水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルも含め画像・文言はサイト制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。無断での転用・転載を固く禁じます。

水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
・2020年4月29日~5月10日
日仏文化交流展Part1「アートの散歩道・パリー群馬安中」:群馬県安中市の旧松井田西中学校跡地
【後援:外務省、安中市】
・2020年6月23日~28日
日仏文化交流展Part2「アートの散歩道・パリー瀬戸内」:愛媛県美術館

・2020年8月28日~9月8日
長尾周二企画個展:フランス・ブラシュー・ビエールホール
・2020年9月21日~9月27日
KOKORO JAPON展2020:フランス・パリ・マドレーヌ教会


安中および愛媛展覧会の出品者募集
・出品者募集
各展覧会にて出品されたい方
※出品料は1.5メートルで安中のみが1万円、安中・愛媛に出品が1万5千円予定です。
※いずれもまずはサイト管理者へご一報お願い致します。詳細はご相談ください。
電話09033175672の千田(せんだ)まで。またはメニューバー等のメールフォームからご連絡お願い致します。

水彩画家・長尾周二

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二2002211
一番最後に設営した部屋から始めました。
テントを張り明かり取りをアクリル板や農作業用のビニールで作りました。
壁はコンパネに黒い布を巻きました。
水彩画家・長尾周二2002212
写真でご覧頂けば様子が分かります。
真ん中の一番大きな部屋は白い布で入口付近の部屋は赤色の布にしようと思って居ます。
黒い布の部屋には竹を使い装飾します。
水彩画家・長尾周二2002213
事前に校庭の東側にお住まいの方と西側の道路を挟んでお住まいの住民の方に竹の伐採許可を頂き作業を始めました。里山には何処でも竹が茂り問題になって居ます。此処も御多分に漏れず処理に困って居ます。 ですから快く了解を頂きました。

余談ですが亡くなった母が購入した土地約100坪更地でしたが今は竹藪になって居ます。
四国高松より弟から頂いた竹専用のノコギリで20本切りました。
其れを長さ60センチに切り其れをとりあえず部屋に並べました。
紐で結んで固定する予定です。
明日は竹を紐で結びたいと思って居ます。


※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二2002191
流石に孤峰で標高も有りますから山が雲に隠れて見えませんでした。

今日も作業を終えホームセンターに買い出しに出かけました。
帰り道に浅間山が見える場所に車を停めて写生をしました。
毎日真剣に写生を続ける事が出来ないので思う様に仕上がりません。

展示会場設営は順調に進んで居ます。
一番奥の部屋はテントで屋根を覆い天窓にもアクリル板と農業用ビニールで雨が吹き込まない様にしました。明日からその部屋にデモストレーションで作品が展示出来る様に布を張りたいと思って居ます。
立体作品も展示出来る様にします。
毎日少しずつ進めて居て材料の買い出しもあります。


※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二2002161
昨日ホームセンターでチューリップの球根が特売でした。
約20個を買って来て校庭の花壇に植えました。
2坪程の花壇ですが、10年くらいは手付かずのようでしたので、ススキの根や木の根が生えて居てクワで耕すのも一苦労でした。本当に一汗かいて作業が終わってから峠の湯に入って来ました。
水彩画家・長尾周二2002162
朝、雨で霞む裏妙義山を描きました。
大工やら農作業やで絵筆を持つ時間を作るのが難しいのでイメージ通りの作品が出来ず情け無い状況です。
今日は昼から休息日として久々にのんびりと過ごしたいと思います。


※横長の画像(上の画像)をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二2002151
只者では無いと直感しましたが行動力にも恐れ入りました。
こうした企画に理解して下さい本当に嬉しい限りです。

今日も近所の方々が遊びにいらっしゃりました。
上毛新聞に此の企画記事が掲載されて居るとの事です。
又、安中市の広報にも掲載されて居ると教えて頂きました。

そうした中、読売新聞の記者が取材にいらっしゃいました。
企画の概要を説明しましたが大変興味を持って頂き又改めて取材に来られるとの事です。
画家やら、大工やら、コーディネーターやら、得体が知れないので戸惑っていらっしゃいました。
水彩画家・長尾周二2002152
建物の概要は出来ましたので一部屋根にテントを張り、内装を進め、取材迄にその一端が分かる様に展示したいと思います。
早速一番奥の部屋の屋根にテントを張りました。
写真は一部屋根にテントを張った物です。


※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二2002131
いつもの様に夜明け前に目が覚めて日の出を眺めてから朝食を取りました。
7時半から作業を始めて4時半には終えました。
ご覧の様に後はテントを張れば展示会場の体裁は整います。
そう為れば高い場所での作業が終わりますので一安心です。

高松市や滋賀県高島市の友人宅から作品を持ち帰りましたので、展示をどの様にするかも考えながら事を進めなければ行けません。

夕方、妙義山で出会って親しくさせて頂いて居る佐々木さんから電話がありスナックに出て来ないかとお誘いが有りました。7時過ぎに店で待って居るとの事でしたので車を走らせて約20キロ先の高崎市に向かいました。
水彩画家・長尾周二2002132
其処で医師の多胡さんを紹介して下さいました。
中々の豪傑で流石に滅多にお会い出来ない方でした。
店を梯して帰って来たのは午前2時でした。
私は今回は 車を運転していたので、お酒は飲みませんでしたが、有意義な時間をすごさせて頂きました。 スナックのママさん、先生、佐々木さん本当に有り難うございました。

※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二2002111
毎日うどんを食べて居ました。
滋賀県在住の友人立石さん陶芸家宅にヨーロッパを旅する際に作品を預けて居ました。
弟の家や長野県の友人中村さんの事務所と分散してお願いして居ました。
早い物でもう20年近くになるのではないでしょうか。
私のメチャクチャなリクエストに応えて下さって心から感謝申し上げます。

此処安中市旧松井田中学校でのイベントにも出品したいと思い作品を持ち帰りました。
立石さんご夫婦は急用で不在でしたが、三階の屋根裏部屋から玄関に下ろして頂いて居て難無く車に積む事が出来ました。

奥琵琶湖が近いので雪が降って居ました。
未だ積雪が少なかったので何とか辿り着く事が出来ましたが後数センチ多く積もって居たら着かなかったと思います。

滋賀県を後にして奥琵琶湖、関ヶ原、美濃路を経て軽井沢経由で帰ってきました。
満載の荷物を載せて坂道はノロノロ何とか着きました。途中、諏訪では氷点下3度軽井沢では4度と路面凍結を心配しながら走りました。


※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二2002071
高松に有る源平合戦で有名な屋島、標高292メートルに弟と登って来ました。
屋島は今でも水路で囲まれて居て一応、島です。
その屋島、瀬戸内海に突き出た長崎の鼻から登りました。

長崎の鼻には砲台跡や前方後方墳、採石跡の洞窟が在ったりで楽しみがある場所です。
前方後方墳から出て来た石棺は熊本県菊池市産出の赤い凝灰岩で造られて居ます。
山を登って山頂近くになると瀬戸内海が一望出来るので大好きな場所です。

山を下りて食事を済ませて庵治半島に向かいました。

此処も興味深い場所が沢山在ります。
王子神社、龍王山公園、古代の磐座と思われる場所等が有ります。
小さな山の山頂に有る磐座と思われる神社の由来書きは数千年前に出雲から岡山を経てこの地に着き定住しその近くから生活の跡が発掘されて居ると有りました。
王子神社近くから瀬戸内海を写生しました。
その間弟は海岸迄歩いて様子を見て来たそうです。


※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二2002061
国道23号線~1号線、そして阪奈国道を走りました。
大阪からは高速道路を通り、淡路島へ。
そして鳴門を通り、鳴門北からは下道で高松に着きました。

途中鳴門大橋の下では渦潮を見る観光船が渦潮を取り巻く様に回って居ました。
私も鳴門北で下りて写生をしました。
其れが上の作品の写真です。

安中は山に囲まれて居ますので海を見ると新鮮です。
明日は弟と山歩きを約束して居ます。
瀬戸内海を楽しみたいと思って居ます。


※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二2002051
息子が居る名古屋に居ます。

軽井沢から中山道を走り名古屋に来ました。
途中気温は昼なのに2度迄下り、木曽を走って居ると雪が積もり始めました。
標高1000メートル近くの場所ですから当然の事です。
和田峠も旧道を走りました。道路には雪が有りませんでしたが一面銀世界でした。

旧松井田西中学校の準備も先が見えて来たので作品を取りに香川県や滋賀県に行こうと思って居ます。

昨日は久しぶりに息子と食事をしたりで楽しく過ごせました。
何事もやり過ぎると身体に来ます。七十歳に手が届きそうな私、無理は禁物です。

宇高フェリーが無くなって休み無く走らなければ為りません時代が変わったと言えば其れ迄ですが各所でそうした事を感じさせられます。
瀬戸大橋や淡路四国大橋も今では生活の中に溶けこんで居ますね。
写生したいと思って居ますが次回は絵の写真を掲載します。

写真は先日櫻井さんが来て頂いた時の物です。


※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二2002021
三泊四日でいらっしゃいました。建築作業の専門家で教えて頂いた事が沢山ありました。
最初に計画して居た事の概要は形になりました。未だ屋根を取り外しテントに変えたり細かな作業は残って居て未だ未だ終わりませんが一段落した事は間違い有りません。
特に自転車置き場が展示会場として使える様になりました。
本当に有り難う御座いました。
先日安中市の産業政策部部長、産業政策部観光課課長が来られ視察されました。
水彩画家・長尾周二2002022
そして指田さんを駅にお送りした後にyellow lineの富田賢一社長からお電話頂き、会社にお伺いしました。この企画に賛同頂き部材やベニヤ等をお譲りして頂いたりで大変お世話に為って居ます。

また友人から野菜を大量に頂いたとの事でそれが私にもお裾分け頂きました。
キャベツに白菜、ネギです。
野菜不足の私には大変有難く早速モツ煮にネギ、白菜をたっぷり入れて煮込みました。
絶品の夕食になりました。明日も明後日も楽しませて頂く事となります。


※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

↑このページのトップヘ