水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像や文言は無断での転用・転載を固く禁じます。
水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
・2020年4月29日~5月10日(終了)
日仏文化交流展Part1「アートの散歩道・パリー群馬安中」
【後援:外務省、安中市】


・2020年6月23日~28日(終了)
日仏文化交流展Part2「人から人へつなぐ2020コロナを超えて・パリー瀬戸内」:愛媛県美術館
【後援:外務省、愛媛県、松山市、NHK松山拠点放送局、南海放送、テレビ愛媛、愛媛新聞、FM愛媛、愛媛日仏文化交流会】

・2020年6月20日~30日(終了)(同時開催)
長尾周二&フランソワーズ・イカール二人出会い展
愛媛県砥部町ミュゼ里山房
愛媛の展覧会の詳細はこちらをご覧ください。


当サイトは画家・長尾周二氏の投稿をほぼそのまま掲載しております。
※掲載においては長尾氏本人の責任において現行の国内外の法令や社会規範等を遵守するように努めておりますが、お気付きの点等がございましたら直接長尾氏にお問合せをお願い致します。適宜対応いたします。
※メールアドレス(下記はリンクではありませんので入力ください)
shuj-nagao-go-12@docomo.ne.jp

(サイト管理者より)

KOKOROJAPON展

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
前回記事に続いて、今回出品し、展覧会のために渡仏した画家・楠本恵子氏による展覧会のリポートです。

パリの9月は、やっぱり暑いです。
9月12日成田をたって夕方シャルル・ド・ゴール空港に無事着きました。
主宰者の長尾周二さんと、ARTEC会長のフランソワーズ イカールさんが出迎えてくださいました。
 それからホテルに直行して、予定になかったロワール地方のフランソワさんのご自宅(お城)に宿泊させていただきました。
13日は、シャンボール城や、シャトーモントレゾーを見学しました。城主は、長尾さんのご友人でした。
14日の朝早く出て、今回の展覧会場ーマドレーヌ寺院に着きました。
無事展示を終え、18時からベル二サージュ(オープニングパーティー)が始まりました。
総務省から出向された、羽白様、在仏日本大使館の外交官福原様、マドレーヌ寺院のパパ(代表者)、コンパレゾン展の作家田巻さん、
INABAさん、川辺さん、七條さんのご友人ほか、20人
以上の方がおみえになり、盛況のうちにスタートしました。
KOKOROJAPON201910
KOKOROJAPON201903
KOKOROJAPON201902

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
題名のように(一社)アートシップインターナショナル主催の「KOKORO JAPON展」が現地時間15日に開幕しました。今回出品し、展覧会のために渡仏している会員の七條公光子氏より、ベルニサージュを含む展覧会開幕の報告がとどきましたので、掲載いたします。なお写真等は追って掲載する予定です。  【サイト管理者】
KOKOROJAPON201936
「マドレーヌ展 ヴェルニサージレポート」

2019年9月14日早朝、当アートシップのフランスにおける拠点のロワールから、展示全作品を積み込んだバンがパリに向けて出発しました。
KOKOROJAPON201901
運転するのは、会長の長尾周二氏。出展画家の指田氏、星氏、楠本氏も同乗し、会場である世界遺産マドレーヌ寺院に到着しました。 寺院から鍵の束を受け取り、合う鍵を探しあてながら開場。作品を搬入し、会長、画家自らの手で展示していきます。
KOKOROJAPON201908
古い寺院の基礎部分に当たる展示場は、石造りの壁が湾曲しており、そこに渡した棒に作品を吊るしていくのはなかなかの難作業。一同18時からのオープニングパーティーに間に合うよう、コツを会得しながら手際よく進めていきました。
全作品90点を展示し終え、会場を清掃、テーブルに飲み物やおつまみをセッティング。クラシカルな建物にぴったり美しく収まった展示品をバックに、お客様をお待ちしました。

18時を回る頃、在仏外交官の福原氏、総務省の羽白氏がご来場。以後、名だたる美術関係者をお迎えし、ワインを片手に、お話が弾みました。
展示をご覧になられて、それぞれの作品への賞賛はもちろんの事、多様な作品がよく集められていることや、会場の古風な美しさ、アルミスタンドを使った展示方法のユニークさなど、たくさんのお褒めをいただき、すばらしいオープニングとなりました。
KOKOROJAPON201909
KOKOROJAPON201907
KOKOROJAPON201906
KOKOROJAPON201905
KOKOROJAPON201904

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1905281
フランスParisマドレーヌ寺院で開催予定のKOKORO JAPON展のポスターとベルニサージュカードのデザインを水口麟太郎さんに依頼して東京を立ちました。
Paris展出品者は今年は19人と大幅に増えました。又、銀座ギャラリーGK星野さん推薦のアーティストが加わり現代日本を代表するに相応しい展覧会に為りそうです。
群馬県安中市の企画も進み出してこの後、豊川市で国際免許を取って愛媛県に向かいます。砥部町町長や愛媛県県職員、お世話に為った宮崎さんにお会いする予定です。
東京では真夏の陽気で深夜迄、車の中は暑くて寝られませんでした。
富士吉田経由で富士市を通って豊川市に着き ましたが富士吉田を過ぎて雨が降り出しました。
車の屋根を叩く音が激しく響いて居ます。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1904291
やはり筆を持ち野山で写生したいですね。
気持ちは。此処に在らずです。
画廊ほのほと美術館の掛け持ちで些か疲れ気味ですが、
作品をご覧に為った方々と新しい出会いが有ります。

皆さんから展覧会の作品をご覧になってお褒めの言葉を頂いて居ます。
又、新しい友人をご紹介頂いたりと活動の幅が広がり嬉しく思って居ます。

9月Parisのマドレーヌ寺院のKOKORO JAPON展に東京銀座ギャラリーGKよりご紹介頂いた作家12名と高松で出会った作家合わせて13人の方が出品して頂ける事が決まりました。
そしてその中から5人がParis展に来られると連絡を頂きました。

コツコツと積み重ねて来た事が形に為って居ます。群馬県の件も名誉会員の佐藤門哉さんの尽力も有り進めて居ます。
5月9日にはフランスからARTECの会長フランソワーズさんが来日されます。
10日は愛媛県県庁表敬訪問、エフエム愛媛出演。
11日オープニングと続き、その後東京に一緒に向かいます。
1日1日と全力で対処して居ます。

ブログネタ
水彩画家・長尾周二のフランスと日本国内での芸術活動記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1904101
5日間同じ場所に通って来ました。朝、おにぎりを一個作り大串半島津田の松原と走って一枚描いて津田にある手打ちうどんの製麺所松乃家に行って来ました。
久しぶりに大好きなうどん屋さんでうどんを堪能しました。
大好きな瀬戸内海を楽しんだ後に此処の所毎日通って居る場所に行ってもう一枚描きました。
今、新芽が芽吹き大好きな季節ですが10日高松空港にポールさんが来ますので今迄の様に写生は出来ないかも知れません。
水彩画家・長尾周二1904102
月曜日の朝はPARISマドレーヌ寺院で開催されるKOKORO JAPON展(9月14日~22日)の在フランス日本大使館後援依頼書類をフランスに送りました。
毎日の様に連絡が入り日本での企画もフランスの企画も確実に進んで居ます。

※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

↑このページのトップヘ