水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像や文言は無断での転用・転載を固く禁じます。
水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
・2020年4月29日~5月10日(終了)
日仏文化交流展Part1「アートの散歩道・パリー群馬安中」
【後援:外務省、安中市】


・2020年6月23日~28日(終了)
日仏文化交流展Part2「人から人へつなぐ2020コロナを超えて・パリー瀬戸内」:愛媛県美術館
【後援:外務省、愛媛県、松山市、NHK松山拠点放送局、南海放送、テレビ愛媛、愛媛新聞、FM愛媛、愛媛日仏文化交流会】

・2020年6月20日~30日(終了)(同時開催)
長尾周二&フランソワーズ・イカール二人出会い展
愛媛県砥部町ミュゼ里山房
愛媛の展覧会の詳細はこちらをご覧ください。


当サイトは画家・長尾周二氏の投稿をほぼそのまま掲載しております。
※掲載においては長尾氏本人の責任において現行の国内外の法令や社会規範等を遵守するように努めておりますが、お気付きの点等がございましたら直接長尾氏にお問合せをお願い致します。適宜対応いたします。
※メールアドレス(下記はリンクではありませんので入力ください)
shuj-nagao-go-12@docomo.ne.jp

(サイト管理者より)

ARTEC(欧州造形美術振興協会)

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二2006131
新しい友人と会食をし親睦を深める事が出来たり、銀座に集うアーティストと出会ったりと、有意義な展覧会に為りました。最終日には名誉会員の佐藤さんが友人を紹介して下さりました。

群馬県安中市の旧松井田西中学校での活動を応援して下さる準備の一環です。
銀座ギャラリーGKの星野さんからも、より一層背中を押して下さって身に染みて有り難く思って居ます。

作品を車に積んで次は愛媛県での企画に向けて走り始めました。
愛知県安中市の息子の部屋に辿り着き身体を伸ばして寝る事が出来ました。

写真は尾長鯛の兜焼きです。皆さんと歓談とても楽しかったです。
最終日フランソワーズ会長からメールが届いて皆様に御礼の言葉が有りました。

※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二2006091
月曜日の初日にはフランスに出品された作家が集いました。
現代美術普及協会理事長宮本先生始め多数の方々がいらっしゃって頂きました。
水彩画家・長尾周二2006092
フランスからはコロナ騒動で会長本人は来られません。
しかしこうして作品が届き個展が開催出来て本当に有難い事です。

火曜日、東京多摩ロータリークラブの夜間例会に卓話を依頼されてお伺いしました。
実は30年前にロータリークラブのメンバーで里帰りとなりました。
昔のメンバーは2~3人で年月を重ねた経過は如何ともし難いですね。
水彩画家・長尾周二2006093
私は毎日銀座ギャラリーGKに通って店番をして居ますので是非会場にいらっしゃって頂ければ幸いです。

参考
フランソワーズ・イカール展の概要
http://imaart.blog.jp/archives/25020547.html
展示などの様子
http://imaart.blog.jp/archives/25075575.html


※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二2006031
東の空が明るくなると同時に屋根が 騒しく、外に出て見ると猿が来て居ました。
道路を挟んで数匹が待って居ます。
先ず先発で1匹が様子を伺って、其れから集団行動です。

東京・銀座ギャラリーGKでのARTEC(欧州造形美術振興協会)会長のフランソワーズ・イカール女史の個展があり、その後愛媛県美術館での企画展と約1ヵ月ほど留守にしますから学校は猿の遊び場に為るでしょうね。
時が経つのは早いもので銀座ギャラリーGK、愛媛県美術館に向かう準備を始めました。軽四ワンボックスカーに作品を満載で近々旅立ちます。

フランス作家の作品は愛媛県に輸送済みですが、日本人作家とARTEC会長のフランソワーズさんの作品、そして私の作品を運ぶ必要があります。 その荷造りを始めて居ます。

6月から近くの近くの温泉が営業を再開しました。
約1ヶ月の休業でした。
その間、行水で凌いで居たのでホッとして居ます。
やっぱり温泉は良いですね~。


★参考
フランソワーズ・イカール個展(ギャラリーGK・東京銀座)の詳細のご案内ページ

※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二200505091
地元のアーティストや近所の方々との交流も深まり、竹の子の煮付けやフキの煮付けを頂いて山菜を味わい本当に幸せな里山生活を満喫して居ます。
又、横川駅名物峠の釜飯の差し入れや新しい友人からの差し入れも心の元気付けに為り有難いです。
郷土資料の本やアーティストが製作した本の差し入れ、新聞記事掲載を持参して頂いたりと本当に良くして頂いて居ます。
水彩画家・長尾周二200505092
益々此の地で皆さまに恩返しをしなければとの思いを深めて居ます。
世界中が困難な状況の中地域の人々の支えは本当に力になります。
此の後、愛媛県美術館での企画その前に銀座ギャラリーGKでのARTEC(欧州造形美術振興協会)会長フランソワーズ・イカール女史の個展「来日不可能の為私が会場に居ます。」と忙しく為ります。
今も作品保管の為に棚制作等で自分の制作が出来ません。


※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二20050501
水彩画家・長尾周二20050502
水彩画家・長尾周二20050503
水彩画家・長尾周二20050504
水彩画家・長尾周二20050505
水彩画家・長尾周二20050506
水彩画家・長尾周二20050507
水彩画家・長尾周二20050508
水彩画家・長尾周二20050509
水彩画家・長尾周二20050510
水彩画家・長尾周二20050511
水彩画家・長尾周二20050512
出品者の作品掲載です。フランスから日本に送って頂いた一部が東京税関で関税対象に為ってしまい2~3日やり取りをしたり、フランソワーズさんに資料を送って頂いたり、と展覧会だけでは無い雑務に追われていました。

作品や額縁の保存様の棚制作、花壇の雑草、掃除と毎日があっという間に過ぎて行きます。

政府発表によると5月7日以後は美術館閉鎖も解かれる様で、愛媛県での展覧会準備もしなければなりません。

6月には東京銀座ギャラリーGKでARTEC(欧州造形美術振興協会)会長・フランソワーズ・イカール女史の個展開催も予定されて居ます。
こうした状況ですから当然私が会場に通う事になります。
ですから益々忙しい日々が続くと覚悟して居ます。
その前に愛媛県のメディア取材と打ち合わせで愛媛県にも飛ばなくては為りません。
水張りをして制作準備もしましたが、落ち着いて仕事が取り組め無くて時間を見て描いて居ます。


※横長の画像はクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。
※6枚目の写真は4月28日に掲載しましたが、再度掲載致しました。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二2004281
雪の寒い季節から桜の花も終わり山は新緑に代わり妙義山の美しく映える季節です。
展示会場も後、数点を飾り付ければ完成です。
改めてこうした企画を進めて良かったと感慨に耽っています。
ARTEC(欧州造形美術振興協会)の皆さんの作品とも再会し、会長のフランソワーズさんからの情報で送付した作品が日本に送れなくて返って来たり、世界中が混乱した状況の今、こうして展示出来た事に本当に嬉しい気持ちで一杯です。

日本のアーティスト各位の皆様もこうした中ご協力頂き感謝申し上げます。

今回もフランス作家の作品を紹介させて頂きましたが未だ未だ掲載出来て居ません。
フランス作家で2点3点送って頂いた作家も多数いらっしゃりますが、先ずは1点掲載させて頂きます。
水彩画家・長尾周二2004282
水彩画家・長尾周二2004283
水彩画家・長尾周二2004284
水彩画家・長尾周二2004285
水彩画家・長尾周二2004286
水彩画家・長尾周二2004287
水彩画家・長尾周二2004288

今日、群馬県在住作家の山口和子先生が作品を持参して搬入して下さり早速飾って頂きました。
その際横川駅の峠の釜飯を差し入れして頂き、美味しく昼食を頂きました。
ありがとうございました。


※横長の画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二2004261
フランスの仲間「ARTEC(欧州造形美術振興協会)」のメンバー作品が届き展示を始めました。
しかし、作家のドキュメントが添付して無くて詳しい事が分かりません。
ご覧下さいオリジナルのフランス作品。今後も掲載致します。
水彩画家・長尾周二2004262
渡欧して15年目、其処で感じたのは日本とヨーロッパの美術感が大きく違う事です。
近代の日本における洋画家は模倣から入って居ます。
水彩画家・長尾周二2004263
オリジナル作品迄消化すれば其れ為りに評価されますが一見するとコピー作品に見える作家が居ます。今、展示会場に私がコレクションした作品の中にも〇〇画伯と見間違える作品が有りとても残念です。
水彩画家・長尾周二2004264
オリジナリティが無い作品は全く評価されません。
ご覧下さい。数点の作品でもこんなにバラエティに富んで居ます。
又、日本人はややもすると技術やテクニックの良し悪しを評価基準にして居る傾向が有ります。
水彩画家・長尾周二2004265
ですからフランス作家の作品をそうした基準で評価される方が居ますが、余りにも其れは白学で、「心ウキウキする高揚感や激しい慟哭」、「何とも言えないオシャレなセンス」、「画面に引き込まれる美しい色彩感覚」、そうしたオリジナルを堪能下さい。
水彩画家・長尾周二2004266
今回は来日予定のアーティストも断念せざるを得ませんが、日本でも制作して頂きそのエスプリを感じて頂ける様に企画したいと思って居ます。

※横長の画像はクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二2004241
ポール女史(ARTECメンバー)の大作
1.7メートル×3メートルの作品を掲示しました。
彼女はとてもエネルギッシュで行動的な方です。
ご覧のようにオシャレでセンス溢れるフランスの香りがする作品です。本来なら彼女が来日してこの会場で大作をデモストレーションする予定でした。其れに応えて大作を送って下さり本当に嬉しかったです。

水彩画家・長尾周二2004242
佐藤ひろみ先生 タイトル「かえる」
手作りマスクを送って頂いた作家です。
ご覧の様にユーウモア溢れるド派手な作品です。昨日も新聞記者が取材にいらっしゃいましたがコロナウイルスで厳戒態勢の時だからこそ明るい話題が欲しいと話で居ましたが見るだけで楽しんで頂ける作品です。
つぎのコンポジションの作品

水彩画家・長尾周二2004223b
尾崎ゆみ先生 タイトル「コロナでスーベニールに」
作品はコラージュ、心地よいコンポジションでイメージを感じさせる作品に為って居ます。黒でイメージを確定し赤と青でそれを呼応したレベルの高い作品です。毎日見て居ますが飽きない知的空間内に入り込み美味しい紅茶を飲んだ時の様な感情が湧いて来ます。


◆今回特別に展示する作品
それは私がParisの蚤の市で手に入れた日本人画家の作品です。エコールドパリ時代フジタと共にフランスで活躍した坂東敏雄の作品と思われます。日本では余り知られて居ませんがフランスの美術館には収蔵されて居る画家で、徳島県出身です。残念ながら著作権等の法律などもあり、これは写真を掲載することはできません。

※解説
正式な鑑定をしたわけではありませんが、本物の確率が極めて高いと思われます。
私は長年にわたりこの世界で数々の一級の作品を観てきたつもりです。趣味で鑑賞をしてきたわけでなく、それなりのレベルのプロの鑑賞眼とともに、専門的な判断基準なども心得ているつもりです。その内容でいうと、まず真贋は粗真筆と思われます。そして画商のオリジナル額で画商のシールもあります。またルーペで確認しましたが鉛筆画で髪の毛1本1本迄描いて居ます。一部修正、消しゴム?で修正して居るあとが見られます。実は同様の作品が美術館にも収蔵されて居ますが、これは私が推測すること画商に注文されて何枚か同じ絵を描いたのではないかと思っています。


※横長の画像はクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。




ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二2003301
世界中大変な状況に為って居ますがフランスも同様に大変だと話されて居ました。
そうした理由で3月19日に足の手術を予定して居ましたが待機状態だと話されて居ました。
日本の様子も尋ねて居ました。
ARTECメンバー作品が集まったので送る様にしますと仰って居ました。
ただこうした状況ですから連絡を取り合って進めましょうと話され電話を切りました。
水彩画家・長尾周二2003302
日曜日は写真の様に又雪が降りました。(写真上)
桜の花に雪が降り美しい風景と為りました。 (写真下)
水彩画家・長尾周二2003303
近所の方が来られ此処の此れからの風景は本当に見事な風景に為りますと話されて居ました。 桜が咲き始め妙義山を背景にとても美しい光景です。
出来れば大作を制作したいですね。


※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二2001021
大好きな大串半島に向かい車を走らせました。
晴天で小豆島が近くに感じられて筆を走らせました。
その絵が掲載した作品です。その後夕陽を見て高松に帰りました。

大晦日ARTEC(欧州造形美術振興協会)会長のフランソワーズさんに電話しました。
お嬢様のジンシャベールさんが女の子を出産されたそうです。
フランソワーズさんの初孫です。
本当に嬉しいお知らせです。

その後群馬県の松井田西中学校跡地の企画や愛媛県美術館の件を報告しました。
ARTECのメンバーも楽しみにして居ると話されていました。

ニューイヤー駅伝を見て居ていて、松井田西中学校跡地に制作した駐車場の展示会場が強風で壊れて居ないかと心配して居ます。四国高松に居るので心配しても如何にも為りませんけどね。
年末に高松のホームセンターに出向き、建設資材等を見て来ました。
未だ未だ材料が足りませんから研究が必要です。


※画像をクリックするとPCでは拡大画像がご覧になれます。

↑このページのトップヘ