート」

2019年9月14日早朝、当アートシップのフランスにおける拠点のロワールから、展示全作品を積み込んだバンがパリに向けて出発しました。

運転するのは、会長の長尾周二氏。出展画家の指田氏、星氏、楠本氏も同乗し、会場である世界遺産マドレーヌ寺院に到着しました。 寺院から鍵の束を受け取り、合う鍵を探しあてながら開場。作品を搬入し、会長、画家自らの手で展示していきます。

古い寺院の基礎部分に当たる展示場は、石造りの壁が湾曲しており、そこに渡した棒に作品を吊るしていくのはなかなかの難作業。一同18時からのオープニングパーティーに間に合うよう、コツを会得しながら手際よく進めていきました。
全作品90点を展示し終え、会場を清掃、テーブルに飲み物やおつまみをセッティング。クラシカルな建物にぴったり美しく収まった展示品をバックに、お客様をお待ちしました。

18時を回る頃、在仏外交官の福原氏、総務省の羽白氏がご来場。以後、名だたる美術関係者をお迎えし、ワインを片手に、お話が弾みました。
展示をご覧になられて、それぞれの作品への賞賛はもちろんの事、多様な作品がよく集められていることや、会場の古風な美しさ、アルミスタンドを使った展示方法のユニークさなど、たくさんのお褒めをいただき、すばらしいオープニングとなりました。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾1周二1909141
先ず12日にParisの空港に到着した方を迎えに行って来ました。

その後フランソワーズさんと一緒に指田さん、楠本さんご両名とロアール地方のSHOUZYに在る館に向かいました。 ブロァのギャラリー・レブットやブラシュー・ビエールホールを見て頂いて今後の展覧会開催プランの参考にして頂く為です。

心良くフランソワーズさんが迎えて頂き、2泊した後マドレーヌ寺院企画展の搬入に向かいます。
全ての作品や備品、ベルニサージュのワイン等を車に積み込み準備を調えました。
ついでに彼等はお土産も買い求めて居ました。

明日は又、Parisです。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾1周二1909101
Paris展の為に来仏した七條さんを空港まで迎えに行って来ました。
台風の影響で遅れるのかと心配したのですが関空発でしたからフライトは問題なかったそうですが機体整備のため2時間の遅延と連絡があり私も早目にパリに行って用事も済ませました。
パリの市内は今、交通システムを大改造中で車の車線を減らして自転車専用道路に至る所で工事を進めて居ます。マドレーヌ寺院も例外では無くて駐車場スペースが無くなり大改造中です。ですから入場者動向が心配です。
水彩画家・長尾1周二1909102
さて今日はロワール地方の観光案内、そして展覧会開催が可能であるブロァのギャラリー・レブットとブラシュー・ビエールホールの見学と為って居ます。
勿論友人の円さんのレストランでランチを囲む予定です。
又、私の秘密基地も案内致します。

確かにロワール世界遺産群のシャトーや小さな村まで本当に美しい自然と調和した地域です。
窓から眺めるロワール川にはオオハクチョウはじめ数々の動物が見られます。
毎日夜明け前に起きて朝日の昇るのを眺めて一日が始まります。
本当はイーゼルを持って毎日写生に行く事がと思っていますが叶いません。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾1周二1909071
※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。
現在416222㎞さて車検に出したら、「あそこを修理、ここを修理と指摘されて10月2日までに修理して来なさい」と書類を貰いました。
その箇所は主要部品で高額に為ります。
依って廃車が決定しました。

最後のお勤めがParis郊外でホテル代わりに使う事です。

思い出は沢山有ります。
二度のイタリア旅行、そして二度のポルトガル旅行、またフランソワーズさんもそれとは別にポルトガル展で利用したようです。
その車も寄る年波には勝てず遂に廃車となりました。
今日、軽油満タン給油で今回のParis往復が最後になる予定です。
水彩画家・長尾1周二1909072
Paris展が近づいて来ました。来仏される方とのコンタクトも頻繫にして居ますがフランスは今、最高気温が22度最低気温は7度と為って居ます。
私も今度の蚤の市でセーターを買う予定です。昨年冬の衣類は殆ど処分しました。
黄ばみや虫食い穴で時間の経過を感じます。

帰国準備も始めました。
大作を日本に持ち帰る為や畑さんの作品の整理等です。

群馬県安中市の友人とも連絡を取り日仏文化交流展についても話をしました。
担当の安中市部長にもお伝え頂く様にお願い致しました。
忙しい日々でしたがそれでも50号パネル10枚に制作出来ました。
小品もそれ以上描きました。明日で制作も終わると思いますが悔いは有りません。
次のチャレンジも何と無く見えて来ましたので楽しみです。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾1周二1909041
昨日、フランソワーズさんと一緒にパリ市内の関係者にベルニサージュカードを配って来ました。今日はパリでARTECの会合があるそうで同様にお願いしました。一人でも多くの方に来て頂きたいと思うのですが、ロワール地方と違って知人が少ないのが悩みです。さてそうした準備をしながらも制作は続けて居ます。
水彩画家・長尾1周二1909042
数日前向日葵畑で50ヶ所ダニと思われる虫に刺されました。
流石に同じ場所で制作する勇気は無くて場所を変えました。
日本から持参した軟膏でかゆみは抑えられて居ますが体調も万全では有りません。

ネットで調べた最悪のダニで無い事を祈っています。
野外写生はこうした危険も伴うのですが仕方有りません。
多分身体中の白血球が頑張って居るのだと思います。

それはさて置き、作品が進むと益々自分の作品が何処に向かって行くのか自分でも分からなく為って居ます。
水彩画家・長尾1周二1909043
昔20年前に応援して下さっていた方が「君の絵が分からなくなった」と支援してくれなく為りました。
その頃からすると一見分かり易い絵に見えますがさてどうでしょうか?

フランソワーズさんは向日葵の絵等は絶賛して頂きますが、こんな作品の良し悪しは自分でも難しいと思って居ます。気の赴く儘に筆を走らせて居ますのでさてどうなる事やら。


※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1908311
ARTEC(欧州造形美術振興協会)のメンバーによる小品展です。お馴染みの方々と再会しました。

「来年日本でのアートシップインターナショナル企画の展覧会に出品したい」と仰ってカードを頂いたり、と此処でも繋がりが確実に進んでいます。

安中市の展覧会には二人のフランス画家が来日予定です。
又、愛媛県立美術館での展覧会にはシャンソン歌手のジョゼ&カトリーヌさんが来日予定です。
ARTEC会長フランソワーズ イカールさんも6月銀座ギャラリーGKの個展と愛媛県立美術館での展覧会に併せて来日予定です。
安中市のイベントには来日した作家が作品制作のパフォーマンスもして頂ける様にと考えて居て、内諾を頂いて居ます。
水彩画家・長尾周二1908312
50号の作品も制作して居ますが向日葵畑で悪戦苦闘して居ます。

長時間野外に居てダニの被害に遭いました。家ダニの様ないつ刺されて何時治ったか分からない様な可愛い物では無くて完治するまでに半年以上掛かる厄介者です。近年温暖化の為にフランスには生息して居なかった種類のダニで木に居てそれが人間に害を及ぼす厄介者です。
私も近年毎年刺されて苦労しています。陽射しを避けるため木陰にいた時に刺されたと思われます。渡仏する七條さんに虫刺されのキンカンを持参して頂く様にお願い致しました。


※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1908291
又、暑い日が戻って来ました。朝夕はとても快適で肌寒い位ですが午後から陽射しが出ると野外写生をして居ると汗が噴き出ます。

向日葵畑で昨日、今日と過ごして居ますが午前中はなんの問題もありませんが、午後からは真夏の暑さです。 そうした中どんなに暑くても作品を仕上げなくては為りません。

車に時々帰って水分補給と休憩です。68歳に為って8時間続けての制作は出来なく為って居ます。椅子を出して休み休みです。
しかし野外で制作出来る喜びは何物にも代えがたいです。
そうした恵まれた環境の中で過ごせて居る事に感謝です。
水彩画家・長尾周二1908292
東京や香川県、愛媛県の友人から情報や問い合わせが有りますのでそうした対応も日々行っています。畑さんからも無事日本に帰国、銀座ギャラリーGKの星野さんにもお会いして個展の報告をされたとのことです。
9月9日には次の展覧会の為に渡仏されます。そして12日にパリに着きます。

僅かな時間ですが写生を続けます。
来週月曜日にはパリに展覧会案内状を持って回って来る予定です。


※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1908261
今日の作品ははロワール川対岸よりフランソーワズさんの館を写生した物です。
時々ここの場所に来て暑さを避けたり写生をします。私のお気に入りの一つです。
ロワール川は自然の環境が保全去れて居てオオハクチョウやカワウソも生息しています。木陰でのんびりと過ごし英気を養います。

日本人作家の作品を発見!
 フジタ嗣治と同年代にエコールドパリの作家として活躍した坂東敏雄さん(1895~1973)で、
徳島県出身のエチュードです。
当時はフジタと並んで活躍していたと有りました。
日本よりはフランスで評価されて居て美術館館にコレクションされて居るそうです。

実は5ユーロと言われて其れを3ユーロに負けさせて手に入れました。
漢字で敏雄とサインがありましたので持ち帰りインターネットで調べたところ類似作品が有って間違いないと判断しました。ルーペで印刷もので無い事は確認済です。

どうした経緯でロワールの片田舎に作品が辿り着いたのかも定かではないのですが、コレクションとして其れを日本に持ち帰ります。
又、一つコレクションが充実しました。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1908251
※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。
30度前後の日々が続くと天気予報が伝えて居ます。
ギャラリーレブットの店番に行く前にロワール川河畔にイーゼルを立てて制作しました。
日中は陽射しを浴びると汗が噴き出ますしかし木陰に入るとそれも半減します。
ギャラリーレブットはそんな日でも上着が必要な位涼しいです。
そんな店番も明日で終わります。
水彩画家・長尾周二1908252
しかしながらARTECは次々と展覧会が企画されていますので休む暇が有りません。
作家は制作してこそ前進が有るので怠っては行けません。どんなに失敗した作品で有ってもその過程が大切だと思って居ます。私は駄作も失敗した作品もブログにアップしていますので既に存在しない作品も多数あります。
技術的な事も有りますが自分のイメージにどう近づけるかが問題です。
オリジナリティーは勿論その其の事が一番難しい事です。
所詮2次元の平面に3次元を表現する事が既に絵空事ですが色も空間表現もそしてイマジネーションも必要ですからこれで良しとは為りません。
その為にも制作を止めては行けません。
明日で長い間の拘束が終わります。50号をガンガン描きたいと思って居ます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1908221
毎日ギャラリーレブットで個展の店番をしています。

朝はマドレーヌ寺院 KOKORO JAPON展の準備を始めました。
今お預かりして居る作品の中額装やキャンバス張りは然程有りませんでした。
多分真面目に取り組めば一日で終わる量です。

又、私の車の調子が良くなくガレージに修理点検に出して居ます。
かと言ってパリ市内でホテル滞在出来るほど残高は有りませんので出来るだけの事はします。
水彩画家・長尾周二1908222
毎日ギャラリーレブットで店番をして居てその証拠写真を来場者がプリントアウトして下さいました。ギャラリーレブットは地下に在るので厚手の服装に為って居ます。この方は何度か過去にもお会いした事の有ります。
フランソーワズさんにお見せして確認しましたがARTECのメンバーでは無さそうです。

※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

↑このページのトップヘ