水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
・KOKORO JAPON展
2019年9月15日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
主催:(一社)アートシップインターナショナル
後援:在仏日本大使館
日本人アーティストによる展覧会(合計19名出品)
詳細はこちらをご覧ください
長尾周二・KOKOROJAPON展20191
その後の展覧会予定
・2020年5月
日仏文化交流展1(仮称):群馬県安中市文化センター&廃校グランド
・2020年6月23日~28日
日仏文化交流展2(仮称):愛媛県立美術館
・2020年8月28日~9月8日
日仏交流展3(仮称):フランス・ブラシュー・ビエールホール
KOKORO JAPON展2020

水彩画家・長尾周二

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二1610182
フランスで購入したベネチア派の作品ぺテロを描いたと推測される作品を美術館に納入しました。
専門技術のある方の修復作業を経て納入されました。
購入時は作品にカビが着いていて傷んで居ましたが修復で見易く為りました。下の写真の額なし作品は修復前の作品です。
勿論私がコレクションした作品の中でも第一級の作品で探しても中々手にする事が出来ない逸品です。
水彩画家・長尾周二1610183
展示している歯ART美術館にこの作品を見に行く価値のある作品だと思います。
修復師の話でも作者不明で大作の一部を切り取った作品ですが一級の作品だと話して居ました。
余談ですが有識の方に見せて居る時に老舗ギャラリー支配人がこの作品を見て売って欲しいと言われました。
一般社団法人アートシップインターナショナルの名誉会員でもある美術館オーナーに納める意義があるとのアドバイスもあり納めました。
水彩画家・長尾周二1610181
日曜日、弟とお墓の掃除に行きました。私達が亡くなったら墓守りをする事が出来なくなるねと話ながら掃除をしました。
子供の頃住んだ屋敷は無くなりましたが時々来て居ます。
掃除を終えて讃岐山脈をドライブして居ると小さなお堂にお地蔵様が祀られて居ました。その由来を書いた掲示板に源平合戦の際に平家の落人が云々と有りました。そのお地蔵様の横にある南無阿弥陀仏と彫られた石碑には触らぬ様に貧乏神が着いて来ると有りました。
私は下から拝み退散しましたが弟はその石碑に触れてこんな事を書いた掲示板は初めて見たと話して居ました。私達の先祖も平家の落人ですから大変興味深く感慨に耽って居ました。
その近くで1メートル以上有ろうかと思える青ダイショウの蛇が居ました。
とてもスリリングな体験でした。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二161015
釣竿を車に積んで弟と出かけました。
先ずスーパーマーケットでお弁当を購入、釣り道具屋さんで餌と仕掛けを準備1日楽しみました。
その日は風が少し有って潮回りが悪いのか余り釣れませんでした。でも小メジナや小鯛に鰯やカワハギ等と飽きない程度に釣れました。釣れたメジナや鰯を刺身にして現地で戴きました。何と言っても釣れたては絶品です。
連日友人や知人と会って親交を深めて居ます。

体調は其れなりに維持して居ます。検査して頂いた処、白血球が活躍中だそうです。5年前に胆嚢炎で除去手術した事も影響しているそうで東京に行った際に手術した病院で検査して頂く予定です。
何度か車を走らせて制作したいと思って居ましたがやっと一枚描く事が出来ました。
紅葉が描きたいのですが今年は無理しない方が良いのではと躊躇しています。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二161009
蚤の市を見に行った際にシャトーの庭園横を通り係り写真を撮りました。

以前この庭園を120号に描いて描き上がった際にこのシャトーのオーナーが買って頂きました。その後も何度か描きに来たのですが今回はこんなに美く色付いて居ました。時間も無く写真を撮って後にしました。又、この美しい風景を描く事を心に誓いながら帰国しました。
その後、オーナーは制作活動を応援して頂いて居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二161004
旅立ちの日、昼食後にその日の夕食次の日の朝食を荷物とは別の袋に用意しました。午後5時17分ブロァ発トゥール経由シャルル ド  ゴール空港行きに乗りました。駅にフランソワーズさんに送って頂いた後に食べ物飲み物袋を忘れたのに気がつきました。時、既に遅しで間に合いませんでした。次の日の11時にコペンハーゲンフライト後乗り換えて成田空港に向かいます。ま、空港ロビーでの食べ物はとても高いので持参予定で準備しました。
パンとチーズ、おにぎり1個リンゴ4個後は飲み物ジュースとお茶小さなペットボトルに用意しました。お菓子も少量準備万端でした。送って来れる時間が15分程過ぎてちょっとあわてて机の上に忘れました。
主に食べ物飲み物ですから何て事は有りませんが折角用意したのがアガッティ(飼って居る犬の名前)にプレゼントと為りました。その旨電話して空港に向かいました。
意外と朝までお腹が空かずフライト前にリンゴ1個買って食べただけでコペンハーゲンに着きました。後は成田空港迄何の心配も有りません。
ちなみに空港ロビーでの値段リンゴ1個1、2ユーロでした。スーパーマーケットで買うと2キロ2、5ユーロ約15個入って居ます。水は2、2ユーロスーパーマーケットの3倍以上の価格です。残念だったのはおにぎりです。残りのご飯を計算して作っただけにガッカリです。明日はおにぎりでも豚カツでも日本料理が食べられます。
写真の作品は部屋から川面を描いた作品です。
旅立ちの前日久しぶりに蚤の市で買い物しました。前の週は雨で中止でしたからとても楽しかったです。
小銭で買える小物を2、3個買いました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二161002
先日もロワール川の畔で描きましたが日常生活には支障が無いのですが体力が回復していないようで続けての写生が出来ません。
部屋から川面を見ていると今日は大白鳥だけではなく鵜の大群約250羽他にも小型のカモメがこれ又数100羽鳥たちの楽園の様です。他にも鷺や小型の鳥も舞って居ました。
帰国の準備は殆ど終わりました。
格安券でしたから預け荷物が1個です。荷物の半分は作家の作品です。着替えも二三日分で自分でも心配する位の量でお土産等は全く入りませんでした。しかもパソコンも有りますから尚更です。
リュックサックにはアンティークと小品の作品15枚位でこれ又後は靴下と洗面用具でおしまいです。展覧会の芳名帳やパンフレット重たいです。重量制限一杯詰め込んで居ます。

しかし帰国をこんなに待ち望んだ事は有りませんでした。其ぐらい苦しい痛い体験でした。何を食べても飲んでも最初の一週間は嘔吐と下痢、水を飲んでもそうでしたから本当に苦しかった。
今も消化の良い物を自分で用意して食事をしています。
軟らか目のご飯とかインスタントラーメン等でフランス料理は病気の際には油が多くて胃に負担がかかりますのでそうして居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二160929
昨日、ブロァからTGVに乗りParisに行って来ました。先ずは昨年ロワイヤル マドレーヌ寺院での展覧会で大変お世話に為ったパテシェの千葉さんのお店を訪ねました。
ご主人は不在でしたが奥様にお会いし来年もマドレーヌ寺院の展覧会の際に宜しくお願いしますと挨拶をして来ました。
丁度、昨年の展覧会の際にメンバーの作品をお買い求め頂いた方が御見えに為って居ましたのでご挨拶とお礼をして次の訪問先に向かいました。
所長は不在との事でしたが自治体国際化協会Paris事務所にお伺いしました。
その後は3時の約束で在フランス日本大使館に文化担当の外交官とお会いしました。前任者が転勤で新しく4月に赴任して居ましたので御挨拶と来年度の企画に付いての説明等で行って来ました。
此処までは予定通りでポンビドゥセンター近くの画廊街を覗いたりシャンゼリーゼ近くの画廊街を散策、日動画廊も立ち寄りました。街路樹は色付き秋の風景です。最後はプチパレスの美術館(入場料無料)で作品鑑賞をしてロワールに帰りました。
Parisの街もテロ以後色々な変化が有った様です。
画廊の方や御会いした方々に聞いた話では先ず観光客が15%位減少したそうで特に日本人観光客は半減したそうです。
ロシアの観光客も激減し画廊街ではお客様が居なくなったとまで仰有る方も居ました。

ま、私は戦争であれテロであれ日常生活や制作活動をする事が大切と考えて居ますのでさほど驚いたり避けたりはしません。
とは言え友人が住んでるメゾンの直ぐ近くのカフェで銃乱射があり多数の方々亡くなったと聞き足が立ちすくみました。
私も何度となく立ち寄ったカフェです。
列車の切符販売も乗る時間が明記去れていて切符のチェックも確実にして居る様子です。しかし以前から思って居ましたがTGVの列車テロが起こらないのが不思議な位のチェックの甘さです。ま、無賃乗車はしにくく為った様ですが。
警察官もテロ対策で手一杯とかで逆にスリや置き引き等の犯罪が増えて居ると話す方も居ました。

ロワール川を眺めて居ると私の部屋の前には今、33羽の大白鳥が群れて居ます。夕日に染まった川面はとても綺麗です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二160926
隣街のオーザンが開催地と情報を得て9時過ぎに向かいました。ところがあいにくの雨模様、街に着いても車に荷物積んだままで店は一軒も出て居ませんでした。
ま、こんな時間に来ても掘り出し物は手に入りませんが散歩代わりと決め込んで来た訳です。

体調は然程良く有りませんので制作も叶いません。
調子が良ければ雨が何日が降った後ですからキノコのセップ(網茸の1種)が取れるのですが森の横も通り抜けました。セップは大変美味しい茸で最初フランスの田舎道を走って居て横道に入って泊まる場所を探して居るときに道の横は勿論林の中にも沢山有りました。日本でも網茸は食しても問題有りませんから1個だけ取って焼いて食べました。その後、ピレネー山脈でキャンプに来ていたフランス人が森の中からセップを取って来てバーベキューでコレは高級品の大変美味しい茸だと教えて頂きました。後日、スーパーマーケットに売られて居る値段を見てビックリ! た、確かに高い。 絵を描いた後で森の中を散策してセップを取って来て皆さんで頂いたものです。
1時間荷物や部屋の片付けをしては少しベッドに横に為って居ます。変わった事と言えば良く寝られる事です。発病後は寝付くのが大変で窓の外から鳥の囀ずりが聞こえる頃にやっと寝られると言った状況でした。昼寝をたっぷりしても夜も良く寝られます。

先日Parisに行きましたがシャンゼリーゼの樹木も色付いて居ました。
今日も窓からローワル川の夕焼けに染まった風景を暫く見て居ました。白鳥の群れや鵜、青鷺等が見られました。
今はそうして風景を楽しんで居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二160922
久しぶりに友人の画家上森さんとお会いし頼み事をしたり近況を話し合いました。ランチは彼特製のラーメンをご馳走に為りました。チャーシューは勿論、麺まで自家製と凝った物です。本人が自慢するだけ有ってパリのラーメンショップよりは遥かに美味しいラーメンでした。
午後は近くのコスモス畑でイーゼルを並べ制作です。只、何時もと違うのは私が病み上がりで椅子に座って描いた事でしょうか。
秋を象徴する花を毎年一緒に描いて居ましたので馬鹿話をしながらの一時は気分が良い時間でした。
陽射しは未だ強く紫外線避けのサングラスを掛けての制作です。
病気をして気合いが入って描かない方が良いとか言われてそうかも知れないと変に納得したりでした。

良い作品とは何かと言う事に為ると私の場合は自分が納得出来るかどうかと思って居ます。
フランスでの展覧会、特に個展では作品を買って頂いて居ます。有り難い限りです。個展に出品していて会場でこの作品は良くないから展覧会が終われば破り捨てようと思って居た作品がその街の市長が一番先に買って頂いたり全く自分では分からない事が起きます。
日々追求する事やチャレンジする事も変わります。
天才作家なら既に名作が出来ている年齢ですが私なんか中学生に僕にも掛ける絵だと何度も言われて居るぐらい何の取り柄の無い作品ですから努力しか有りません。
魂が揺さぶられる作品が一点でも出来ればと思って居ます。心が休まり何時まで見て居ても自分が飽きない作品が理想です。
画家がアトリエでキャンバスを沢山並べ小器用にテクニックで次々と誤魔化しながら同じ場所に同じ色を付け小綺麗な作品を同時に描いて居るのを何人も見まし たが私の感想はそんな風に描くんだと感心したものでした。そんなテクニックも才能も無い私は雨の日も雪の日も野外にイーゼルを立ててこうして制作するしか 能が有りません。

未だ病気は完全には回復して居ませんから今日も疲れて少し胃が痛みます。
こんな場所でこうした構図でと想いを巡らせて居ます。
先ずは病気を克服する事です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二160918
車のエンジンをスタートさせるとプスン・ジジと音を立てて動きません。一か月半走って居ませんからバッテリーが上がりました。他の車のバッテリーの助けを借りてエンジンをかけました。
車は修理した訳では有りませんから遠くには走れません。隣町のスーパーマーケットで買い物に出掛けました。ランチにする食材を買ってロワール川の河畔に向かいました。
館から然程遠くない場所に止めランチです。
野外制作は良いですね、暫く光輝く風景を眺めながら幸せを実感して居ました。空は雲に覆われてところどころ雲の合間から光が射して居ます。先週は35度有った気温は18度まで下がり朝方は10度以下に為ると天気予報が報道して居ました。
二日間雨が降ってロワール川も水位が上がり滔々と流れて居ます。
そんな素晴らしい風景を久し振りに制作です。肌寒い風を感じながら楽しみました。
窓から見るそれと同じなのですが現場に立つとまるで感動が違います。
明日はパリです。
完全に回復している訳では有りませんが手伝いに向かいます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1609171
日曜日に搬入作業を手伝いします。

その後病状は空腹時に少しお腹が痛みを感じるまで回復して居ます。ですから殆ど日常生活に近い生活を過ごして居ます。
帰国の荷物を整理したりメンバー作品を片付けたりして過ごして居ました。
野に出て制作は来週でしょうね。
水彩画家・長尾周二1609172
アンテークコレクションはショップが開ける位の数に為りました。写真の様に大型の家具から肖像画の様な4センチに満たない作品まで正確に数えた事は有りま せんが400点を超えて有ると思います。最初の頃はイミテーションや価値の無い商品に手を出して何度も失敗しました。私の部屋にはプリントの絵や写真製版 の絵が数点有ります。ルーペで確認を怠ったり思い込みで買った物です。
最近はプロ並みにコレクションして居ますので間違いは先ず有りません。
ゆっくり吟味して買うことにしてるからです。
写真の肖像画は価格も破格で余りにも出来が良いので写真製版だと思って居ました。
病気をしてベッドで過ごす時間が長かったので確認して居ると本物のタブローだと分かりやったと大喜びしました。裏蓋を外して確認再度リメイク、楽しみながら過ごして居ました。
家具類も椅子が5脚、サイドテーブルが6個といつの間にか増えています。
特別高額な物は買って居ませんがそれでもフランスの美術館クラスの作品が5つは含まれています。
自分の作品が販売出来たお金で買って居ますので10万円を超えて買った物は有りません。自分の目と足で探し手に入れた物です。
日本でいずれ発表するつもりですから楽しみに待って居て下さい。

↑このページのトップヘ