水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像や文言は無断での転用・転載を固く禁じます。
水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
「MUSEE MATSUIDA・ART WAVE 安中現代美術展2023」
期間:2023年8月1日~8月31日
時間:10時~17時
※月曜日は休館
入場:無料
場所:群馬県安中市松井田町原60-1
旧松井田西中跡地
※なお一部の常設展示もご覧になれます。詳細は下記ページ文中の携帯電話か現地で長尾周二にお問合せください。
・詳細は下記をご覧ください


・展覧会チラシはこちら

当サイトは画家・長尾周二氏の投稿をほぼそのまま掲載しております。
※掲載においては長尾氏本人の責任において現行の国内外の法令や社会規範等を遵守するように努めておりますが、お気付きの点等がございましたら直接長尾氏にお問合せをお願い致します。適宜対応いたします。
※メールアドレス(下記はリンクではありませんので入力ください)
shuj-nagao-go-12@docomo.ne.jp

(サイト管理者より)

2022年08月

1659875935830

2年前に亡くなってそのままの状態です。老人の一人暮らしで職業は猟師だったそうです。
倉庫も住まいもそのままで
部屋には衣類を干したままに為って居て先ず衣類を片付けました。
又寝具やジュウタン、調理器具や食器、文房具に写真、日記まで生活そのままに残っていました。
自分も一人暮らしで結果同じ様になるのかと頭の中を過りましたが私には息子が居ますから未だマシか?と!
さて、人生どんな結末が待って居るか分かりません。
出来るだけ一所懸命全うしたいと思って居ます。
写真は喜屋武先生の寄贈作品を車から下ろして並べて居ます。未だ正式展示では有りませんがその後ろに一輪車「ネコ」に鬼の顔を描いて見ました。
子供達は鬼だ!と騒いで居ました。

1659642719066

ARTEC会長フランソワーズ イカールさんに小山幹男さんの作品を託しました。
日本でも高く評価されて居る写真家小山幹男さんの作品展
フランスでも高く評価されると思います。
私もこのブロァ、ギャラリーレブットで展覧会に参加させて頂きました。
古い400年以上前の貴族の館です。
とても趣きの有る会場です。
小山幹男さんの作品はフランソワーズ イカール会長も絶賛して頂きました。即フランスでの活動を決めて下さいました。
この後もParisデザインセンターの展覧会に出品して下さるとの事です。
群馬県安中市ミュゼ松井田からフランスで活躍する作家が一人でも多く出て来ればと楽しみにして居ます。
世界的に大変な時代ですが日仏文化交流が信頼関係で実行出来る事に感謝です。
私も落ちつけば渡仏して活動を共にしたいと思って居ます。

近所の方々や千葉の畑先生から自家製の梅干しを頂きました。毎日の様に梅干しを頂いています。
私も人生初めての梅干し造りに挑戦しました。
近所の方に味見をして頂きましたが何とか出来そうです。
身体に良いと聞きチャレンジしました。
レモンの木を買って来ました。此れはお猿さんも食べないそうですから植えてみました。
本当は食べられる柿や葡萄等を植えたいのですが猿くん達の餌になりますから諦めました。
最近の暑さで来場者が激減しました。其れでも千葉県野田市やこの中学校卒業生が寄ってご覧下さいました。
この暑さで芝刈も大変です。
1659449039897
1659449040814

↑このページのトップヘ