水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
・KOKORO JAPON展
2019年9月15日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
主催:(一社)アートシップインターナショナル
後援:在仏日本大使館
日本人アーティストによる展覧会(合計19名出品)
詳細はこちらをご覧ください
長尾周二・KOKOROJAPON展20191
その後の展覧会予定
・2020年5月
日仏文化交流展1(仮称):群馬県安中市文化センター&廃校グランド
・2020年6月23日~28日
日仏文化交流展2(仮称):愛媛県立美術館
・2020年8月28日~9月8日
日仏交流展3(仮称):フランス・ブラシュー・ビエールホール
KOKORO JAPON展2020

水彩画家・長尾周二

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1908191
作品内容はともかく野外の空気を吸って写生できる事は本当に幸せです。
今日は雨肌寒い一日です。

この後ブロァギャラリーレブットで個展開催中の店番に行きます。
上着を羽織って出かけます。最低気温が10℃、最高気温も23℃と季節が廻った感が有ります。

前回のアンティーク絵画の説明をします。
18世紀の秀作ですがサインがありません。大作の習作の可能性が有ります。
技量は確かで相当な画家であると考えられます。
こうした作品は売る側の知識が無い為に起こっていると思います。
専門家なら其れ相当の価格に為ります。
私としてはコレクションが充実して喜んでいます。

最近画家の上森さんとお会いしました。
一緒に写生に行く約束したのですが食中毒で2週間寝ていたそうで、5キロ瘦せて正に病み上がりでした。
元気になったら写生に行くと約束をしました。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1908161
どんなに忙しくてもborcanteには目がありません。

今回此方に来て最も内容が有る作品を手に入れる事が出来ました。
蚤の市は早朝日の出と共に始まります。ですから展覧会の世話をして居てもそれは出来ます。
先ずはご覧下さい18世紀に描かれた作品です。
画面が傷んで居ますが大変出来の良い作品です。
こうした秀作に出逢える事は本当に稀で何年に一度と言う確率です。
勿論大金を出してパリのオークションやアンティークショップで買えば可能ですが、小銭で手に入れる訳ですから尚更です。
水彩画家・長尾周二1908162
次はミニチュアポートレートです。此れも10年前でしたら何処にでも売って居ましたが内容の有る作家となるとそうは行きません。私が買った価格も通常価格の4分の1位で、しかも作品内容が素晴らしい物です。名誉会員の和田さんにプレゼントした作品に引けを取らない物です。
此れは私のコレクションとして持ちたいと思います。

もう筆を持ちたくてうずうずしています。明日こそは制作したます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1908121
作品を額装したり搬入、ベルニサージュ、そして帰国と、もう「24時間働きます」状態で、
作品制作は14日に皆さんが帰国するまでは叶いません。
観光案内に展覧会、今迄の交友関係や知人に助けられての事です。

レストランうまみのオーナー・円さんやシャトー・モントレゾーの城主家族のお世話になりました。
特に円さんにはベルニサージュの仕出し料理をお願いしました。

フランソーワズさんの尽力により、ベルニサージュにおいては見ず知らずの日本人作家の為に40人の参加者があり、そして新聞記者の取材も有り、記事掲載となります。

銀座ギャラリーGKで昨年出会いご縁が会って開催の運びとなりました。
まったりした優しさの作品は此方でも人気です。
水彩画家・長尾周二1908122b
上記写真の撮影者は画家・長尾周二本人・無断転載・流用を禁止します。
そして皆さん観光案内もかねて一年ぶりにシャトー・モントレゾーを訪ねました。
城主のコンスタンティノーさんは不在でしたが家族の方とは再会しました。
この村はフランスの美しい村10選に選ばれ人気の場所です。
シャトーモントレゾーのコレクションも必見です。
機会があれば是非とも訪れたい場所です。
水彩画家・長尾周二1908123

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1908081
6日シャルルドゴール空港に到着して迎えに行って来ました。その後展覧会開催の為に準備に入りました。
持参して居る作品を額装したり展覧会ベルニサージュの為買い物に出かけたりと忙しくしています。
その合間を縫って観光案内もしています。
今日はシャトーショモン、シャトーアンボワーズ、シャトーシャンボールなど古城を巡りました。
又、日頃私が写生して居る場所も立ち寄りました。
個展開催にあたってフランソワーズさんや彼女のご家族にもお世話になっております。
こうして長年にわたりコッコッと手弁当で民間国際交流を続けて居ます。
だからこそ前に進めて行く事が出来ます。

日本ではここ数日「あいちトリエンナーレ2019」で騒動が起きているようです。
様々な事情の関係で、結局わずか3日間で展覧会が中止になったようです。
作品の内容や背景の事情など詳細を全て把握している訳では有りませんので全体像は計り知れませんが、少なくとも命と真心を捧げながら制作活動をして居る芸術家から見ると作品自体のクオリティーの問題には話が及んでいないようなので、その辺はどうなんでしょうか?と感じています。
いつの時代にも反体制や反戦活動と連動して主義主張を訴える作家は居ましたが、時に生命の危険性も省みず行ったりで作品としてのクオリティーも備えていてこそ評価されたのだと思います。
水彩画家・長尾周二1908082
今回私たちは恒例のパリ・マドレーヌ教会での展覧会のために日本人作家19人の生き様を記した作品を持参してパリ展に臨んで居ます。そうした純粋な心を持った芸術家こそ、育むべき存在だと思います。

此方のARTEC(欧州造形美術振興協会)会長・フラソワーズ イカール氏(写真)も出逢った時に芸術家を育てる事がライフワークだと話されて、其れを実践されて居ます。芸術活動はそうした日常の積み重ねが大事だと私は個人的に考えています。


※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1908051
先ず、1日にアンボワーズのアニマル展覧会の搬入、2日は飾り付け、3日はベルニサージュでした。3日は午前中ショウモン城下のロワール川に係留されて居る船を描きました。
その後アンボワーズのアニマル展覧会に向かいました。
作品はその時描いた物です。

船を描いて居たら持ち主がやって来ました。係留̪して居る船の内5艘は私の所有だと話されて私が描いた藤の花の作品を所有して居ると仰ってビックリ!
サングラス姿でしたからお話をお伺いするまでは何方か分かりませんでした。
このショウモン城横に住んでいらっしゃり藤の花が見事に館に映えて制作させて頂き後の展覧会でコレクションして頂いた方でした。

既にロワール地方では100点以上買って頂いて居ますから時々街や蚤の市会場で声を掛けて頂きます。
船の所有者が偶然にもそうした事でサプライズでした。
水彩画家・長尾周二1908052
もう一枚の写真はフランソワーズと一緒に友人の円さんが経営する「レストランうまみ」の風景です。
ご覧の通りいつも来客で溢れて居ます。美味しいランチを頂いたのは言うまでもありません。
もう直ぐ畑さん等がいらっしゃいますがご紹介して美味しい食事を楽しんで頂きたいと思って居ます。


※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1908021
ARTEC(欧州造形美術振興協会)のブラシュー・ビエールホールでの展覧会が終わったら、今度は畑さんの展覧会が開催されます。会期は8月3日から25日です。会場はアンボワーズ城入り口近くの教会です。

搬入搬出で疲れがピークですがマドレーヌ展覧会の案内状が出来上がりました。
日本で出品者各位がお待ちでしょうから急いでお送りしました。
又、車の点検整備もしました。
渡仏される方の送迎のためです。

水彩画家・長尾周二1908022
※上の画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。
畑さん等が泊まるホテルにお伺いして到着予定時間をお知らせしてきました。
同時にツーリストオフィスに展覧会案内状を置いて頂く為にお伺いしてきました。
そうした事で制作する時間がここの所有りません。


ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1907301
今、開催中のブラシュー・ビエールホールでの展覧会が明後日で終わります。
搬出を手伝いに行って来ます。
水彩画家・長尾周二1907303
8月3日からアンボワーズ城の入り口に在る教会でARTECのアニマル展覧会が始まります。
当然ながら作品を出品していますので1日の搬入3日のベルニサージュと参加します。

又、8月6日にパリにロワールブロァで個展開催の為に畑さん一行がいらっしゃいます。
9日ベルニサージュで個展が始まります。
と、大忙しな状態です。

それらの展覧会準備を同時に進めています。
畑さんの個展案内状もメディアや関係者各位に送付されました。
あとは本人が来られて再度メディアの事務局にポスティングします。
水彩画家・長尾周二1907304
今日も向日葵畑に向かいました。なんと野ウサギが迎えてくれました。
横を流れている小川の堤には鵜に似た小型の鳥の巣が多数あり声を上げています。
小川の堤は昔のままで多くの生物の住処になつています。
鶏の声もしますがちょと違う鳴き声に聞こえてチョチョリーナと聞こえます。
カラスもいますがフランスのカラスは殆ど鳴きません。これは有り難いです。
快適な環境と涼しい夏が戻って来て制作は続いています。


※一番下の画像はクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1907281
私がパリに着いた日も40度を超えて居ましたが今度は4日間灼熱の日々が続きました。
今日の朝は17℃寝られない暑さとはまるで違います。
日中の気温も24℃この気温差は日本では体感出来ないですね。
水彩画家・長尾周二1907282
出来るだけ毎日野外写生に出掛ける様にしています。しかしながら納得できる作品はまるで出来ません。下手くそなのは自分でも自覚していますがそれがその上に紙を汚しているだけの物しか出来ない事が悔しくて堪りません。
今日は特に酷い絵で直ぐに新しい水彩紙に張り替えるレベルです。
ま、自分が楽しめれば良いかと納得しています。

向日葵畑に一日居ると隣りの小川に住む鳥や魚が跳ねる音が聞こえたり鶏や雉の鳴き声が耳に入ります。
この館の庭にもリスが住んで居たりロワール川にはオオハクチョウが群れて居たり、ある意味では生活空間としては理想かもしれません。
愛媛県立美術館で来年度日仏文化交流展が開催されるべく宮崎さんが動いて頂いています。
皆様の支えの元に活動が続けられています。
有り難い事です。


※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1907191
会期は8月18日から28日です。
ゴゼさんはセネガル共和国の方でとても良い作品を創作しています。
会場が広いので楽しみです。

明日はブロァのギャラリーでベルニサージュ、
明後日はブラッシュのビエールホールでベルニサージュ。
制作意外にもこうした地味な交流を続けて居ます。
だからこそ受け入れて頂けると確信して居ます。
ま、東の果ての島国から来たアーティストを認めて頂くにはこうした事が大切だと思います。

話は変わりますが、此方に来て先ずかなしい思いをするのがトイレです。
小便をたす時にフランスやイギリス、ドイツ等では子供用か爪先立ちをして見栄をはる様です。
この短足は致し方ないのですがイタリアに行くとヨーロッパの中では普通にいたせるのでホットします。

トイレだけは日本が世界一ですね。


※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1907171
昨年度赴任して帰国まで何度かコンタクトを取りましたがお会いする事が出来ませんでした。

「皇太子殿下(現・天皇陛下)や総理の来仏、ジャポニスム2018など公務が本当に忙しくて身体を壊して公務に支障が出たぐらいだ」
と話されて居ました。

今回はARTEC(欧州造形美術振興協会)・会長フランソワーズさんと副会長のポールさんもご一緒して頂いてお伺いしました。
勿論Parisマドレーヌ寺院のKOKORO JAPON展に来て頂く為の案内でも有ります。
又、日本国内の活動も併せて報告致しました。

ARTECと一緒に活動して居ますので日仏交流の一助に為れば、と話しました。
「ベルニサージュカードが出来たら届けて下さい」との事で、会場には来て頂ける様です。

大使館に向かう前に画材問屋のMarinで水彩紙のロール二本を買いました。
フランスに着いて50号4枚、20号2枚、小品4枚と水彩紙を使い切りました。
いくら下手な絵とは言え画材が無ければ描く事も出来ません。

昨年最後に購入した水彩紙は本当に薄いキャンソンしか無くて時期を逃さない様に今回は2本買いました。
ランチはプチパレスの横の公園でサンドイッチを作り頂きました。時間の余裕があったのでモネやセザンヌ等の秀作と再会する為にプチパレスを見学しました。無料で一級品が見られるのは本当に有難いです。

※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

↑このページのトップヘ