水彩画家・長尾周二オフィシャルブログ(SHUJI NAGAO official blog)

日本国内のみならずフランスなど欧州中心に活動する水彩画を描く画家・長尾周二のリアルタイムの活動日記。現在は一般社団法人アートシップインターナショナルの理事長として日仏を中心に活動を続けています。

当サイトのタイトルや画像や文言は無断での転用・転載を固く禁じます。
水彩画家・長尾周二渓流画像
長尾周二は一般社団法人・アートシップインターナショナル理事長、ARTEC(欧州造形美術振興協会)会員として、日本のみならずフランスなど欧州においても活動を続けている国際作家です。
 
展覧会情報
・2020年4月29日~5月10日(終了)
日仏文化交流展Part1「アートの散歩道・パリー群馬安中」
【後援:外務省、安中市】


・2020年6月23日~28日(終了)
日仏文化交流展Part2「人から人へつなぐ2020コロナを超えて・パリー瀬戸内」:愛媛県美術館
【後援:外務省、愛媛県、松山市、NHK松山拠点放送局、南海放送、テレビ愛媛、愛媛新聞、FM愛媛、愛媛日仏文化交流会】

・2020年6月20日~30日(終了)(同時開催)
長尾周二&フランソワーズ・イカール二人出会い展
愛媛県砥部町ミュゼ里山房
愛媛の展覧会の詳細はこちらをご覧ください。


当サイトは画家・長尾周二氏の投稿をほぼそのまま掲載しております。
※掲載においては長尾氏本人の責任において現行の国内外の法令や社会規範等を遵守するように努めておりますが、お気付きの点等がございましたら直接長尾氏にお問合せをお願い致します。適宜対応いたします。
※メールアドレス(下記はリンクではありませんので入力ください)
shuj-nagao-go-12@docomo.ne.jp

(サイト管理者より)

パリと三河の風

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二18020711
展覧会には連日大勢のギャラリーがいらっしゃって居ます。木曜日には160人以上来場者が有りました。安城市では初めて内容の有る展覧会を拝見させて頂きましたと仰るかたが多数くらっしゃいました。
水彩画家・長尾周二18020710
日本画や書道、油絵、オブジェ、デッサンとバラエティに富んだ内容と作家のレベルが高い事で共感して頂いて居る様です。オランダ人アーティストやフランス人アーティストとの共演も興味深く御覧頂いて居ます。
水彩画家・長尾周二1802101
ミッシェルさんと伊勢神宮参拝して来ました。次の日は奈良法隆寺、東大寺、春日大社と巡りました。日本食を始め日々違う食事をご一緒して居ます。法隆寺ではカレーうどんを食したりでミッシェルさんも楽しんで居ます。
水彩画家・長尾周二1802102
私が青年時代にパリでの個展をお世話した橋本明治の塾頭だった岡田守巨さんが手掛けた法隆寺金堂修復壁画に再会、日本文化の翠を鑑賞して来ました。

ブログネタ
長尾周二のヨーロッパ放浪記 に参加中!
水彩画家・長尾周二1802071
オープニングパーティーには30人以上の参加者が集う盛会の内に始まりました。

安城市の市長代理の方、西尾市議会議員、安城市国際交流協会、安城市文化協会、安城市ロータリークラブ会員など
多数の地元の関係者様の方々にご出席いただきました。
祝電も重徳衆議院議員、三宅参議院議員、愛知県知事、安城市市長から頂戴しました。
ご多忙の中、皆様のご好意を賜り、御礼申し上げるしだいです。

東京からも荒井さん岩崎さんが駆けつけて頂きました。パーティーで忙しくしていてパーティー風景を撮る事を忘れてしまいました。残念!余興に日本舞踊を舞って頂きました。
安城市で国際交流展が開催されたのは大変意義があると思っています。
こうした文化国際交流が根付く事を希望します。

AR T C会長のフランソワーズ イカールさんと電話した際、
「昨年フランスからの帰国間際に立ち寄った、サンテニオン近くのチャペルがある町の市長から展覧会依頼が有ったのですが、それが決まった」と連絡がありました。

又、昨年5月の連休にトゥールのヤマト展に出展しましたが同様に依頼がありました。
今までの活動の成果だと喜んでいます。
フランスの活動、今年も相変わらず忙しく為りそうです。

下の写真は展覧会場の様子と展示作品の数々です。
水彩画家・長尾周二1802072
水彩画家・長尾周二1802073
水彩画家・長尾周二1802074
水彩画家・長尾周二1802075
水彩画家・長尾周二1802076
水彩画家・長尾周二1802077
水彩画家・長尾周二1802078
水彩画家・長尾周二1802079

↑このページのトップヘ