水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルも含め画像・文言はサイト制作者と長尾周二本人によるオリジナル画像です。無断での転用・転載を固く禁じます。

水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
・2020年4月29日~5月10日
日仏文化交流展Part1「アートの散歩道・パリー群馬安中」:群馬県安中市の旧松井田西中学校
【後援:外務省、安中市】
・2020年6月23日~28日
日仏文化交流展Part2「アートの散歩道・パリー瀬戸内」:愛媛県美術館

・2020年8月28日~9月8日
長尾周二企画個展:フランス・ブラシュー・ビエールホール
・2020年9月21日~9月27日
KOKORO JAPON展2020:フランス・パリ・マドレーヌ教会


安中および愛媛展覧会の出品者募集
※出品料は1.5メートルで安中のみが1万円、安中・愛媛に出品が1万5千円予定です。
※いずれもまずはサイト管理者へご一報お願い致します。詳細はご相談ください。
電話09033175672の千田(せんだ)まで。またはメニューバー等のメールフォームからご連絡お願い致します。

【重要】新型コロナウイルス肺炎について(2020.2.26付)
イベントの中止や順延が相次いで居ます。私達も社会の状況や動向で関係者と相談しなければいけない時が来るかも知れません。今は 最善を尽くして対処したいと思って居ます。
一般社団法人アートシップインターナショナル  理事長 長尾周二

立石善規

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾1周二1910081
高松を立って先ず滋賀県高島市にいらっしゃる陶芸家の立石善規さん宅に立寄りました。

その古民家の屋根裏部屋には美術予備校経営時代の学生作品等をヨーロッパに向かう際に預けて居ます。何せ芸大デザイン科競争率62倍当時の学生作品ですからレベルはとても高い作品資料となります。 それらの作品も子供美術館を開設する際に展示したいと思って居ます。

立石さんはとても素晴らしい陶芸家で奥様の敬子さんも染織家として活躍していらっしゃいます。
群馬県安中市にもオープニングには来て頂けると仰って頂きました

水彩画家・長尾1周二1910082
※すぐ上の画像はクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。
その後岡崎市のフランスアンテーク店に立ち寄り鈴木さんご夫妻と再会しました。
フランスに所有してるアンテークや家具などを日本に持ち帰る際の見積もりも兼ねてです。
彼の事業も順調に進んで店舗兼住宅の購入も考えて居るとの事です。

早いもの彼等も40歳に為ったとの事で時間の経過は待ってくれません。
写真は私のアンテークコレクションの一部てすが子供美術館に展示予定の作品てす。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・戸隠温泉にて陶芸家立石善規さんの写真
10月28日から11月2日迄 長野市川中島ギャラリータカハシにて日仏秀作展が開催中です。

滋賀県高島より陶芸家の友人立石善規さんが準備の為に長野市に来ました。
着いた日の翌日は小川村にある村営の温泉に漬かりのんびりした後鬼無里を周り戸隠神社に参詣。今、噂のパワースポット戸隠神社奥の院に参詣してきました。
雪が積もっていて往復5キロの道程を紅葉と新雪を楽しみながら散策しました。

勿論、地元の人から教えて頂いたお蕎麦屋さんでおやきとお蕎麦を食べました。新雪と紅葉で絶景の戸隠が見える鏡の池も観光しました。

次の日作品の飾り付けの後午後から展覧会オープン。
夜は長野市若穂の大室温泉〓まきばの湯で寒く冷えた身体を温めました。

写真は陶芸家の立石善規さんと戸隠風景です。

↑このページのトップヘ