水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像や文言は無断での転用・転載を固く禁じます。
水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
「MUSEE MATSUIDA・ART WAVE 安中現代美術展2023」
期間:2023年8月1日~8月31日
時間:10時~17時
※月曜日は休館
入場:無料
場所:群馬県安中市松井田町原60-1
旧松井田西中跡地
※なお一部の常設展示もご覧になれます。詳細は下記ページ文中の携帯電話か現地で長尾周二にお問合せください。
・詳細は下記をご覧ください


・展覧会チラシはこちら

当サイトは画家・長尾周二氏の投稿をほぼそのまま掲載しております。
※掲載においては長尾氏本人の責任において現行の国内外の法令や社会規範等を遵守するように努めておりますが、お気付きの点等がございましたら直接長尾氏にお問合せをお願い致します。適宜対応いたします。
※メールアドレス(下記はリンクではありませんので入力ください)
shuj-nagao-go-12@docomo.ne.jp

(サイト管理者より)

2021年01月

632CDEBA-2475-4FD8-84D3-473A57751B48
E8C99080-F6FF-4A7D-A0F0-EBDFBFB13C48

午後3時に帰って来てゲートを開けようとしたら近所のお婆ちゃん2人がいらっしゃいました。新年の挨拶を済ませると差し入れを頂きました。
帰って来たばかりで忙しいだろうから又ねと立ち去りました。
里山の人情は本当に温かいです。
その後ご夫婦で散歩にいらっしゃって散歩が終わるとご主人が車の上に乗って居る流木を降ろすの手伝うよと仰って荷を解き始めました。
脚立を持って来て確り縛って居るロープを解き降ろしました。特に海岸で手伝だって下さった流木は降ろす際も一人では難しい重さでした。
機転の効いたご協力本当に有り難うございました。
何処にどう言う風に使ってオブジェを造るか思案中です。

EDC20C40-F117-4FA6-BDC6-EB229EA94821

F79C80E9-8A8F-4554-AFC7-0A0C817B6A3B


Paris世界遺産マドレーヌ寺院展の会場をキープして居るとの事です。
しかし世界的にコロナ禍が大変な状況ですから参加出来ないかも知れませんと話をしました。
今、フランスで夜間外出禁止令が出ているとの事です。
日本も今後如何なるか分かりませんので連絡を密にして対処する事にしました。
群馬県安中市松井田町の松井田西中学校跡地での美術館造りに関しても情報を共有しました。

絵の話をします。
ヨーロッパに旅立つ前の事です。中学生のビジターが私の絵を見て僕でも描けると言いました。
そうですか少し下がってご覧なさいと言うと彼は此れは凄い離れて見ると絵が大きく見えると素直に感動しました。
20歳から絵画教室を始め美術大学進学予備校を営んで居て2000人余の大学進学を世話しました。
基礎教育に長年携わって居て思う事はトコロテン教育ではアーティストは育たないと言う事を実感しました。
ヨーロッパに着きフランスの画商から日本で大家と言われ数百万円以上で売買されて居る画家の絵を否定されました。大変衝撃的で何故と訪ねるとオリジナリティーが無くパン絵だと言われました。
その後も後に大親友に為ったジョン カルロス ガロさんからも丁寧に説明してして頂いて納得しました。
二次元の平面を使って三次元を表現それが基本で尚且つオリジナリティが無ければ相手にしても来れません。
どんな表現でも評価の基準はある様です。
ま、画家は作品制作を続けて居るかどうかが大前提ですからさぼらず描き続けます。

DF6A60A8-51B7-4943-A350-A0B6A8B6EEA5


本年も宜しくお願い致します。
日本とフランスの文化交流を今後とも可能な限り続けて行く所存でございます。
松井田西中学校跡地での美術館建設に向けて一歩一歩前進したいと思って居ます。
此処のグランドに展示されて居る川田清先生作品が一貫して示して居る人間の心の中を表現して居ます。
善と悪、安定と不安定、戦争と平和、天と地
現代世界において私達が考え無ければならない昨今です。
機会があれば是非ご覧下さい。
川田清先生の彫刻作品はそうした問いかけを続けて居ます。

↑このページのトップヘ