1093E77C-7B64-4C9B-89D8-82E704DE2C99

1808C5D0-47F7-48FC-B049-DDA3A43F4E99

EB3EF498-F484-44ED-AC3C-AADACFD5D4AA

鉄を使った彫刻群 当然錆が発生して作品が朽ちて来ます。
先生のお嬢様から頂いたニスに加えて黒の艶消し錆止め塗料を購入して対処して居ます。
今までに4体の彫刻をペイントしました。
錆をワイヤーブラシで取り其れから塗装します。
その様に作品に接していると作品に込められた川田清先生の魂や思いが伝わって来ます。
一体3時間位掛けて錆を落とし塗装して居るとただ眺めて居るのとは違って色々な事が伝わって来ます。
没後25年で資料も少ないのですが残して行きたい作家の一人です。
先日軽井沢在住のビジターが来られて軽井沢に在る17の美術館より素晴らしい作品が有り何故こんな場所にと話されて居ました。
数々の美術館巡りをなさった方が来られてご覧に為られると内容のあるミュウゼに皆さん驚かれます。
紹介で来られる方が絶えないのはやはり作品内容だと思って居ます。
人の世話だけでは無くて自分の作品制作にも精を出して挑戦しなければと日々反省して居ます。パネルも出来ましたので水張りして準備します。