水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像や文言は無断での転用・転載を固く禁じます。
水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
・2020年4月29日~5月10日(終了)
日仏文化交流展Part1「アートの散歩道・パリー群馬安中」
【後援:外務省、安中市】


・2020年6月23日~28日(終了)
日仏文化交流展Part2「人から人へつなぐ2020コロナを超えて・パリー瀬戸内」:愛媛県美術館
【後援:外務省、愛媛県、松山市、NHK松山拠点放送局、南海放送、テレビ愛媛、愛媛新聞、FM愛媛、愛媛日仏文化交流会】

・2020年6月20日~30日(終了)(同時開催)
長尾周二&フランソワーズ・イカール二人出会い展
愛媛県砥部町ミュゼ里山房
愛媛の展覧会の詳細はこちらをご覧ください。


当サイトは画家・長尾周二氏の投稿をほぼそのまま掲載しております。
※掲載においては長尾氏本人の責任において現行の国内外の法令や社会規範等を遵守するように努めておりますが、お気付きの点等がございましたら直接長尾氏にお問合せをお願い致します。適宜対応いたします。
※メールアドレス(下記はリンクではありませんので入力ください)
shuj-nagao-go-12@docomo.ne.jp

(サイト管理者より)

2011ヨーロッパ放浪記

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真1101101
アパートを引き揚げ車上生活を始めて10年近くになります。家財道具は処分しましたが作品を友人知人宅に預けて居ます。それらの作品を収容する倉庫を作りました。
四国高松の弟が住む車庫の中の一角にコンパネ30枚と材木を用いて倉庫を作りました。スペースとしては2トン車位のスペースにコンパネで部屋を作り棚を着け完成です。

倉庫を作り始めまもなくした年末29日に母が亡くなりました。
フランソワーズさん一家が日本から飛び立った18日に入院しまし た。風邪だったそうですが肺炎を併発29日午後8時過ぎに亡くなりました。酸素吸入をしていて危篤状態でしたが正かの出来事でした。殆ど日本に居なかった私ですが最期の親孝行が出来て有難い事だとしみじみ感じました。享年87歳でした。年の瀬の葬儀で身内のみで行いました。

倉庫が完成したのは正月4日でした。母の部屋に預けていた作品と額縁を納めるとそれだけで半分は埋まりました。長野、東京、滋賀、高松に預けて居る作品は次回の帰国時に回収したいと思って居ます。
弟と二人で手作りの倉庫です。ドアを付け鍵を掛けたときはホッとしました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二・旅行記写真101227
新春のお慶び申し上げます。
本年はうさぎ年、私も気が付けば還暦、年男となりました。
ヨーロッパ放浪の旅も5年目を迎えます。
昨年フランス、ロワール地方の世界遺産群シャトーボガールで個展を開催して頂いたご縁でシャトーのゲストルームを用意して頂き作品制作を依頼されました。
今年は車上生活から一転、世界遺産群のシャトー住まいとなります。車上生活も十近くと為りましたがその厳しい生活から卒業となります。雪の中で立ち往生して朝を迎えたり体調を崩し入院、手術と為ったり本当に厳しい生活でした。
今年はシャトーボガールから四季の木々や草花の香りを描きながらロワール地方のお便りを送りたいと思って居ます。

↑このページのトップヘ