水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像や文言は無断での転用・転載を固く禁じます。
水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
『坂本宿・蚤の市』を開催予定!
2024年3月より群馬県安中市横川の旧坂本宿に於いて上記のフリーマーケットを開催します。近隣(約400m)には旧松井田西中学校跡地の「MUSEE 松井田」(美術施設)があり、こちらも常設展示があり、原則観覧できます(入場無料・・2024年現在)。

また同時にこちらのフリーマーケットの出店者も大々的に募集しております!

ー概要ー
・群馬県安中市松井田町原266
(一社)アートシップインターナショナル
・開催日(雨天決行)
毎月第2・第4土曜日・日曜日
AM9時~PM3時
※詳しくは下記のページをご覧ください。



当サイトは画家・長尾周二氏の投稿をほぼそのまま掲載しております。
※掲載においては長尾氏本人の責任において現行の国内外の法令や社会規範等を遵守するように努めておりますが、お気付きの点等がございましたら直接長尾氏にお問合せをお願い致します。適宜対応いたします。

※メールアドレス(下記はリンクではありませんので入力ください)
shuj-nagao-go-12@docomo.ne.jp

(サイト管理者より)

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二作品・サントヴィクトワール山201004
エクスアンプロバンスでの個展が始まりましたが泊まって居るのはサント・ヴィクトワール山が望めるビーモン湖の駐車場です。

先程夕焼けで山が紅く染まってとても綺麗でした。
今日はギャラリーでアンティークの壺を描き始めたので画材はギャラリーに在り見ているだけでした。

昨日描いたサントヴィクトワール山の絵を送ります。

夕焼けの後は満月が登りとても美しい景色でした。サント・ヴィクトワール山とセザンヌの道等は世界遺産に登録されて居ます。刻々と変わる色彩と岩山は正にセザンヌの絵画そのものです。何度となく訪れて描いて居ますがとても難しい山です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二旅行記1004281
水彩画家・長尾周二旅行記1004282
ガロさんのギャラリーで4月28日と29日私の個展が決りました。

ガロさんはとても素晴らしいアーティストで私の大好きな作家です。小洒落た作品を作るアーティストは沢山居ますが彼の作品は本当にお洒落で1日彼のギャラリーで作品を見ていても飽きません。
私は彼と会う事と作品を見せて頂く為にも昨年に続き個展を開催させて頂いています。

作品に限らず彼のセンスは一流でエクスアンプロバンスの庭園十選に入っていてとても素晴らしいです。小さな庭ですが隅々まで心温まる配慮が観られます。

ギャラリーに置かれて居る作品とアンティークそして竹林や樹木鉢植えの花迄が全て彼のセンスで配置されていて一見するとどれが作品でどれがアンティークでベンチさえもこれは作品かどうか分からない位自然に溶け込んで居ます。

エクスアンプロバンスに来られたら是非一度ご覧下さい。写真は彼の作品とガロさんです。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・ソゴンスの写生会での作品
アーニーさんとは昨年ドゴール空港近くの村で絵を描いていて知り合いました。寿司を作りご馳走する約束をして別れ再会しました。
サーモンやカニカマボコ胡瓜をスーパーマーケットで買って手巻き寿司とちらし寿司を作り約束を果たしました。

泊めて頂いて翌日アーニーさんとアーニーさんの友人リーファンさんと三人でパリの北に65キロにあるSerans〔ソゴンス〕に行きました。
アーニーさんが所属する画家の美術クラブが写生会を開催していてそれに参加する為です。
30人位の参加者で私も飛び入り参加させて頂きました。写生会の後は一時間だけの展覧会です。皆さん和やかに歓談して作品を鑑賞していました。私も皆さんと挨拶を交わし楽しい一時を過ごしました。

写真は私がその時描いた作品です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
長尾周二・水彩画・ロワール川の対岸からの風景
ロワール地方シュウジ〔CHOUZY〕のシャトーで1ヶ月半居候していました。
その間個展を開催して頂きグループ展にも参加させて下さいました。詩人や美術出版編集者、美術学校教授や数多くのアーティストを紹介して頂きました。

現代フランスの文化人との出会いは大変有難い事でした。

一時プロバンスに向かいます。
お世話になったシャトーを描いてみました。ロワール川の対岸からの風景です

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二旅行記100418
野山は新緑が芽吹きモクレンやプラムの花が咲き誇り花壇にはチューリップやパンジーが色鮮やかに春の盛りを告げています。私はシャトーボルガールに通って絵を描いて居ます。夏の展覧会に向けて新作を用意したいと思っています。

シュウジのマダムフランソワーズさんが近くの美術館で画家20人 参加の展覧会に出品して頂けるそうです。

絵は三点出品の中の一点です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二旅行記100417
こずえ&ディディエさん家族からランチに招待されフランス料理のレストランでランチを頂きました。ブロァからさほど遠くない場所で 落ち着いたレストランでとても美味しい料理でした。その後ドライブで小旅行とても楽しい一日でした。大樹くんは笑顔を絶やさずとてもご機嫌でした。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
展覧会の会期は7月25日から8月20日迄です。
その前からシャトー内で制作する許可も頂きました。特に会期中はシャトーに滞在していますので日本から来られたら是非声を掛けて下さい。

このシャトーに付いて少し説明します。世界遺産のロワール川シャトー群の一つでブロァの街から南に約9キロの所に有ります。40エーカーの敷地内には森と庭園、二つの池が有り散策するだけでも一汗流す広さです。

特に際立って居るのはフランス国が出来た当時の重要人物の肖像画が60余点有る事です。フランシス一世始めジャンヌダルクの肖像画まで有るのには大変驚きました。多くのシャトーは家具調度品がフランス革命時に紛失したのですが個人所有の為その当時のまま残されていて必見の価値が有ります。

今日はシャトーボルガールの庭を散策してきました。写真がシャトーボルガールでその奥が展覧会会場の建物です。展覧会会場も宮殿の様な雰囲気が有るとても広くて素晴らしい会場です。

後日こずえ&ディディエさん等からお聞きした所、ブガッシュウ市から頂いたメダルは大変名誉有るとの事で名誉市民に相当するのだそうです。作品展を認めて頂いて大変恐縮しています。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二旅行記100411
ブガッシュウ市はロワール地方に有り世界遺産のシャトーシャンボールに近い街です。私が個展を開催させて頂いた会場はフランスの重要文化財に指定されている木造建築で約500年前に建てられた建物です。
そして今日は市庁舎に招待されてセレモニーが有りました。美術関係者や市の関係者プレスを招いて市庁舎で行われました。

私が北海道利尻島で描いた礼文島を望む作品をブガッシュウ市に寄贈しました。お礼に市のマーク入りのネクタイとメダルを授与して頂きました。又来年6月約1ヶ月間個展を開催して頂ける事を約束して頂きました。

私はフランス語でのお礼の挨拶をさせて頂きました。

その後中庭でレセプションがあり恒例のワインとシャンパンで乾杯をしました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二旅行記画像1004081
水彩画家・長尾周二旅行記画像1004082
バンドゥムでパンプルさんを紹介して頂きました。
彼はバンドゥムの街を案内して下さいました。中世のままの建物でとても素敵な街です。

その後、詩人で絵を描いているメリヨンさんを紹介して頂きました。御自宅で話を聞かせて頂きましたが中々興味深い話で聞き入ってしまいました。
彼の話の要約は物事を伝える言語はとても大切でその国々の言葉で表現しなければ本当の意味で全ての表現したい事は伝わらない。と話して居ました。
なるほど詩人らしい感性だと納得しました。詩はフランス語ですから理解出来ませんが絵は分かります。
彼の作品を見せて頂きましたがとてもピュアなな作風で日本の皆様にも見て頂きたいと思い日本での企画展に出品を御願いしました。

9月末から予定している仏日友好展覧会に出品して頂ける事に為りました。日本の皆様も楽しみに していて下さい。

写真は画家のフランソワーズさんと詩人で画家のメリヨンさんです。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二旅行記画像100407
最終日にスイス人が作品を買って頂いて話をした所、バカンスでフランスに来ているそうです。スイス-アルザス地方に住んでいるそうで夏是非遊びに来て下さいとの事、機会が有ればスイスにも行きたいと思って居ましたからとても嬉しく思って居ます。

展覧会期間中にはまだまだレポートしていない事が起こりました。フランソワーズさんから誘われ展覧会のパーティーに参加しました。生演奏が入りフルコースのディナーをご馳走になりました。その会場でも色々な人を紹介して頂きました。写真はその時の様子です。

金曜日に市長さんから招待を受けています。その時フランス語での挨拶をしなければいけない様で明日から少し練習をしなければいけません。

多くの新しい友人が出来ました。何より来年も6月約1ヶ月展覧会を同じ会場で企画して頂きました。フランスは公的ギャラリーがとても少なく地元の画家でも中々展覧会が出来ない中で一番良いシーズンを用意し て頂きとても喜んでいます。

8月はボルガールのシャトーで展覧会が待って居ます。その前に5月エクスアンプロバンスのガロさんのギャラリーでの個展が有ります。
又ドイツ-シュロスミツコ美術館で一年間一室企画展が開催中で
す。夏にはドイツに行こうと思って居ます。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二旅行記画像100405
ロワール渓谷には世界遺産のシャンボール城を始めレオナルド-ダ-ヴィンチ終焉の地アンボワーズ城等数多くのシャトーが在ります。その中一つで観光コースに入って居るシャトーでの出来事です。

又一つ嬉しい事が増えました。シャトーボルガールのマダムナタリーさんと再びお会いしシャトーを案内して下さり展覧会会場も見せて頂きその上で私の個展が8月このシャトーで開催出来る事に為りました。
詳しくは案内状が出来ましたらご報告致します。
通訳は向井円さんに御願いしました。
又オープニングパーティーには向井円さんに日本料理を作って頂くよう御願いたしました。
一つの旅が重なる度に友人の輪が広がり、より有意義な文化交流が開催出来る事はとても嬉しく思います。
シャトーのマダムナタリーさんが期間中シャトーに泊めて頂けると仰って下さいました。
フランス皇帝フランシス一世と縁があるこの場所で過ごせる事はとても楽しみです。

このシャトーについては個展が始まり滞在中に報告させて頂きます。

写真はマダムナタリーさんと向井円さんでシャトーボルガールの中で撮ったものです。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
ブガッシュウ市のギャラリーで初日ベルサージュにいらっしゃって下さった向井さんからランチのお誘いが有り有り難くご馳走に為ることにしました。展覧会が終わる迄毎日御世話して頂けるとの事、有り難うございます。エクスアンプロバンスの友人ガロさんが親しくする事は国益に繋がると言って居ましたがそんな大袈裟な事で無くとも情報交換や親睦がはかれるだけでも有意義だと思います。

今日は火曜日に続き小学生の見学&絵の授業がありました。

市長さんが再び来られて作品を買い上げて頂きました。御世話になり応援迄して頂き有難い限りです。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二旅行記画像100331
シュウジのシャトーから展覧会場があるブガッシュウ市迄片道50キロ以上車で走り通って居ます。行く途中にこずえ&ディティェさんのパン屋さんがあり毎日のパンを買って帰って居ます。フランソワーズ
さんもお気に入りでとても美味しいです。
今日は小学生が展覧会場に来られて私がデモストレーションで絵を描いてその後に生徒さんも絵を描く授業をさせて頂きました。
木曜日に又別のクラスの子供達が来るそうです。
今日来た子供の中にこの展覧会場で出会った向井さんご夫婦のお子様も居ました。通訳は向井円さんにお願い致しました。
まさかフランスで絵の授業をするとは思っても居ませんでした。向井円さん有り難うごさいました。
子供達の作品はとても色彩が豊かで感動しました。日本の子供達とは又違った良さが感じられとても楽しい時間でした。
引率の先生方ご父兄の皆様有り難うごさいました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二フランス・ブガッシュウ展覧会写真3

初日にオープニングレセプションを開いて頂きブガッシュウ市の市長始め美術協会の会長等60人以上の参加が有り盛況の内に始まりました。詳しくはインターネットでfrance chuji nagaoで御覧頂けばフランスでの様子が紹介されています。
市長から小学校美術教師を紹介され授業をして頂けないかと依頼が有りました。勿論快く引き受けました。
私からは市のギャラリーで個展を開催させて頂いたお礼に日本で描いた作品を寄贈させて頂きました。

スペイン、ドイツに続きフランスでもこうして文化交流が進められる事にとても嬉しく思います。
この展覧会を企画運営して頂いたフランソワーズさんに心より感謝申し上げます。
水彩画家・長尾周二フランス・ブガッシュウ・展覧会写真1

水彩画家・長尾周二フランス・ブガッシュウ展覧会写真2

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二旅行記画像1003221

水彩画家・長尾周二旅行記画像1003222
フランス、ロワール地方はシャトーが有名ですよね。その中で公開されていて観光ルートになっているBEAUREGARD〔シャトーボグゥギャ〕48万坪の森に囲まれ庭が有り敷地内に池も有ります。此処でも個展の話が進み始めました。

事の始まりはディティ&こずえさん大樹君一家が経営しているパン屋さんに〔昨年偶然立ち寄った店〕展覧会のパンフレットとポスターをお願いした次の日、お客様のマダムナタリーさんが訪ねて来ました。

マダムはそのシャトーの家族です。
私のパンフレットを渡して話すと会って下さるとの事。日曜日ディティさん一家とシャトーを訪ね話をした処、会場費無料で企画して頂ける事に為りました。

次回、日程や会場の細かい打ち合わせをする事に話が進みました。ディティさんが帰り道で偶然て凄いねと話して居ました。
ディティ&こずえさんのパン屋さんにはロワール地方シュウジのシャトーに着いて直ぐパンを買いに走りその後も時々14キロ車を走らせ買いに行って居ました。〔本当に美味しいパンです。〕
又私が一時帰国中に入院してた事も地球ラジオのホームページで知っていました。こうして文化交流が現実になると私がヨーロッパを放浪してた最大の目的が達成されつつ有ることにとても嬉しく思います。

写真はディティさん一家とシャトーの庭で撮った写真です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
ロワール地方での展覧会のポスターと案内状が出来ました。
皆様の協力で此処まで辿り着きました。
水彩画家・長尾周二個展ポスター1
水彩画家・長尾周二個展チラシ1

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!

水彩画家・長尾周二旅行記画像100318
ランチをフランソワーズさんの友人ジョンさん〔88歳 〕ミッシュリンさん〔82歳〕御夫妻とご一緒しました。
レストランで愉しく歓談しながらのランチでしたがこのお年でこの料理をたいらげたのにびっくり。
元気の元は食に有のでしょうか!私はお子様ランチの様な量しか食べられませんでした。
どのテーブルも同様に凄い量の食事が並んでいました。その他にビール又はワイン、デザート、カフェ、パンが付いて居ます。写真をご覧下さい。

此処でも展覧会に来て頂ける様にお願い致しました。
順調に準備が進んで居ますが東京から送った額縁に関税の請求書が届きました。約50000円です。
ドイツやフランスはしっかり請求が来ると話には聞いて居ましたが。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二旅行記画像100314
着いたその日ランチを頂きながらフランソワーズさんと息子さんのジョンさんと歓談をしました。私の展覧会は3月27日から4月5日迄だそうで詳しくは来週関係者と打ち合わせに行くそうでその時聞こうと思って居ます。

フランソワーズさんが今年手掛けている展覧会はイタリア、ミラノともう一ヶ所スペイン、マドリッド、フランス、パリ&ロワール地方と予定が入って居るそうです。国際的にアートを通じて文化交流を主催して居ます。

夜はシャンソンの音楽会に誘って下さいました。此処から50キロ西の街でジョゥジさんのお宅が音楽家のサロンに為って居る様です。着いて直ぐフランス料理を教えているモモさんがフランス料理のフルコースをご馳走して下さいました。それは絶品でした。

その後小さなホールに案内され5、60人の人達で満員でした。シャンソン歌手や音楽家を紹介する前に私を紹介して頂きこのロワール地方で個展を開くことを知らせて下さいました。
シャンソンを生演奏会で聞いたのは初めてでしたから30曲余りを時間が経つのを忘れてしまう位観賞させて頂きました。

又部屋に掛けてある絵画も美術館級の作品が有り特に日本と中国の作品にはびっくりしました。ロートレックやキリコの版画もホールに掛かって居ました。

其処でも画家や音楽家等普段から交流の有る人々を紹介して下さいました。

帰宅したのは午前1時過ぎだったと思います。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二スペイン風景画1画像
地中海側に回って通行止めでしたので雪の中で野宿。とても強い寒気の様で風速30メートル位のブリザードが容赦無く吹き続けていました。

次の日、幹線国道のN2号線に戻りフランス国境越えをしました。60キロ位の道程を普段なら一時間で通過する処を八時間以上かけての峠越えでした。峠付近は50センチ以上は積もっていてしかもアイスバーンに為っていましたから仕方有りませんね。

クリオのアンリー&道子さんにお伺い出来ないとメールを入れた処3日経ってやっと主要道路の除雪が出来たそうで南のリゾート地での大雪には皆さんお手上げだった様です。

私はクリオもカルカッソンヌにも寄らずサンレミプロバンスに向かいました。雪は少し積もって居ましたが道路には積雪が無く無事友人のジョ
ンさん宅に辿り着きました。

絵はスペイン側で描いた風景です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二ヨーロッパf放浪記画像2

スペイン側フランス国境の街ポートブゥで積雪10センチ以上になり通行止めです。地中海に面した温暖なリゾート地ですが雪で前に進めませんでした。早朝から雪に変わり内陸部は積雪で駄目だと思い海岸線に回ったのです。

成田国際空港を立つ時も雪が舞って居ましたがビックリです。バレンシア地方は春も終わりの感じでしたがカタロニア地方は冬に逆戻りです。食料は十分買い込んで居ますから問題は有りませんが寒いのは苦手ですね。

車から外に出られませんし窓ガラスに雪が舞っていて冷蔵庫の中に居る
ようなものです。
勿論タイヤチェーンも持って居ますがポリスが通行止めをしていますので今日はこの街で野宿です。

おまけに昼過ぎ迄聞こえてたラジオ放送が突然途切れ今は短波ラジオを聞いて居ます。

スペインのラジオ中継局で落雷か雪でアクシデントが有ったのでしょうかAM FM 共に聞けなくなりました。

↑このページのトップヘ