水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
国内展覧会情報
ジャポニスム2018参加アーティストによる日仏国際交流展
2019年4月16日~4月29日

大西・アオイ記念館(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。
展覧会チラシ:表
展覧会チラシ:ウラ


フランス&砥部作家交流展ー新緑の陶街道にそよぐロワールの風ー
2019年5月11日~5月18日

ミュゼ里山房(愛媛県砥部町)
詳しくはこちらをご覧ください。

長尾周二個展
2019年4月22日~4月30日

珈笛画廊ほのほ(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

海外展覧会
長尾周二ほか展覧会(仮題)【予定】
2019年7月

フランス・会場未定
個展プラス他アーティストの予定で調整中です。

日本人作家の作品展(仮題)【予定】
2019年9月14日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
(一社)アートシップインターナショナル会員の他連携事業者様関係による展覧会

水彩画家・長尾周二

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二170513
香川県荘内半島箱を目指して走りました。白のマーガレットピンクのマーガレット、ポピー、キンセンカが海の横に在る畑に植えられて居ました。
30号のパネル二枚持って現地に向かいました。
何度も荘内半島は訪れて居ましたがこの季節に日本に滞在して居ませんでしたからこの場所は知りませんでした。
駐車場からお花畑が望めそのお花畑越しに瀬戸内海が控えて居ます。
先ず制作する場所を決めました。マーガレットとポピー、ポピーと瀬戸内海をテーマに描きました。
毎年、フランスロワール地方でココリコ(ポピー)を描いて居るので本当に楽しんで描きました。
花を鑑賞に来られたビジターと歓談しながら先ず一枚。
二枚目は瀬戸内海を背景に描きました。
今回は二枚目を先に載せました。
ロワール地方では先ず描けない海とポピーは印象的でした。
又訪れて描きたい題材です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二170511
高松市の弟宅に帰って来ました。フランスに向かう前にお墓の掃除に行って来ました。竹林に囲まれた其所は静かで清々しい光に包まれて居ました。
筍とフキを取って帰り頂きました。季節の野菜は本当に美味しいですね。

旅をしていて一人釣竿を垂らし海と過ごしました。何時間も何も釣れないのですが潮の時間が良くなると一時釣れます。こうして自然と過ごして居ると待つことの大切さやチャンスの見極めが支配していると感じました。
青い海、直下たつ岩場を目に前にするとその力強さに感動を覚えたり山深い滝の神々しさは心に染み入ります。
そうした美しい自然を描きたいと画家に為りました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1705061
先ず山口県の角島大橋に行きました。さすがに人気スポット橋が渋滞で島に渡って直ぐユータウン。
以前冬に誰も居ないシーズンに来たことが有って爽快な気分で走りましたが今回は来たぞ!で終わりです。
しかし青い海、青い空、白い砂浜と気分は最高でした。
楊貴妃の墓(楊貴妃伝説は他にも有ります。)とされるお寺も参拝して気になって居た元乃隅稲成神社を目指しました。
これがとんでも無い大渋滞!で6キロ手前から動きません。一車線しかない狭い道に観光バスが何台も来て居ました。
水彩画家・長尾周二1705062
3時間以上かかり到着、サンセット前でしたので美しい風景を堪能出来ました。神社の由来は津和野の太鼓谷稲成神社から昭和30年に勧請と有りますからとても新しい神社です。しかし、海辺に赤い鳥居が並んで居てとても日本的な風景ですね。ネットで有名に為って居るので私も是非一度見たいと車を走らせました。 駐車場も狭いし数多く駐車出来ません。道も何ヵ所も車一台しか通れ無い狭い箇所が有りました。
此の場所は一時的に有名に為るだけでは無くて私は又訪れたく為る場所だと思います。
夕陽が海に沈んだ時間に此の地を後にしました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二170503
実は弟と徳島県に在る大麻神社の御神体である大麻山に拝登しました。

島根県の大麻山も車で10年前に山頂登った事が有ります。同じ名前なので気になって再度登り大麻山神社を参拝しました。その縁起には徳島の大麻神社より889年勧請し二子山から大麻山と改めたと有りました。
この事から古の権力移行の様子も伺えます。
水彩画家・長尾周二1705032
その後水仙の里と呼ばれて居る場所で高校の先生とお会いしました。学校の横にも古い神社が在ると教えて頂き益田市の染羽天岩勝神社にお伺いしました。725年に正一位を授けられると有りました。
それ以前は神殿横の一枚岩の断崖を磐座として奉られて居たそうです。又、春日族がこの地方を開拓しその祖を祀った神社だそうです。出雲から此方に向かう途中立ち寄った韓神新羅神社の由来には武進雄尊が五十猛命と大屋津姫、つま津姫と韓国に渡り植林の技術を伝えて帰国時に此の地に上陸と有りました。

こうした旅で古の出来事迄画ける様に為って楽しさも倍増です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二170430
この温泉は本当にレトロ感漂う温泉です。10年以上前に一度来たことが有って今回機会が出来て立ち寄りました。おせいじにも綺麗な温泉とは言えない小さな温泉ですが何とも言えない雰囲気が有る温泉です。
中の広告にある電話番号が7番昭和初期でしょうか?以前より水やお湯の蛇口が新しく為って居ましたが湯槽は其のままです。
温泉津駅から3分ですから一度行かれてはどうでしょうか?
此の地も昔の賑わいが無くなって寂れた街並みに為って居ます。
江戸時代は石見銀山の船出した港でその遺構も見られます。
自然の良港で賑わったと思われます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二1704261
滝を描きたくて先ず島根県雲見の滝、龍頭の滝、八塩の滝等々を訪ね出会った方から岡山県真庭市の神庭の滝を紹介されその後不動滝、五段の滝を訪ねました。
最後に訪ねた五段の滝は滝の風情は素晴らしい滝でした。
しかし滝の上には道路が有り丁度真上に橋が架かって居ました。
滝を観に行く道は荒れて居てゴミの山、昔使って居たで有ろう道は木を伝わないと降りられない程荒れていました。
先ず道路計画の段階で何故美しい滝を避けて造らなかったのか!?
何故山深い場所がゴミの山なのか!!
行政がゴミ減量の元、厳しく選別したり観光地からゴミ箱を撤去したりでゴミ処理費を削減した結果見えない山奥や海岸に大量のゴミが有ります。
海岸や野山には鳥や獣、魚等々人間と同様生態系の中で生きて居ます。
街の歩道や家の中は美しく保たれて居るのでしょうが山や川、海は大量のゴミが散乱しています。
普段食して居る魚もこうした自然の中で育まれ食卓に上がります。
海岸線でも美しく保たれて居る場所は数少ないのですが存在しています。そうした海岸線は市民や行政が感心を持って清掃をして居るからです。
見かねず私は時にゴミで汚れて居る場所を掃除します。そうすると捨てた人々の様子が分かります。
水彩画家・長尾周二1704262
観光地で無くても全国の里山は荒れ放題です。住まなく為った家は朽ち果て竹薮や雑林は見るも無残です。何とか行政や市民も行動して少しでも美しい大地にして欲しいと願って居ます。川上がそんな事に為って居ますから海はゴミ箱状態です。高知県四万十川を描きに行った際にもゴミ集めをしました。三日間現地で制作の合間を利用しました。願わくは少しでもそうした河川や海辺を美しく保って欲しいと願って居ます。
滝は未だ制作に到って居ません。清々しい力強さを感じる滝を描きたいと思って居ます。

釣ったボラはリリースしました。勿論ゴミは買った店やゴミ箱に捨てて居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二1704221
銅鐸39個出土した加茂岩倉遺跡の駐車場で泊まりました。朝、この遺跡で農道を建設中に発見された状況を案内して下さった高木さんと出会いました。この地には大岩が在ってその山の山頂近くには矢櫃神社跡に磐座が在ると教えて頂きました。道無き道を訪ね参拝して帰ったのは2時間後でした。竹薮は荒れて居て道を塞ぎ登るのも大変でした。銅鐸や銅剣が大量に出土した近くの神社を訪ねる事はより深く理解する為でも有ります。猪が竹の子を食べた後が沢山有りました。私も2個竹の子を取りました。龍頭が滝で出会った尾道から来られたご夫婦からコーヒーをご馳走して頂いたお礼にその竹の子を差し上げました。高木さんに教わった龍頭が滝や八塩滝、雲見の滝は日本の滝100選に為って居てとても素晴らしい滝でした。
水彩画家・長尾周二1704222
滝を目指して走って先ず神原神社古墳を訪ねました。大和朝廷と深い関わりが有るとパンフレットに記載されて居ました。雲見の滝に向かって居る途中、粟谷神社がありその石碑には吉備津彦命が大和朝廷から出雲平定に差し向けられた際に此の地に立ったと記載されて居て御祭伸は吉備津彦命と有りました。
こうして神社や古墳を訪ねると大和朝廷時代の経緯も分かります。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1704211
※上の写真をクリックすると拡大した画像をご覧になれます。
粟島神社、美保神社恵比寿様の総本山、須佐神社、出雲大社、日吉神社、荒神谷博物館、島根県立古代歴史博物館と巡りました。
現地を訪ねると想わず閃く事も有ります。
出雲地方はどうやら弥生時代に栄えて居た様です。
古墳も訪ねましたが岡山県や香川県、徳島県より前方後円墳の規模個数が少ないですね。
日御碕灯台近くで泊まりましたが深夜若い二人組がライトを付けてクラクションを何故か鳴らして私は寝入り端に起こされました。
どうやら其処の廃墟はミステリースポットの様でした。仕方なく30分位起きて見ていましたが動く気配が無いので日御碕灯台下の漁港で休みました。
水彩画家・長尾周二1704212
朝、起きて昨夜の怒りが収まらず釣りに行くことにしました。550円でオキアミのブロックを買って付け餌さとこませに使いました。昨日会った地元の釣り人と並んで釣りを楽しみました。私は写真の魚を釣りました。セイゴよりは大きく未だスズキとは呼べないサイズです。約50センチは有りました。2匹目はクロソイ約1・5キロ防波堤で釣れた魚としては立派なサイズです。勿論、高級魚です。しかし私は今回、鍋もコンロも包丁も車に積んで居ませんでしたのでその釣り人に差し上げました。
滅多にない大物を釣り上げました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1704191
ゴーゴーと風は唸り車は揺れて雨は車の屋根を激しく叩きました。一夜明けて雨は上がりましたが霧は未だ晴れない中大山寺と大神山神社奥宮を参拝して来ました。古の成り立ちを探す旅でも有ります。
水彩画家・長尾周二1704192
白兎の伝説地や古墳群を巡りこの神社を参拝しました。標高が高いので未だ残雪が残る境内を散策しました。約600メートルの石畳はローマの遺跡を想わす位の確りした造りで両脇には小さな水路が有ります。日本国内では一番長い石畳みの道だそうです。霧の杉並木もより雰囲気を醸し出します。
水彩画家・長尾周二1704193
此所も是非もう一度訪れたい一つです。
今日は近くの滝や妻木晩田遺跡を巡り大山が見える場所で泊まります。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1704171
※上の写真をクリックすると拡大した画像をご覧になれます。
北琵琶湖湖畔で泊まり敦賀を経由して天橋立に向かいました。
天橋立は3・6キロの松林で繋がっていますが歩いて渡るのは諦めました。
土曜日の観光地、流石に大勢の人が訪れて居ました。

一番の目的は元伊勢神社でした。境内はさほど広くは有りませんが特別な場所だと感じました。
奥宮 真名井神社は古来祀り事をしていた磐座が有ります。古い神社には必ずと言って良いと思います。
水彩画家・長尾周二1704172
その後京都府立丹後郷土資料館を見学しました。65才以上は無料でその恩恵を得ました。
山陰海岸国立公園を堪能し御崎の灯台で泊まりました。
この灯台は標高274メートルの場所に1951年に2年の歳月を要して完成したそうです。私が生まれた時とし同じです。
朝からこの灯台に咲いて居る桜を描きました。
この灯台近くにも平家落ち人伝説が有るそうです。
そして岩美町で岩井温泉に浸かり疲れを取りました。

↑このページのトップヘ