水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像は制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。転用・転載を固く禁じます。
※この記事は常時閲覧できる広報用記事です。新規更新のブログ記事はこの次の記事からです。


水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
国内展覧会情報
ジャポニスム2018参加アーティストによる日仏国際交流展
2019年4月16日~4月29日

大西・アオイ記念館(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

ロワール砥部日仏作家交流展 ー新緑の陶街道にロワールの風が流れる!ー
2019年5月11日~5月18日

ミュゼ里山房(愛媛県砥部町)
詳しくはこちらをご覧ください。

長尾周二水彩画展
2019年4月22日~4月30日

珈笛画廊ほのほ(香川県高松市)
詳しくはこちらをご覧ください。

海外展覧会
KOKORO JAPON展
2019年9月14日~22日

フランス・パリ・マドレーヌ教会
(一社)アートシップインターナショナル主催の日本人アーティストによる展覧会(19名出品予定)

福島原発問題

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品写真・ロワールの花の絵1
ロワールは本当に温かい日々が続き仕事も進んで居ます。
美味しいフランスパンをリュクサックに入れてシャトーボガールの庭園を廻って居ます。桜や木蓮、水仙にパンジーと春爛漫の様相です。木々も新芽が芽吹き出し化粧を始めました。

ロンドンの二上さんに電話した処、放射能検知器が売り切れたと言って居ました。フランスでも3000ユーロする放射能検知器が売り切れたそうです。多くは日本に送るとか?

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真110319
ロワール地方シュウジにあるフランソワーズさんの館に居ます。
今日チャリティーボックスやチャリティーの為のインフォメーション
ボードの制作が終わり明日シャトーボガールに向かいます。

昨日に続いてチャリティーボックスを設置していませんが友人のトーマスさんが募金して頂きました。

そのトーマスさんも私の考えと同様、原子炉爆発の方が大変だと仰有っていました。風評被害も含め危険地域には長年にわたり帰宅出来ないのは当然ですが食糧や漁獲類も同様な恐れが考えられます。
日々蓄積される事を忘れては行けません。
全ての生命体に影響が出て来るでしょう。
今の大変さよりもっと恐れて居る事が起こると考えるのが普通でしょうね。
私が出来る限りの事を始めたのはそんな理由が有ります。限られた命は仕方ないですが、子孫遜遜迄影響が出て来る可能性が有ります。

↑このページのトップヘ