水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像や文言は無断での転用・転載を固く禁じます。
水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
・2020年4月29日~5月10日(終了)
日仏文化交流展Part1「アートの散歩道・パリー群馬安中」
【後援:外務省、安中市】


・2020年6月23日~28日(終了)
日仏文化交流展Part2「人から人へつなぐ2020コロナを超えて・パリー瀬戸内」:愛媛県美術館
【後援:外務省、愛媛県、松山市、NHK松山拠点放送局、南海放送、テレビ愛媛、愛媛新聞、FM愛媛、愛媛日仏文化交流会】

・2020年6月20日~30日(終了)(同時開催)
長尾周二&フランソワーズ・イカール二人出会い展
愛媛県砥部町ミュゼ里山房
愛媛の展覧会の詳細はこちらをご覧ください。


当サイトは画家・長尾周二氏の投稿をほぼそのまま掲載しております。
※掲載においては長尾氏本人の責任において現行の国内外の法令や社会規範等を遵守するように努めておりますが、お気付きの点等がございましたら直接長尾氏にお問合せをお願い致します。適宜対応いたします。
※メールアドレス(下記はリンクではありませんので入力ください)
shuj-nagao-go-12@docomo.ne.jp

(サイト管理者より)

2012年03月

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・作品「エクスアンプロバンスの教会」の写真
エクスアンプロバンスはセザンヌの産まれ育った地でも有ります。旧市街にギャラリーや美術館が大小合わせて27在るとか。ギャラリーを見ながら街並みを楽しんだり、美味しいピザ屋さんで一切れ買って食べたりとのんびり過ごしています。

今回はビーモン湖に向かう道路で駐車代金が係らない場所に車を停めてそこから旧市街に歩いて居ます。勿論、差ほど遠くない場所です。

其所から見える教会を描きました。日中、日射しが有ると温かですが雲が出たり朝夕は寒いですね。

描き出しはまずまずでしたが筆を入れるに従って納得が行かない物と為って行きました。何枚描いても何年描いても難しいですね。ま、市内に有るギャラリーの作品よりはましですが困った物です。

花粉症が出て来て鼻水と涙目です。回りは松の木が有りますので松の花粉ですね。当分悩まされながらの生活です。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
バロセロナの観光はしないで高速道路で通過。
水彩画家・長尾周二・旅行記写真120304
小さな街や村の風景も素晴らしいく美しいですね。
ピレネー山脈を越えて南仏に入りました。

写真の様にバレンシア地方では初夏の様でした。
ご覧下さい枇杷の実がこんなに大きく為って居ました。
さすがに南仏と言えどもバレンシア地方程では有りませんがアーモンドの花は今が盛りです。

遺跡や美しい村で休みながら走って居ますがその場所で止まる度にローマ遺跡や中世そのままの風景が待っています。

昨日は地中海海岸で泊、今日は葡萄畑の中で寝ます。遠くに街の灯りが見えますが近くには民家も有りません。
スペインでは星空が見えましたが南仏は厚い雲に覆われて居ます。

スペインでも南仏でも国道沿いに美しい女性が立って居ましたが見て通り過ぎです。
中にはエッ!と驚く女性も居ました。〓〓

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・バレンシアでの作品写真120302
温度計が18度を指していました。黄色や紫の花が咲いています。
勿論アーモンドの花も咲き誇って居ます。

丁度バレンシアオレンジの収穫時期で美味しいオレンジが4キロ1ユーロで買え今までの最安値でした。地元の槇さんも驚いて居ました。

スペインに来たのは槇さんやアナトリーさんと再会する事も有りましたがイーゼルを買う事とエアコンのガスチャージも目的でした。
イーゼルは鉄で出来ていて安くて頑丈で60号とか80号を制作する時に二つ同じイーゼルを並べて描く為にどうしても必要でした。
注文し届いてからの旅立と為りました。

エアコンのガスチャージはやはり最安値で53ユーロで済みました。
トヨタ・カリーナがエアコンのガスを時々チャージしていたのでガレージや国によって価格差が有ります。

アルテァの画材店にイーゼルが届くのを待つ間に一枚描きました。
写真がその作品です。

↑このページのトップヘ